スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンディ・ワイン: 愛という名のワイン 

 タンディ・ワインはフェアトレードワインであり、この事業を始めた時からのワインだけに、私の想い入れも大きいものがあります。
 
 南アフリカ、ケープタウン郊外のエルギン地区に、祖父の代から受け継いだ果樹園を経営する元脳外科医の白人、ポール・クルーバー氏がワイン造りを始めたのは1988年のことでした(関連記事:2005年9月1日の記事「ポールクルーバー・ワイン:丁寧な手造りのワイン」 http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-33.html)。
 ワイン造りも軌道に乗り、味や品質が評価され始めた頃、アパルトヘイト政策が廃止、94年にはマンデラ政権が誕生し、大きな転機がおとずれました。治安の悪化などを恐れて国外に移住する白人も多い中、クルーバー氏は南アフリカで生まれた南アフリカ人として国に残り、人種間の壁を越えて新しい国づくりに貢献しようと考えました。
 クルーバー氏は、所有する果樹園やワイナリーの労働者、地域住民達に、生活向上のための共同体作りを呼びかけました。そこで誕生したのが「タンディ・プロジェクト」です。

 「タンディ」とは、アフリカ系コーサ人の言葉で「愛」を意味します。「タンディ・プロジェクト」とは、農園管理・ワイン醸造責任者、マーケテイングスタッフ、プロジェクトの運営管理などに、アパルトヘイト時代に埋もれていた黒人達を登用することで、その才能や人材を掘り起こし、育てることを目的としています。そして彼らのオリジナルブランドのワインを生産・販売し、その利益で労働者や地域住民の生活環境を改善していこうというものです。
 1998年に誕生したタンディワインのラベルには、母親が赤ん坊を抱いている絵がデザインされています。それは母親が愛情を持って子供を育てるように、このワインを大事にを育てていきたいという、プロジェクト参加者全員の想いが表されています

タンディ・ラベル


 人々の「愛」が一杯詰まったタンディワインは、国際的なワイン品評会でも高く評価されています。2004年には世界で最も大きなワイン品評会である「ロンドン国際ワイン大会」でシャルドネが見事金賞を受賞。また、南アフリカのフェアトレードワインで最も成功したワインとして「マンデラ賞」も受賞しました。 
 そして何より、このワインを造っている人々が、自分達の仕事に自信と誇りを持つようになり、以前より随分と表情が明るくなりました。この「自信を持つこと」。たったそれだけのことでも、かつて抑圧され、人としての尊厳すら認められなかった時代を過ごしてきた彼らにとっては、とても大きなことでした。私達一人一人も同じことです。小さくても自信を付けた人、何においても自信のない人では、表情が全く違います。生きることに自信と誇りを持つことは、誰にとっても大事なことなのです。
 タンディは、10-15年後には、出資・協力してくれている親ワイナリーのクルーバー家からの完全独立を目指して日々努力しています。そしてこのワインは、コンセプトとその品質の高さで、現在世界中に広まっています。私達は、将来、彼らの生活がより良くなり、彼らの顔から笑顔が絶えることがないことを願っております。

タンディのサイト
http://www.cluver.com/thandi/index.php

<タンディ・ワイン>
THANDI WINES
* カベルネ・ソーヴィニョン CABERNET SAUVIGNON
* ピノノワール PINOT NOIR
* シャルドネ CHARDONNAY

<タンディ・ワインのキーワード>
* 愛という名のフェアトレードワイン
* 母親が子供を抱いているラベルのデザイン
* 「マンデラ賞」授賞など成功した高品質なワイン
* このワインのスタッフの顔が明るくなった

スポンサーサイト

ユニークなテロワール 

 あまり知られていないことですが、南アフリカのワイン産地であるケープ地方は、地球上で最も植物が豊かな地域として、世界遺産にも指定されています。そこには9600種以上の植物(その70%が固有の植物)と何千もの生物が生息しています。
 この生物多様性が、複雑なテロワールを生み、それがケープ地方のワインに基本的な影響を与えているのです。ここでは昔から常に土壌、谷のスロープ、そびえる山々、海岸から吹く冷たい風によって突出した生物多様性を生み、ケープ地方のワインは、この地でユニークな多様性とスタイル、品質を生み出しています。
 また、このアフリカ最南端という場所のワイン産地は、大西洋とインド洋がぶつかる場所として、これらの両海洋からも影響を受けています。もともとの温暖な地中海性気候に、様々な地形と多種多様な土壌、それらに海岸地方の霧、海からの冷たい風が加わり、ユニークで複雑なキャラクターのワインを生み出す理想的なコンディションになるのです。
 この多様な植物と海洋の影響、そして約350年にも及ぶワイン作りの伝統と歴史によって、ケープ地方のワインはユニークなテロワールを余すことなく表現しています。ケープ地方のワインは、一言で言えば、伝統的な旧世界ワインのエレガンスさと、新世界ワインの飲みやすくてフルーティなスタイルの融合です。まあ、「いいとこ取り」と表現できます。従って、まだワイン文化の浅い日本人にとっても大変飲みやすいワインと言えます。

参考文献:
ASPECTerroir SOUTH AFRICA, Wines of South Africa, 2004

クレインコンスタンシア社:輸入のエピソード(2) 

 この最高品質の南アフリカワイン。それは、名実共に最高峰を極めたこのヴィンデコンスタンスしかない。このワインで日本のみんなを驚かそう。そう思っていた。だが、相手は南アフリカワイン業界の超大御所。まして、新しい客はいらん、と言ってる。
 クレインコンスタンシア社には再度訪問。あの余裕しゃくしゃくのオーナーに「私は南アフリカのワインを日本で紹介しようと思っているのですが、残念ながら日本国内では、まだ南アフリカワイン自体の認知がされていません。日本人に「南アフリカのワインってスゴイね!」と言わせて認知してもらう為には、南アフリカ最高のワインが必要なんです!それが、このワインなんです!」とアピールした。今回は、オーナーも話を聞いてくれた。
 そして3回目の訪問。まさに三顧の礼だった。私は、しがみつく想いで、オーナーに2回目と同じことを繰り返した。「じゃあ、30本だけ分けてあげるよ。でもこれ以上は1本も出せないよ。」「よっしゃー!」帰りの車の中で私は一人叫んだ。それ以来、毎年春に30本だけ日本にやってくるようになった。(完)

クレインコンスタンシア社の人々。一番左がオーナー
クレインコンスタンシア社の人々


関連記事:
2005年8月27日付けの記事:「クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス2000が5星受賞!」
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-date-20050827.html


クレインコンスタンシア社:輸入のエピソード(1) 

 この、クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス。入手するのは、ほんと苦労した。
 とにかく本数が少ないし、出回ってないし。何とか、オーナーにアポを入れ訪問することができたが、「すでに世界中に契約しているエージェントがあるので、これ以上新しいお客さんを増やせない。」と言うのだ。当時は、まだ私もこの仕事を始めたばかり。こんな憎らしいことを言えるくらいにならなくてはと感じながら、しぶしぶ退却。
 このワイン事業にとっては、このヴィンデコンスタンスは何としてでも獲得したい大事なアイテムだった。フェアトレードのワインを始めたが、2000年当時、日本ではまだ南アフリカワインの認知があまり高くなかった。だから営業に行ってもなかなか簡単には買ってもらえない。試飲もしてないのに「え~、南アフリカ?」って顔をされる。こんな悔しいことはない。そんなことから「フェアトレードのワインを売る前に、南アフリカワイン自体を認知してもらわなくては。その為には、南アフリカを代表するような最高品質のワインを日本に紹介して、みんなを驚かすくらいしなくては。そうすれば、きっと南アフリカワイン自体を認めてくれ、きっと話を聞いてくれるだろう。」
(2)に続く。

関連記事:
2005年8月27日付けの記事:「クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス2000が5星受賞!」
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-date-20050827.html

クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス2000が5星受賞! 

 8月24日付けの南アフリカワインニュースで、2006年版のジョン・プラッター・ワインマガジンの5星のワインが発表されました。5000本のワインの中から見事5星を獲得できたのは、たったの11本。その中に、弊社扱いのワイン、クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス2000が選ばれました!しかし、驚くことはない。このワインは毎年5星を獲得しているのだ。

 ジョン・プラッター・ワインマガジンは、南アフリカでは、最も権威があるワイン評価本で、毎年刷新されます。提出されたワインは、1-5個の星で評価され、その星の数で南アフリカ国内外での売れ行きにも影響してきます。

 このヴィンデコンスタンスを生産しているクレインコンスタンシア社は、17世紀後半に南アフリカで最初にブドウ栽培が始まった所として知られる聖なる場所。極甘口のデザートワインで、18-19世紀にナポレオン、ビスマルク、ルイ・フィリップ(フランス王)、ジョージ4世(イギリス王)などヨーロッパの王侯・貴族が競って獲得しようとした、また、オースティン、ディケンズ、ボードレールらが、このワインを愛し、彼らの文学作品の中にも登場した、あの伝説のワインを生産している。「高品質な南アフリカのワイン」として、一番最初にヨーロッパに案内されたワインです。
 生産量は7000本。しかし、南アフリカの公式行事の後の晩餐会などでも使用されるため、出回るのはほんのわずか。日本にも毎年たったの30本しか入荷しないほどの超プレミア&レア物ワインなんです。約4年の熟成を経てから出荷されるこのワインは、なめらかで上品な甘さが魅力。ナポレオンが死ぬ前に「もう一度あのワインを飲みたい」と言ったほど
 
ヴィンデコンスタンス


 このボトルは、底の部分が靴先のように膨らんでいるが、これは約200年前当時、ガラス瓶が機械製造ではなく、1本1本口で吹きながら作っていたため、今のように綺麗な瓶ではなく、いびつな形になったりしていた、その当時の形を再現している。憎らしいほど可愛いボトルだ。ナポレオンでなくとも、死ぬ前には一度は飲んでみたいワインです。

このワイン、欲しいという方は御連絡ください。売り切れ御免です。

クレインコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス2000
KLEIN CONSTANTIA VIN DE CONSTANCE 2000
税込希望小売価格 15,750円(500ml:白:極甘口:箱入り)

* 品種:ムスカデフロンティニャン
* 製造:ブドウは干しブドウ状態になってから収穫。ステンレスタンクで発酵後、フレンチオークで18ヶ月熟成、さらに瓶詰め後2年熟成。合計4年以上かけて出荷される。
* 生産量7000本
* コメント:金色の琥珀色(こはくいろ)で、アプリコットにマスカットが少し混ざったような香り、なめらかで上品な甘さに、余韻が長く続く。
* 評価:フランス「Coffee-table book」で「世界の伝説の100ワイン」、2000年には「世界で最も神話的な9つのワイナリー」に選ばれる。南アフリカ・ジョン・プラッターワインマガジンで毎年5星評価。2002年9月のアメリカ「ワイン&スピリッツ」マガジンで「世界の偉大なワイナリー25」の1つに選ばれる。世界中に毎年のヴィンテージを集めるコレクターもいる。

関連記事:
2005年8月28日、29日の記事:クレインコンスタンシア社:輸入のエピソード
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-17.html

直輸入のワイン道場・千葉のマキノ酒店 

マキノさんのコレクション、通称「マキコレ」のファンは日本中にいらっしゃいます。ワインの直輸入もされてます。

マキノ酒店
千葉県富里市日吉台5-10-7
電話:0476-93-2200
http://www.winedou.co.jp/

芦屋の名店 「ワインガーデン・リブゴーシュ」 

オーナーの細谷さんの厳選されたワインは、素晴らしいものばかりです。毎月ワインの試飲会もしています。

ワインガーデン・リブゴーシュ
兵庫県芦屋市公光町4-18
電話:0797-21-5156
http://www.hint.ne.jp/afha/hp/index.php?id=30

なぜ、南アフリカなのか?(12)-最終章- 

 これまで、私の現在に至る経緯を述べてきたが、そろそろまとめに入ろう。
 
このテーマ、「なぜ、南アフリカなのか?」
まず、ワインに関しては、

* 南アフリカのワインは、まだ一般的にはあまり知られていないし、それを専門とする会社も無かったこと。反対に、この国に特化することで、日本に「南アフリカワインを専門的に伝える役目」としての存在意義がある。

* 南アフリカのワインには、今までの日本市場にはなかった「黒人の経済的自立を応援するというフェアトレード精神のワイン」があったこと。このワインに取り組むことが、現地の雇用の安定と促進につながる。

* 南アフリカワインは発展途上中であり、今後も伸びると予想されている。ポテンシャルが非常に高いワイン生産国として、今後も注目すべきな国なので。

次に、南アフリカという国については、
* この国は、「世界の縮図」と言われるくらい沢山の問題を抱えている。貧困、犯罪、失業、貧富の格差と富の分配、都市と田舎、人権、多人種・多文化、宗教、エイズ、環境問題、核問題、平和など、問題は山積みだ。その中でも、人類史上最後まで公然と人種差別政策を続けてきた国が、これまでの対立を乗り越えて協力する国家を築けたこと。世界で唯一、自発的に核兵器の開発をやめた国など、世界の模範となる例は多い。この国を研究し、この国で行なわれている数々のプロジェクトやサクセス・ストーリーは、他の国でも参考になる。たった一つの国のことだが、世界に通用するテーマとプロジェクトに事欠かない。この国の中から一つでも多くのサクセス・ストーリーを生み出し、他の地域へ応用していくことが、この国にできることであり、役目であろう。言葉は適切ではないかもしれないが、「世界の実験場」としての役割を担える国である。

* 一方で、この国の多様な人種と文化、そして、自然が世界的にも稀なほど「美しい南アフリカ」を形成している。2002年には、海外旅行部門で「世界で最も行きたい国」にも選ばれているほど観光資源に恵まれている。さらに鉱物資源も含めて、これほど豊かな国も世界にはないと言っても良いくらいだ。また、経済的にも着実に伸び、いわゆるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の次は南アフリカだとも言われている。南アフリカ経済の向上とともに、益々この国の注目度は上がることだろう。

* 南アフリカは、アフリカ大陸の中では経済力では圧倒的な力を誇っており、今や、この大陸の盟主的な存在として、国際舞台で活躍している。また南部アフリカを中心に、周辺地域とも積極的に関わり、協力関係を結んでいる。この国を応援し、この国の発展を手伝うことが、イコール、この大陸全体の発展にもつながる。

このように「南アフリカを研究することが、今の時代を生きる我々にとっても参考になることが多く、また、この国と関わり、この国が発展することが、アフリカ大陸全体の発展にもつながる。」

 以上。私のこれまでの経緯と、南アフリカと関わる意義について述べてみた。これらを御理解頂いた上で、今後も皆様と長く良いお付き合いが出来れば幸いです。(完)

<参考文献>南アフリカ観光局パンフレット

なぜ、南アフリカなのか?(11) 

 しかし、実際はそんなに甘くなかった。マスコミに取り上げてもらっても、時間とともに問合せも注文も無くなって行った。「電話が鳴らない」これは、とても恐ろしいことだ。今でこそ、毎日注文があるし、忙しい時は電話もうるさい!と思ってしまうこともあるが、「電話が鳴る」ということは基本的に有り難いことだ。
 そもそも、酒業界なんか知らんし、酒販店やレストランなど、ワインの卸し先を持っていなかった。全くの素人には、この「お酒業界の習慣」も理解していない。やはりスタートとしては、条件があまりにも揃ってなかった。最初の資金は、あっという間に無くなった。
 結局1年と半年をもって、素人のワイン輸入事業は終焉を迎えることになった。その間、無給で働いた。苦しかった。嫁さんが働いて何とか生活を支えてくれた。「このまま何も残さず終わってしまうのか。」でも、ワイナリーに頭を下げて、「このワインを販売させてください。」とお願いした以上、引き下がれなかった。「何としても成功させなくては。」
 金も何も残らなかったが、幸い応援してくれる人達がいた。今の会社に移って、このワイン事業を続けることができ、何とかここまでやってこれた。
最初の事業開始から5年が過ぎ、6年目に入った。まだまだ課題も目標も完了するまでは、しばらくかかりそうだが、「スタート」という第1ステージは、何とかクリアできたように思う。これまでは、一生懸命滑走路を走って飛び立った飛行機が、これからは急上昇していく「飛躍の第2ステージ」だ。
これまで御協力を頂いた全ての人に心から深く感謝を申し上げるとともに、飛躍の第2ステージを成功させなくはならない。

なぜ、南アフリカなのか?(10) 

 それから10ヶ月ほどの準備期間を経て、その年(99年)の年末に初めてワインを輸入することができた。スタートは幸いにも「AERA」に掲載され、それによって、メジャーな新聞から全て取材が来て、多くのマスコミに取り上げて頂き、事務所の電話は鳴り止まない、便所にも行けないくらいの騒ぎになった。やはり「南アフリカ史上初の黒人生産ワイン」は強烈なインパクトがあった。上々のスタートだった。これでいける!と思った。自分の輸入したワインが店頭に並んだのを見て、私は目が潤んだ。初回輸入した6000本は、わずか2週間ほどで完売した。


なぜ、南アフリカなのか?(9) 

 「ワインを輸入する。」とは決めたものの、何もかもが私にとっては初めてだった。まずはワインの勉強。本を買って読み、ワイナリーに行って製造工程を教えてもらい、テイスティングもさせてもらって、ワインの品種や味を覚え、毎日毎日、ワイナリーに通い、とにかく飲んだ。
 次は、輸入の仕方。これも1から。輸入のための資金。これも人から借りた(感謝!)。何よりも、社会人経験0だったので、「人と働く」ということすらやったことがなかった。仕事は決めたものの、全てが0からのスタートだった。今振り返っても、いや、思い出したくないくらい大変だった。

なぜ、南アフリカなのか?(8) 

 「黒人達が白人達の協力を得ながら、自分達の経済的な自立のために作っているワインがある。」という話を聞いた。それが、後に輸入することになったワイン「ニュービギニングス」や「タンディ」である。早速彼らを訪問し、実際に自分の目と耳と舌で確かめた。「よしっ!。」
 南アフリカの歴史については、後日詳しく書く予定だが、「この国で長きに渡って抑圧され、人間としての尊厳すら奪われた黒人達が、ワインを通して経済的な自立を果たせるなら、それはどんなに素晴らしい、いや、画期的なことだろう。」
 それぞれのワイナリーの話は、また後日するとして、「彼らの頑張っている様子やサクセス・ストーリーを是非日本に伝えたい!」そんな気持ちにかられ、もう私の心は「ワイン、ワイン、ワイン。」一色になった。私は早速、日本にそれらのワインを輸入する準備を始めた。時は99年2月だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。