スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカを理解するためのおすすめ映画/DVD 

もう少しで南アフリカツアーですが、参加する人も行けない人も南アフリカを理解するのに勧めたい良い映画がありますので、下記の作品は是非一つでも多く観てもらいたい。南アフリカに行く人には出発までに最低一つは見て欲しい。早速DVDでも借りて下さい。是非是非是非。

●インビクタス:マンデラ元大統領と南アフリカ・ラグビー代表のキャプテンが交わした約束。そして、これまで対立していた白人と黒人がラブビーワールドカップの大会中にどんどん距離が縮まり共に応援する姿に、南アフリカを知る人は涙する。南アフリカを知らない人にも、この国の過去を理解する為のに役に立つ映画ですね。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15686/index.html

●ツォツィ:現在の南アフリカの黒人居住区の様子を知るには最適。映画でありながら、まるでドキュメンタリーのような南アフリカの弱い立場に生きる不良少年達のリアルな生活=南アフリカの現実を理解するのに役立つ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id326859/

●アマンドラ!希望の歌:武器のない黒人達は人種差別政策の抵抗として歌を武器とした。歌い歌い歌い続けることで革命を勝利に導いた。結果として、歌はどんな武器より強かった。世界中にまだある紛争や差別、これらの解決のヒントになるかもしれないドキュメンタリー。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD5343/index.html

●マンデラの名もなき看守:偉大なマンデラに差別主義者だった白人の心も変わっていくストーリー。南アフリカはステレオタイプに「白人対黒人の対立」のように見られるが、白人の中に人種差別政策に対して矛盾を感じていた人や勇気を持って抵抗した人達もいた。彼らも人として悩んでいた。そんな白人の苦悩を知ることができる。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD12468/index.html

その他、もう少し古くなりますが、有名な作品で下記もあります。

●遠い夜明け:
http://movie.goo.ne.jp/movies/p6320/story.html

●ワールドアパート:
http://movie.goo.ne.jp/movies/p11917/index.html

スポンサーサイト

南アフリカ情報(メディア):関西再度STORY(毎日新聞NET)  

土曜日はオランダ戦ですね。
皆で応援しましょう。


下記に南アフリカのこと、5月31日の南ア大使館主催のワイン試飲会のことなどが掲載されています。

関西再度STORY(毎日新聞NET)
毎日新聞担当:城島さん

<その20> 南アフリカに祝福を
http://mainichi.jp/tanokore/column/jojima/003723.html

参考:
<その17>FMで南アフリカを語る
http://mainichi.jp/tanokore/column/jojima/003680.html

■■ワールドカップ開幕しましたね!■■ 

ワールドカップ開会式
出典:http://www.vancouversun.com/Photos+FIFA+World+Opening+Ceremony+South+Africa/3141752/story.html

ワールドカップ、ついに開幕しましたね。
オープニングの南アフリカは、惜しくもドロー。昨日の韓国はさすがでしたね。日本もあんな勝ち方したらスカッーーとするんですが。

昨日は、「おとーちゃん、ワールドカップのマークが入った(公式)ボール(ジャブラニ:南アフリカの言葉で「祝杯」)買ってーー!」と息子にお願いされ、「まあ、記念に良いか」と思って、スポーツショップに行くと、「中村俊輔のユニホームを来て日本応援したいねん!」と、追加要求に迫られ、普段あまり彼とも遊べていない後ろめたさも手伝って、ボール、ユニホーム、パンツ、全て買ってしまいました。本当は「お父さんも欲しい!(本田選手のユニホームが)」。まあ、可愛い息子と4年に1回のお祭りなんで、たまには親バカもせんと、ということで息子の嬉しそうな顔を見ながら帰りました。

さて、ワールドカップのオープニングセレモニーは観られましたか?アフリカの歌と踊り、そして虹の国にふさわしい色とりどりのカラフルな演出は南アフリカらしい感じが出てて楽しかったです。開幕のセレモニーで糞ころがしなんか出てくる所なんかもアフリカっぽくて面白かったです。他の国ではありえないキャラクターですよね。

開会式を見ながら「21世紀、これからはアフリカの世紀ですよ!」っというアピールが出来たのではないかと思います。私は、この大会をずっと前から楽しみに待っていましたから、本当に感動です。現地に行って同じ雰囲気を味わいたかったですね。とにかく最後まで素晴らしい試合と数多くの感動シーンを期待しています。そしてこの大会が成功し、その後のアフリカ大陸の発展に繋がっていくことを願っております。

アフリカ大陸初の今回のワールドカップがいつまでも思い出になるようにセレモニーやオフィシャルソングなど記録しておきます。

今回公式ソングを歌うコロンビアの人気歌手シャキーラは、南アフリカの人気グループ「フレッシュリー・グラウンド:Freshly Ground」とコラボしています(シャキーラの力強い声ではなく、途中から細くて高い女性の声が入りますが、それです)。フレッシュリー・グラウンドは、白人黒人男性女性の混じったグループで、南アのレインボー・ネイションを象徴するようなアーティストです。2005年の愛知万博の開会式でも来日してパフォーマンスしました。私もこのグループが好きです。

●開会式①:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/1/nUOi7VnVBPo

●開会式②:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/2/3V8z6iUpSks

●開会式③:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/3/hoozUpHPRoM

●開会式④:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/4/Y0DB53W97mg

●開会式⑤:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/5/UMkDoAx-_iA

●開会式⑥:
http://www.youtube.com/profile?user=MrSimpletim&annotation_id=annotation_488644&feature=iv#p/u/6/m3qpy8h1Ubs

●開会式:ダイジェスト①
http://www.youtube.com/watch?v=hxV2OVdidYM

●開会式:ダイジェスト②
http://www.youtube.com/watch?v=RYweGmFRP14

●開会式:ダイジェスト③
http://www.youtube.com/watch?v=VNJ5rV7xm1Y&feature=related

●開会式:Eröffnungsfeier "Helele"
http://www.youtube.com/watch?v=5S_mDdSqzpo

●開会式:R Kelly - Sign of Victory
http://www.youtube.com/watch?v=T4k46ZTmBQo

●開会式:Shakira - Waka Waka(This Time For Africa)他
http://www.youtube.com/watch?v=JJ2tHhW4tcA

●開会式ニュース報道:
http://www.youtube.com/watch?v=hW8tDj9BcLo

●開会式:写真集
http://www.vancouversun.com/Photos+FIFA+World+Opening+Ceremony+South+Africa/3141752/story.html

●出場32カ国の国旗。歌:ケイナーン「Wavin Flag」
http://www.youtube.com/watch?v=uYNVdVhW4iA&feature=related

●ケイナーン:プロモーションビデオ「Wavin Flag」
http://www.youtube.com/watch?v=8__lUfx7zdo&feature=related

●ワールドカップの名シーン:歌:シャキーラ「WAKA WAKA」(This Time For Africa)
http://entertainment.gather.com/viewArticle.action?articleId=281474978289647

●野生動物達のサッカー&ディスキーダンス:歌:シャキーラ「WAKA WAKA」
http://www.youtube.com/watch?v=HEXOSDcT3H0&feature=related

●歌:シャキーラ「WAKA WAKA」(スペイン語歌詞付き)
http://www.youtube.com/watch?v=7IGNI0fAorE&feature=related

●フレッシュリー・グラウンド:公式サイト
http://www.freshlyground.com/#/the%20band/

■■いよいよワールドカップ開幕!■■ 

さあ、ついにやってきた6月11日。
いよいよ開幕ですね。
今日から始まる4年に一度の祭典。
1ヶ月におよぶ戦いの始まりです。
私も興奮してます!


開幕には、あのマンデラ元大統領(91歳)も出席されるとのこと。
最近は、足腰も弱って公の場にでる機会も減っています。
貴重な彼の姿を世界中の人は見ておくべきでしょう。

くしくも6月11日は、マンデラ氏が46年前にアパルトヘイト反対運動をしている最中に国家反逆罪で有罪判決を受けた日。終身刑となった彼は27年間の獄中生活を経て94年に新生南アフリカの大統領に、そして引退後は、ワールドカップ誘致に尽力した。その彼が、今日の開幕に現れます(参照:読売新聞2010年6月10日夕刊)。みんな観てください。

そして、南アフリカはサッカーだけではない。多彩な民族が集まっている国。今日の開幕のセレモニーでもきっと南アフリカの民族音楽の演奏など、南アフリカらしい演出が観られることだろう。エンターテイメントの企画が楽しい南アフリカでのワールドカップ開幕。皆さん、是非開幕のセレモニーも楽しみにしてください。


今週も忙しくて、事前にお知らせ出来なかったのですが、昨日の夜10時から「NHKジャーナル」(NHKラジオ第一)で南アフリカ特集があり、私も南アフリカという国やワインの魅力についてコメントさせて頂きました。

今日はテレビ朝日の「スーパーモーニング」(8:00-9:55)で南アフリカの特集があるそうです。昨日の夕方に電話があり、南アフリカワインのことについて聞かれました。きっと私の名前とかは出ないと思いますが、お時間ございます方はご覧ください。

また、朝日新聞夕刊の「人脈記」では、昨日から南アフリカ特集が始まりました。私も取材を受けましたし、記者の方は南アフリカにも実際に行って取材されました。おなじみの人気ワイナリーなども訪問され、記事も登場する予定です。いつ頃掲載されるか?分かりませんが、11日、14日、15日の朝日新聞夕刊は要チェックしてください。きっと私や現地ワイナリーのことが出ていると思います。


先週から今週にかけて、多くのマスコミの方から取材を受けました。また、多くのメディアでも南アフリカのことが報道されています。しかし、とおり一辺倒な「殺人は毎日50人!」とか、治安の悪いこと、犯罪大国など、視聴者を刺激するような「悪いイメージ」を煽る(あおる)ような報道も多く見受けられます。

確かにヨハネスブルクなどの大都市のダウンタウンや、都市部周辺の黒人居住区では、毎日のように犯罪が起こっているのは事実です。しかし、他社が既に報道していることを同じように報道し、何のオリジナル性もない、ただただ視聴者を刺激しているだけの低レベルの企画は、「南アフリカの発展を願っている者」として誠に残念ですし、報道という影響力のある、大きな責任のある立場なのですから、もう少し考えて欲しいと強く感じました。

南アフリカには、差別もエイズも犯罪も貧困もあります。しかし、それ以上に人や自然に魅力がある国です。あのアパルトヘイト(人種隔離政策)を乗り越えて、新しい国を作っていこうという前向きに努力をしている人達が沢山います。これまでの差別や抑圧を乗り越え、相手を許し、受け入れる広い心を持った人達が多くいる国です。

南アフリカの人達には、一人ひとりの背中や心に、それぞれの物語(ストーリー)があります。みんな、精神的にタフな人達です。彼らの話を聞くと本当に凄い話ばかりです。南アフリカの男性も女性も、皆全員がラグビーの世界最強チームの一つ、南アフリカのラグビー代表チーム「スプリングボクス」の選手のように大きくて強さを感じます。

例えて言うなら南アフリカには、「マイナス100と言えるほどの問題がある。しかしプラス300、トータルではプラス200になる」ようなポテンシャルのある国です。だから私もこうして96年以降この国と関わっていますが、全く飽きない、魅力的な国です。高いポテンシャルを感じる国です。


現地も行かずに、他社の資料を真似て報道する程度の無責任なイメージを悪くするだけの報道は慎むべきです。「もっと南アフリカの魅力を伝えられるものはないか?」という視点で探せば色々あるはずです。今回の南アフリカの報道について、マスコミ各社でも大きな差を感じました。

それでも、とにかく南アフリカが世界にアピール出来るワールドカップの開幕です。南アフリカという国と日本代表を含めた一つ一つのゲーム、ワクワクドキドキ、感動するプレーを楽しみましょう。素晴らしい大会になることを心より願っております。

ザクミ
2010年ワールドカップ南アフリカ大会の公式マスコット「ザクミ」くん。

ワールドカップまでの日程 

5月に入りました。
ゴールデンウィークは、皆さまいかがお過ごしですか?

ワールドカップもいよいよ来月となりました。
皆さん、準備は整ってますでしょうか。
まだまだワールドカップ関連の報道は少ないように感じますが、これからという感じでしょう。

私の所にも取材が入ってきております。今月末から来月初旬にかけて報道も増えると思います。

以下、再度日本代表戦のスケジュールを書いておきましょう。

【5月】

10日:日本代表23人発表
24日:対韓国戦
30日:対イングランド戦

【6月】

4日:対コートジボアール戦
11日:ワールドカップ開幕(7/11まで)
14日:対カメルーン戦
19日:対オランダ戦
24日:対デンマーク戦

連休が終わったらワールドカップ・モードに切り替えて、各地で盛り上げていきましょう。

2010ワールドカップ南アフリカ大会に行きたい!人の為に 

昨日、2010ワールドカップ本大会の組み合わせも決まりましたね。
大会まで残すところ190日を切りました。年が明けたらあっという間なのでしょうね。楽しみですね。

さて、弊社にも旅行会社の方から「ワールドカップ・日本の試合観戦&ワイナリー訪問ツアー」を企画しませんか?というご提案が来ております。しかし、大会期間中ということで、金額は通常の2倍くらいになっていますし、本当に行きたいと思っている人がどの程度いらっしゃるのか?は分かりません。

ただ、今回は開催地が南アフリカということで、皆さん治安の問題とか様々な心配があると思います。もちろん、どこに行っても絶対とか100%とか、というのはありません。日本で報道されているような「南アフリカでは毎日殺人が50人」というのは、都市部、貧困地区などの一部の危険な地域では日常茶飯事のように起こっているのは事実ですし、そのような地域に行かなければ大抵は大丈夫です。

私個人的に心配しているのは、治安よりも試合会場まで行くアクセスの問題です。前回のドイツ大会の場合は、試合のチケットだけあれば、どのような方法(ルート)を使っても会場に行けたでしょうし、公共交通機関も先進国ですから整っていたことでしょう(ドイツには行ったことがないので想像ですが)。

しかし、今回の南アフリカ大会にどうしても行きたい!という方は、可能な限りツアーに参加し、個人では行かない方が良いのでは?と私からもアドヴァイス致します。それは、治安の問題ということよりも、南アフリカは一般の公共交通機関は、旅行者にとっては大変不便だからです。都市部には、電車やバスは走っているものの、それらは「郊外に暮らす黒人労働者が都市部に働きにくる為の労働者の大量輸送機関」でしかありません。基本的には自家用車の世界です。皆さん自分の車で移動するのが基本。バスや電車に乗るのは、車を持てない人達。従って、電車やバスは都市部とその周辺の郊外住宅地を結ぶだけで、観光地やスタジアムを結ぶものではありません。私も利用したことがありますが、スリや強盗に逢う危険は伴います。

大会期間中は、南アフリカには100万人以上の人達が世界から集まります。その人達も、もちろん地元の人も試合会場まで殆ど車で行くことになりますから大渋滞は必至です。ワールドカップに合わせて道路を拡張していますが、追いつかないでしょう。ホテルを出発しても会場まで渋滞で着きません!という問題が発生することがあり得ると思います。

その時、自家用車よりも観戦ツアーに参加している人達のシャトルバスなどは、団体ということで、比較的優先して車も通してくれるのでは?と推測します。従って、団体のグループに入っていることが、無事に会場への輸送も少しは保証してくれると思っています。

また、試合会場は南アフリカ各地に10会場です。日本戦は、ブルームフォンテーン(中部)、ダーバン(南東部)、ルステンブルグ(ラステンバーグ:北部)の3会場。南アフリカは日本の3.3倍の広さです。とても大きな国で都市間の移動は自家用車か国内線の飛行機です。これも、大会期間中は物凄い人が移動しますので、道路は渋滞、飛行機も満席が発生します。これらも団体旅行のツアー会社が、確実にお客様を試合会場にお連れするために、初めから飛行機の座席を団体で確保していますので、個人旅行者は飛行機のチケットが取りにくくなります。

試合会場は下記をチェック。
http://www.capetownnews.jp/2009/09/2010worldcupvenues/

もちろん、ホテルも団体様が優先で抑えられています。

まとめてみると、今回の大会には下記のようないつも以上の困難があり、それらを全てクリアしなければなりません。

・金額、費用
・旅行日程
・チケットの購入
・飛行機の確保
・ホテルの確保
・会場までのアクセス
・南アフリカという知らない国に対する不安
・治安などの不安


ということで、仮に試合のチケットが入手出来ても会場まで無事に到着することを保証するという意味で、もし今回の南アフリカ大会にどうしても行きたいという人は、どこのツアーでも良いですから団体で行くことをお勧めします。

「ワールドカップ南アフリカ大会の日本戦観戦&ワイナリー訪問ツアー(仮称)」(要検討)
●期間:6月中旬ー下旬の約8日間
●内容:予選の日本の試合のうち必ず1試合を観戦し、ワイナリーは2軒程度訪問するという感じです。
●参加費用:70-80万円

弊社もこのような企画をすべきなのかどうか?は検討しておりますが、もし、どうしても行きたい!という人がいらっしゃたら御連絡下さい。

■関連記事:http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-959.html

ワールドカップ本大会組み合わせ&日程が決定 

FIFA公式エンブレム

いよいよワールドカップ本大会の組み合わせが決まりましたね。
どの組が良いとか悪いとか話しても仕方ないので、後は日本代表に頑張ってもらうしかございません。
我々に出来ることは応援するのみです。
是非、一つでも上に上がれるように願っております。

頑張れ日本!

グループ:
A: 南アフリカ メキシコ ウルグアイ フランス
B: アルゼンチン ナイジェリア 韓 国 ギリシャ
C: イングランド アメリカ アルジェリア スロベニア
D: ドイツ オーストラリア セルビア ガーナ
E: オランダ デンマーク 日 本 カメルーン
F: イタリア パラグアイ ニュージーランド スロバキア
G: ブラジル 北朝鮮 コートジボワール ポルトガル
H: スペイン スイス ホンジュラス チ リ

予選日程:
左から 組(グループ)試合開始時間(現地時間) (日本時間) 対戦国 開催地

06/11(金)
A 16:00 23:00 南アフリカ - メキシコ  ヨハネスブルク
A 20:30 27:30 ウルグアイ - フランス  ケープタウン

06/12(土)
B 13:30 20:30 韓 国 - ギリシャ  ポートエリザベス
B 16:00 23:00 アルゼンチン - ナイジェリア  ヨハネスブルク
C 20:30 27:30 イングランド - アメリカ  ルステンブルク

06/13(日)
C 13:30 20:30 アルジェリア - スロベニア  ポロクワネ
D 16:00 23:00 セルビア - ガーナ  プレトリア
D 20:30 27:30 ドイツ - オーストラリア  ダーバン

06/14(月)
E 13:30 20:30 オランダ - デンマーク ヨハネスブルク
E 16:00 23:00 日 本 - カメルーン ブルームフォンテーン
F 20:30 27:30 イタリア - パラグアイ ケープタウン

06/15(火)
F 13:30 20:30 ニュージーランド - スロバキア  ルステンブルク
G 16:00 23:00 コートジボワール - ポルトガル  ポートエリザベス
G 20:30 27:30 ブラジル - 北朝鮮  ヨハネスブルク

06/16(水)
H 13:30 20:30 ホンジュラス - チ リ  ネルスプレイト
H 16:00 23:00 スペイン - スイス  ダーバン

06/16(水)
A 20:30 27:30 南アフリカ - ウルグアイ  プレトリア

06/17(木)
B 13:30 20:30 アルゼンチン - 韓 国  ヨハネスブルク
B 16:00 23:00 ギリシャ - ナイジェリア  ブルームフォンテーン
A 20:30 27:30 フランス - メキシコ  ポロクワネ

06/18(金)
D 13:30 20:30 ドイツ - セルビア  ポートエリザベス
C 16:00 23:00 スロベニア - アメリカ  ヨハネスブルク
C 20:30 27:30 イングランド - アルジェリア  ケープタウン

06/19(土)
E 13:30 20:30 オランダ - 日 本  ダーバン
D 16:00 23:00 ガーナ - オーストラリア  ルステンブルク
E 20:30 27:30 カメルーン - デンマーク  プレトリア

06/20(日)
F 13:30 20:30 スロバキア - パラグアイ  ブルームフォンテーン
F 16:00 23:00 イタリア - ニュージーランド  ネルスプレイト
G 20:30 27:30 ブラジル - コートジボワール  ヨハネスブルク

06/21(月)
G 13:30 20:30 ポルトガル - 北朝鮮  ケープタウン
H 16:00 23:00 チ リ - スイス  ポートエリザベス
H 20:30 27:30 スペイン - ホンジュラス  ヨハネスブルク

6/22(火)
A 16:00 23:00 メキシコ - ウルグアイ  ルステンブルク
A 16:00 23:00 フランス - 南アフリカ  ブルームフォンテーン
B 20:30 27:30 ナイジェリア - 韓 国  ダーバン
B 20:30 27:30 ギリシャ - アルゼンチン  ポロクワネ

06/23(水)
C 16:00 23:00 スロベニア - イングランド  ポートエリザベス
C 16:00 23:00 アメリカ - アルジェリア  プレトリア
D 20:30 27:30 ガーナ - ドイツ  ヨハネスブルク
D 20:30 27:30 オーストラリア - セルビア  ネルスプレイト

06/24(木)
F 16:00 23:00 スロバキア - イタリア  ヨハネスブルク
F 16:00 23:00 パラグアイ - ニュージーランド  ポロクワネ
E 20:30 27:30 デンマーク - 日 本  ルステンブルク
E 20:30 27:30 カメルーン - オランダ  ケープタウン

06/25(金)
G 16:00 23:00 ポルトガル - ブラジル  ダーバン
G 16:00 23:00 北朝鮮 - コートジボワール  ネルスプレイト
H 20:30 27:30 チ リ - スペイン  プレトリア
H 20:30 27:30 スイス - ホンジュラス  ブルームフォンテーン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。