スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月に入りました。今月はフェアトレード月間です。 

5月に入りました。今月はフェアトレード月間です。「買い物を通して支え合う仕組み」、そんなワインだったら良いなあと思い、1999年から販売し始め、毎年この時期にはより力を入れて販売しております。美味しく飲みながら他人(ひと)のハッピーにも貢献できるワインです。本当に美味しいので、飲んだことが無い人は是非お試し下さい。

●日本全国の販売店:
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-1115.html

●対象ワイン:
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-1114.html

スポンサーサイト

来月は「フェアトレード月間」です。 

4月になりました。大阪は昨日も今日も暖かくて、ようやく春らしくなってきました。来週末には桜も随分咲いているかと思います。

今年は春と言っても、震災があった為に、どうしても手放しで喜べないみたいな雰囲気がありますが、と言っても沈んでばかりはおられません。良いニュースは自分達で作って発信していかないと好転しません。ということで皆さん、それぞれに今月も頑張っていきましょう。

来月5月は「フェアトレード月間」です。また、5月の第2土曜日(今年は5/14)が「世界フェアトレード・デー」でもあります。5月は世界各地で様々な関連イベントが行われます。この時期は、フェアトレードのこと、発展途上国のこと、お互いに助け合うことなど、少しでも考える時でもあります。私も今月から来月にかけては出来るだけ多くの情報を集めたり発信したりしていきたいと思います。

今月から弊社のフェアトレードワインや社聞貢献型のワインもアピールしていきます。販売店、お勧め店、イベントなど、どんどん紹介していきます。

私ごと①:先月足をくじきまして、まだ松葉杖をついていますが、会社にも行ってます。お得意先様からもお見舞いのメールやお電話を頂きましてありがとうございました。ご心配おかけしてすみません。完治するまでもう少しかかると思いますが、早く元気に走り回れるようにしたいと思います。

私ごと②:今回の地震でツイッターの役割を感じ、先月から始めました。確かにブログより簡単でシンプルで早いので便利だなと思い、それなりに楽しんでおります。こちらの方でも情報発信していきます。

●三宅のツイッター:http://twitter.com/#!/miyakeafrica

ということで、少しでも春を満喫しましょう。

【参考】マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ(ダイヤモンドオンライン) 

最近は、これまでに経験したことがないくらい物が売れない、お金を使わない時代になっています。かなり深刻です。

本当にどうしたら良いのか?

解決策が見当たらない?

そんな気がします。

でも、 「売れない=(品質・価格・サービスにおいて)消費者が欲しい商品じゃない」ということを販売者は真摯に受け止めなければなりません。

売れないということは、お客さんを満足させていないんですね。

「売りたいなら、なぜ売りたいのか?その理由をはっきり消費者に伝えなければならない。」

消費者だって、その理由がハッキリすれば、買ってくれる人も現れよう。

「売る前に伝える仕事」を販売者はもっとしなければならない。本当にその商品に惚れこんでいるなら、消費者に一生懸命伝えよう。それほど惚れこんでいない商品なら仕入れるのは止めよう。

もう一度原点に帰って、「惚れこんで消費者に伝えたい(売りたい)商品」、「そうでもないけど何となく買った商品」を見極め、棚卸(たなおろし)をしてみよう。

下記はネットで見つけたので紹介しておきます。ご参考に。

最近は、「社会貢献」できる商品を買いたいという消費者が増えているという「消費行動の変化」に関する記事です。販売者は消費者の心理・行動に敏感でなければなりません。消費者も「普通の商品じゃ満足しない。」「どうせなら社会に役立つ物にお金を払おう」という時代に入ってきているようです。

「マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ」
(ダイヤモンドオンライン)

http://diamond.jp/series/social_consumer/10001/

全国のフェアトレードワイン販売店(2009年5月末現在) 

5月はフェアトレード月間ということで、2009年5月末現在の全国のフェアトレードワイン販売店(敬称略)を以下に紹介します。在庫状況、ヴィンテージ、価格などは各お店でご確認ください。

お陰様でフェアトレードワインもどんどん広がっています。本当にありがとうございます。今後もフェアトレードワイン販売店の仲間がもっともっと増えたら良いですね。益々頑張っていきます。

フェアトレードワインは、(情に訴えて)「フェアトレード商品だから買って!」ではなく、「味でも価格でも勝負できる商品として」、「このワイン美味しかったー!気付いたらフェアトレード商品だった。」くらいの気持ちでこれからも展開していきたいと思います。

私自身も全てのお店を把握しておりません。実際には販売店はたぶん200店舗以上あると思います。
ここに掲載されていないお店がございましたら情報頂ければ有難いです。随時更新していきます。

<フェアトレード(認証付き)ワイン>

・タンディ・シリーズ
・ステラー・オーガニックス・シリーズ
・ムーンライト・オーガニックス・シリーズ

<販売店>
以下のお店は上記商品のいずれかを販売しているお店です。

■岩本商店 小売店 東京都 世田谷区南烏山6-8-7
03-3300-5015 http://park10.wakwak.com/~kouzou/

■ふろむあーすカフェ・オハナ 飲食店 東京都 世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
03- 5433-8787 http://www.cafe-ohana.com/index.html

■港屋 小売店 東京都 世田谷区若林5-6-11
03-3413-3718 http://www.minato-ya.net/shop/index.php

■玉井 小売店 東京都 世田谷区成城2-35-11
03-3417-3335

■昆ぶ家(こぶや) 飲食店 東京都 新宿区新宿3-6-13 石井ビル2F
03-3341-4528 http://www.kobu-ya.com/index.html

■トライブス 飲食店 東京都 新宿区若宮町10-7
03-3235-9966 http://www.tribes.jp/index.php

■Cafe&Meal MUJI 新宿 飲食店 東京都 新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリー B1
03-5367-2726 http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13053848/

■柴田屋酒店 小売店 東京都 中野区中央5-3-11
03-3382-3689 http://www.shibataya.co.jp/

■JICA東京 飲食店 東京都 渋谷区西原2-49-5
03-3485-7051 http://www.jica.go.jp/tokyo/index.html

■大星岡村 卸 東京都 中央区新川1-7-8
03-3551-3111 http://www.oboshi.co.jp/

■日本酒類販売㈱ 卸 東京都 中央区八重洲二丁目2番1号
03-3273-1764 http://www.nishuhan.co.jp/

■テーブルマウンテン 卸・小売店 東京都 港区麻布十番4丁目3-1 ツイン一橋 No1 1087号室
03-6809-6091 http://www.tablemountain.co.jp/index.html

■麻布十八番 飲食店 東京都 港区麻布十番2-7-5イプセ麻布十番1F
03-5443-5757 http://18ban.stage007.com/

■らでぃっしゅぼーや 小売店 東京都 港区芝公園3丁目1番13号 アーバン芝公園
03-5777-8640 http://www.radishbo-ya.co.jp/

■テレビショッピング研究所 小売店 東京都 大田区西蒲田7丁目25番7号
0120-840-055 http://mono.tv/fairtrade/lineup/index.html

■㈱せきや 小売店 東京都 東京都国立市中1丁目9番地の30
042-576-3111 http://www.sekiya.co.jp/

■カフェ・スロー 飲食店 東京都 国分寺市東元町2-20-10
042-401-8505 http://www.cafeslow.com/

■谷塚屋 小売店 埼玉県 越谷市蒲生西町2-1-29
048-986-3256 http://store.shopping.yahoo.co.jp/yatsukaya/index.html

■クイーンズ伊勢丹 小売店 首都圏 21店舗
03-5368-1200 http://www.queens.jp/pc.html

■イースタン・エージェンシー 小売店 神奈川県 横浜市港南区日限山3-35-13
045-845-9725 http://www.rakuten.co.jp/e-stan/

■JICA横浜 飲食店 神奈川県 横浜市中区新港2-3-1
045-663-3251 http://www.jica.go.jp/yokohama/

■カヤギヤヨシダ 小売店 神奈川県 神奈川区西神奈川3-153-26
045-401-5981

■ワインバー・アッシュ 飲食店 神奈川県 鎌倉市御成町14-1
0467-60-1434 http://gourmet.yahoo.co.jp/0001457117/

■焼き肉 みやび 飲食店 神奈川県 平塚市明石町14-22
0463-25-2929 http://www.yakiniku-miyabi.jp/

■サウスウインド 小売店 静岡県 浜松市中区板屋町622
053-456-3151 http://www.southwind-tahara.jp/index.php

■ワインブティック・ヴァンヴァン 小売店 長野県 飯田市松尾明7426-8
0265-56-2220 http://www.rakuten.co.jp/vin2/

■リカーハウスのもと 小売店 長野県 長野市松代町松代550
026-278-2057 http://shop.asama-de.com/b/nomoto/

■SlowCAFE ずくなし  飲食店 長野県 長野市大字鶴賀上千歳1137-2コスモスパイラルビル1,2F
026-214-0021  http://shop.asama-de.com/b/zukunashi

■泉屋 小売店 愛知県 名古屋市緑区鳴海町作町27-2
052-621-0080 http://www.envelo.co.jp/

■JICA中部 飲食店 愛知県 名古屋市中村区平池町4丁目60-7 
052-533-0220 http://www.jica.go.jp/chubu/

■江崎本店 小売店 愛知県 名古屋市中川区二女子町3-15
052-363-4171 http://www.esakihonten.co.jp/

■三越名古屋栄店 小売店 愛知県 名古屋市中区栄3-5-1   
052-252-1111 http://nagoya.mitsukoshi.co.jp/

■水谷酒店 小売店 岐阜県 海津市海津町馬目西方363-1
0584-53-1105 http://homepage3.nifty.com/mizutanisaketen/index.html

■リカーハウス小林 小売店 富山県 富山市西長江4-7-41
076-423-1956

■菜花(なのはな) 小売店 京都府 左京区田中関田町22-75
075-711-8264

■サノヤ酒店 小売店 大阪府 枚方市星ヶ丘3-20-1
0120-46-4135 http://www.happywine.com/

■リカーランドドリーム 小売店 大阪府 寝屋川市寝屋791-1
072-825-3960

■キッチンスタジアム茶屋町 飲食店 大阪府 大阪市北区芝田1-15-21
06-6374-4137 http://r.gnavi.co.jp/k027732/

■スペイン居酒屋ルース Luz 飲食店 大阪府 〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町4-15
06-6361-3989 http://r.gnavi.co.jp/k027714/

■IZAppy(イザッピイ) 飲食店 大阪府 大阪市西区新町1-3-20
06-6538-1313

■岡田酒店 小売店 大阪府 大阪市旭区新森2-17-11
06-6951-5282 http://www.wine-wine.net/index.html

■夢市場 小売店 大阪府 大阪市城東区放出西3-1-3
06-6965-6001 http://padonavi.padotown.net/detail/pages/1901/00112020000.html

■金駒屋 奥酒店 小売店 大阪府 大阪市天王寺区国分町7-4
06-6771-9310 http://www.kinkomaya.com/index.html

■市村酒店 小売店 大阪府 東大阪市御厨栄町2-13-31
06-6781-0609 http://www.ichimura-saketen.jp/

■いちじく 飲食店 大阪府 八尾市志紀町南3-115
072-945-6000 http://www.souraku-ichijiku.com/index.html

■ふじい酒店 小売店 大阪府 柏原市上市2-1-8
072-971-2822 http://fujiisaketen.ocnk.net/

■バー・ラ・ヴァン なかもず レーベル 飲食店 大阪府 堺市北区中百舌鳥町2丁71イルグランディ1階
072-255-8316 http://www.manmendo.com/

■小松屋 小売店 大阪府 松原市天美我堂2-326
072-331-0149 http://www.komatsuya-net.co.jp/

■トムギャルソン 小売店 大阪府 和泉市府中町3-15-14
0725-45-0424 http://eonet.jp/gourmet/data/3017486_1391.html

■いこま酒店 小売店 兵庫県 尼崎市立花町1-19-1
06-6429-6210 http://blog.livedoor.jp/huwahuwaomuretu/

■なかがわ 飲食店 兵庫県 尼崎市潮江1-20-21
06-6498-5039 http://amagasaki.mypl.net/shop/00000300454/

■越山酒販 小売店 兵庫県 尼崎市久々知西町1丁目1番1号
06-6422-1101 http://www.koshiyama.co.jp/

■十一屋(といちや) 小売店 兵庫県 西宮市甲子園口2-2-15
0798-67-1110

■フー・ド・ヴァン 小売店 兵庫県 芦屋市大桝町7-13セレーノ芦屋1階
0797-21-4060 http://www.ashiya-people.com/shops/FoUDEViN/index.html

■ワインガーデン・リブゴーシュ 小売店 兵庫県 芦屋市公光町4-18
0797-21-5156 http://www.hint.ne.jp/afha/hp/index.php?id=30

■阪急オアシス 小売店 関西 40店舗
06-6845-7504 http://www.hanshoku.co.jp/index.html

■阪急ニッショーストア 小売店 関西 4店舗
06-6845-7504 http://www.hanshoku.co.jp/index.html

■阪急ファミリーストア 小売店 関西 15店舗
06-6845-7504 http://www.hanshoku.co.jp/index.html

■バッカス 小売店 岡山県 7店舗
0868-28-8882 http://www.bacchus-megami.co.jp/

■バッカス 小売店 鳥取県 4店舗
0868-28-8882 http://www.bacchus-megami.co.jp/

■マルイ車尾店(くずもてん) 小売店 鳥取県 米子市車尾3丁目6-1
0859-37-3558 http://www.maruilife.co.jp/

■とくなが 小売店 福岡県 福岡市南区井尻4-5-6
092-581-1190 http://members2.jcom.home.ne.jp/libe/

■江口商店 小売店 長崎県 大村市東三城町8-21
0957-52-3757 http://www.rakuten.co.jp/e-vin/index.html

■南島酒販 卸 沖縄県 中頭郡西原町兼久277
098-882-9393 http://www.nanto-shuhan.com/index.html

フェアトレード月間終了:ありがとうございました。 

 本日のいこま酒店さん(兵庫県尼崎市)のワイン試飲会、いつものように大変盛況にて終了しました。ご来店下さいました皆様ありがとうございました。私自身も楽しい時間でした。やはり試飲会はいつも盛り上がって楽しいですね。

 さて、今月は「フェアトレード月間」ということで、いつも以上にフェアトレードの記事を書いたり、イベントをしたり、フェアトレードワインの販売に力を入れたりしました。ご協力下さいました皆様、関係者方々ありがとうございました。5月31日付けの記事に私の分かる範囲で弊社の南アフリカ・フェアトレードワイン販売店を登録させて頂きました。是非、皆さん、お近くのお店で「フェアトレード・ワイン」をお尋ねください。

 お陰さまで例年以上にステラー、ムーンライト、タンディなどのワインも販売することが出来ました。弊社はこれからも5月が終わってもフェアトレードワインの販売に力を入れていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 フェアトレードのワインは、「応援だけでなく、味、品質、そして価格でも勝負していきます。」
皆さん、是非、弊社のフェアトレードワインを飲んでみてください。きっとその品質とリーズナブルな価格を御理解頂けるものと思います。「応援のために買うのでははく、美味しいから買う」になってこそ本物です。これからも頑張っていきます。


 最後に、私も時々このサイトのメールマガジンを読んでいますので紹介しておきます。フェアトレードに関心のある方はクリックしてみてください。http://fwinds.jp/

フェアトレードにおける「伝え方」 

 最近フェアトレード(発展途上国の経済的に貧しい人々が作った物を継続的に購入することを通して彼らの経済的な自立を応援することを目的とする貿易)への関心が高まって来ています。時々私の所にも「どうすればフェアトレードは成功するのですか?」とか、「フェアトレードに関心があるが、どのような勉強をすれば良いですか?」というようなメールが届きます。

 本当の正解は常に探し続けるしかないのかもしれませんが、今回は「伝え方」について書いてみます。
 アジアやアフリカの貧しい人達の悲しい顔を流す映像やポスターで、「このような悲惨な状況の子供達を助けてあげて下さい!」という情に訴える方法がよくあります。このような状況も事実ですし、その現実を隠したり目をつむったりする必要はありません。
 ただ、このような伝え方では、「アフリカって貧しい、悲惨、かわいそう」という「マイナスのイメージ」ばかりが頭に残ります。そしてそれが偏見にもなります。偏見ができると物事を客観的に見たり考えたりすることも出来なくなります。結果として「与えるだけの援助」になったり、「(助けてあげるという)上からの目線」で相手を見てしまうことになることもあります。そのような目線で現地のプロジェクトをすると「こっち(日本側)がこれだけやってるのに現地の連中は反応がない!」というふうになってしまうこともあります。

 それよりも、むしろ「その国や地域の美しい風景や、素晴らしい特産物、貧しくてもそこで一所懸命働く人達の映像」を伝えることの方がもっと良い。これらは「プラスイメージ」を形成し、その国や地域への関心も高まります。そうすれば、中には積極的に関わろうとしたり、現地を訪れたいなど、ポジティブな考えや行動につながっていく。結果として、楽しいこと、ハッピーなことだからどんどん自然に広がります。

 どの個人、民族、地域、国にも得意・不得意、素晴らしい点も問題点もある。経済的な物差しで見れば、アメリカや日本が優位でしょう。しかし、サッカーならブラジル。陸上短距離ならジャマイカ。中長距離なら東アフリカ勢など、別の視点や角度で観れば必ず何処にでも誰にでも世界で通用するような長所があるはずです。勉強で留学するなら欧米かもしれないが、サッカーならブラジルに留学する人もいる。個人でも計算が得意な人もいれば、運動が得意な人、絵が上手な人もいる。
 世界を見渡せば、とても美しい色彩と模様の伝統的な織物を作っている民族も各地にいる。その手先の器用さには感心するが、その多くは女性達が支えている。それらをどのように伝え、どのようにアピールしていくかです。例えば、南アフリカのプラスイメージとマイナスイメージを挙げてみると、

<プラスイメージ>
・世界でも最も花や植物が多い地域の1つ。
・陸上の野生動物が最も多い国の1つ。
・世界で最も鉱物資源の多い国の1つ。
・世界で通用する素晴らしいワインがある。
・ラグビーなら1995年、2007年のワールドカップで優勝した。
・世界中の人達を魅了するミュージカル(音楽)がある。
・様々な民族の様々な文化がある。

<マイナスイメージ>
・世界で最も犯罪率の高い国の1つ。
・世界で最も経済的格差が大きい国の1つ。
・世界で最もHIV感染者の多い国の1つ。
・かつては差別的なアパルトヘイトがあった。

などがすぐに思い浮かんできます。

 世界一とまで行かなくても、世界で通用する(世界で戦える)レベルの物であれば、そしてその得意分野で戦えば、きっとチャンスはあります。その得意分野を見つけ出し、伝え、育て、プロデュースしていけば、きっとフェアトレードも広がり、多くの人に受け入れてもらえると思います。

 私は、たまたま偶然にも南アフリカのワインと出会う事が出来ました。それを作る素晴らしい人々とも出会えました。「こんな素晴らしいワインや人々を熱心に伝えている日本の会社は1つも無いのでは?」、「ワインならフェアトレードを明るく楽しく伝えることが出来るかもしれない。」と思い、ワイン専門家でもなかったですが、この業界に後発で参入しました。最初は大変苦労しましたが、御陰様で来年で10年を迎えます。多くの御支援も頂き、少しずつですが確実に広がっています。「伝え方」は本当に大事だと思います。フェアトレードが少しでも広まれば、そしていつかこのようなことをしなくても済むようになればと願っております。


 来週13日(土)に浜松で「フェアトレードワインのイベント」を行ないます。興味のある方は下記を御覧下さい。皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております。
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-746.html

スーザン
タンディ・プロジェクトのCEOのスーザン(タンディ・プロジェクトはフェアトレードワインとして成功し、マンデラ賞も受賞しました。)

フェアトレード・ビジネスの課題 

 最近、益々フェアトレード(発展途上国の貧しい人達の経済的自立を応援する為に、彼らの商品を継続的に購入し応援し続けるビジネス)が注目されて来ている。フェアトレード商品の市場(マーケット)もどんどん大きくなっている。その結果、日本で流通するフェアトレード商品の種類も随分増え、それらの商品を扱うお店も増えた。「同じ買うなら、少しでも途上国の発展につながる商品を購入したい。」という消費者も増えている。そして、フェアトレードや社会起業家(ビジネスを通して様々な社会問題を解決する事業家)に興味を持つ人も随分増えた。

 しかし、これまでも書いてきたが、実際はフェアトレードで成功していくことは決して簡単なことではない。経済的に貧しい人々は、一般的に知識も技術も経験も乏しい。従って、商品の品質に問題があることが多い。「日本に届いた箱を開けてみたら違う商品だったり、がっかりするような仕上がりだった。」ということは日常茶飯事だ。このような多発するアクシデントに屈していたらフェアトレードなんてできない。とにかく根気強く付き合っていくしかない。一方、日本の消費者の目は世界一厳しい。ほんの少しのことでも返品の目に会う。このギャップを埋めていく作業は途方も無く長い道のりでもある。

 私も学生時代からフェアトレードに興味を持ち、色々なフェアトレード商品に触れ、生産者とも会って来た。結論的には、やはりフェアトレードで成功する為の一つの要素は「トップ・クオリティ(最高品質)」であること。「フェアトレードだから。貧しい人を助ける為に。」ではなく、「デザインが良いから。美味しいから。品質が良いから。」と商品力で他の商品に勝てなくてはならない。

 更にこれまでフェアトレード商品を扱うNPOや会社は、「フェアトレードに関心のある人」をターゲットとして商品を販売してきた。確かにそれも良いが、余りにもマーケット(市場)が小さすぎる。むしろ、フェアトレードなんて知っていようと、知らなくても、「この商品の品質の良さで購入した。」という人を増やさなくてはならない。その方がもっと市場が大きいし、彼らにこそフェアトレードを知ってもらい、自然に使って(消費して)もらうことが大切だ。

 フェアトレードを実践するNPOも会社もどんどん大手企業や一流企業に営業に行って、彼らの目にもかなうぐらいの商品を提案・提供しなくてはならない。そうするともっと市場も大きくなり、フェアトレードも成功するであろう。

 そしてもう一つ。NPOや社会起業で働いても、一般的なサラリーマンの平均年収と同じくらいの給料を払ってあげることだ。一般的にこのようなビジネスで働く人達の志は非常に高いが、給料面ではまだまだ十分とは言えない。もちろん、ビジネスが伸び無ければいくら給料をあげたくても無い袖は振れない。結局志があっても、家族も養えないようでは余程の強靭な心の持ち主でない限り生涯の仕事としては選びにくい。例えば、普通の人がサラリーマンになって、結婚して、子供を持って、家(マンション)や車を買うように、フェアトレードや社会起業で働く人達も同じようにできるくらいの(人並みの生活ができるくらいの)収入が必要だ。仕事を選ぶ時に、「フェアトレードや社会起業も他の一般企業や公務員と同じように普通に自然に選択肢に入る」時代にならなければならない。

まだまだ課題は多いが、全ては一歩ずつ。
「諦めなければ失敗はない。」
自分自身も含めて、フェアトレードや社会起業家を志す人が成功しなければ、広がって行かないし、次を継ぐ人も出てこない。フェアトレードを実践する人も、これからやってみたいという人も一つずつ頑張って行きましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。