スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年収穫期レポート② 

 アフリカーンス語の有力新聞、Die Burger誌(ダイバーガー誌)の2月20日の一面記事によると、この時点でケープタウン周辺のワイン産地の約3分の2が今年のブドウの収穫を完了。
 今年は全体的には涼しく、とても上質なブドウが育っていて、多くのワイナリーが今年のブドウのデキに満足していると伝えていた。

 確かに、私自身も今年は涼しく感じた(ケープタウンの最高気温26-27度)し、弊社の取引先十数社を訪問し、実際に栽培担当者やワイン醸造家に聞いたところ、皆一様に「ブドウのデキは上々」との答えが返ってきた。

 前述のダイバーガー誌の一面には、収穫されたブドウと一緒に、自信たっぷりの満面の笑みをした農夫の写真が大きく掲載されていた。

 2007年のワインは、早い物なら今年の秋ー冬には日本にも入荷する。期待したいと思う。

スポンサーサイト

全員無事帰国しました 

22日の夕方、全員無事に帰国しました。

何よりも皆さん、無事に帰国できたこと。
そして、全てのプログラムが滞りなく完了できたこと。
そして、皆さんが喜んでくれたこと。

とても良いツアーになりました。

前回同様、全てのワイナリーが一所懸命私達をもてなしてくれました。南アフリカの皆さんの気持ちが伝わりました。それが一番参加者の方に喜んでもらえる旅になったと思います。

南アフリカの人達、そしてワイナリーの皆さん、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。そして参加者の皆さん、ご参加ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

詳しいレポートは、また少しずつ書いていきます。

また、来年こそは(来年も!)南アフリカに行きたい!という方がいらっしゃれば、御連絡ください。希望者がいらっしゃれば、またこのようなツアー(2008年1-2月頃)を企画したいと思います。

三宅

全プログラム無事終了。 

全プログラム無事終了。


皆さん喜んでおりますので成功です。
これから出国して日本に帰ります。
詳しくは、またレポートします。

前半戦終了。皆さん元気です。 

無事2日間のプログラムを終えました。
昨日は強風の為、テーブルマウンテン登頂はできませんでしたが、
それ以外は順調に進んでおります。
皆さん元気で、南アフリカを満喫している様子です。


今日から後半戦。またがんばっていきます。

皆さん、無事到着しました。 

ツアー参加者の皆さん、無事に到着しました。
皆さん、比較的元気な御様子です。


今日から、ツアープログラムの開始です。

天気は快晴。


楽しくなりそうです。

2007年収穫期レポート 

 先週から金、土、日と雨の日が続いた。この時期には珍しい雨だ。
ワイナリーにとってはこの時期(収穫期)の雨を嫌う。
大事なブドウが水を含んでしまうからだ。


 1月半ば頃までは、涼しい、とても良い気候だったそうだ。
しかし、2週間程前にすごく暑い日が4日間続き、この3日間は雨模様。
収穫期を迎えたワイナリーにとっては、最近の天候不順は
収穫のタイミングに頭を悩ませる。
しかし、皆さん口を揃えて

「自然はコントロールできない。自分達はベストを尽くすだけ」

と言う。


 今日は晴れ。濡れたブドウも乾き、明日も晴れなら、明日はどこの
ワイナリーも収穫で忙しくなることだろう。


 私が宿泊している「ドメイン・ブラハム」は、この雨の前に、
ほとんど(80%くらい)収穫を終えた。
あとはメルロを残すだけ。今日は発酵を終えたシラーズ2007を搾っていた。

無事、到着。 

無事にケープタウンに着きました。
一年ぶりにこちらに戻ってきましたが、やっぱり良い所です。


今日は、やや曇り気味。上着が必要なくらいです。
しかし、晴れれば例年より暑い年との事。先日は40℃にもなったそうです。


カタール航空は私にとって初めてでしたが、快適でサービスも良かったです。
皆さん、お気を付けてお越し下さい。
こちらでお会いできるのを楽しみにしております。



                                            三宅

南アフリカワインフェア@ヌースフィア(東京都港区) 

 南アフリカワインに力を入れてもらっているヌースフィアさん(東京港区)では、今回の南アフリカツアー開催に合わせて、南アフリカワインフェアを開催されることになりましたので案内致します。

 ヌースフィアさんは、前回のツアーでも3名の方にご参加頂き、今回も1名ご参加頂きます。直接現地の雰囲気を掴んで来られたスタッフのお話も是非聞いてみてください。きっと楽しい時間を過ごせると思います。

南アフリカワインフェア

期間は2月17日~3月17日の1ヶ月間。

内容は

・ステレンボッシュからのワイナリーレポート(2/17~22)

・グラスセットのお試しセット

・南アフリカワインに合うオリジナルメニューの提供

などを企画中です。

 通常よりお値打ち価格で様々な南アフリカワインをお楽しみ頂けます。昨年3月の南アフリカワインフェアも大好評でした。今回も楽しみですね。

詳しくは、直接お店にお尋ねください。

noosphere cafe dining *(ヌースフィア・カフェダイニング)
 http://www.noosphere.co.jp
  
 tel 03-5730-0881 (JR田町駅から徒歩3分)
 東京都港区芝5-20-20 春日ビル2・3階

南アフリカワイナリー訪問ツアー:プログラム内容の変更 

 ツアーのプログラム内容の変更が出ましたので連絡しておきます。変更に関してお詫び申し上げます。

変更事項:
2月17日(土)午前中。ドルニエワイナリーにて。

 料理教室を予定しておりましたが、料理の先生の都合が悪くなったので、今回は代わりにアフリカン・ドラムのセッションということになりました。これはこれで、とても楽しい企画です。アフリカらしいサウンドを楽しんでください。

以上、よろしくお願いします。

三宅

 

決算セール@港屋(東京世田谷区) 

港屋さんは(東京世田谷区)、2月が決算ということで、現在決算セール中です。

2月11日(日)まで日本酒、焼酎、ワイン、調味料など、店内全ての商品を10%とのこと。

この機会に、ちょっといいお酒を飲んでみませんか?

皆さまのご来店をお待ちしております。

と、メッセージがありました。是非ご利用ください。


地酒とワインの港屋

■住所:東京都世田谷区若林2-35-9
■TEL 03-3413-3718
■FAX 03-3413-3718
■URL:http://www.minato-ya.net/
■営業時間 午前10時~午後8時
■定休日:毎週月曜日

2月8-22日まで出張します。 

 あっという間に1月も終わりました。御陰様で1月はまあまあのスタートを切れました。2月も今の所、順調な滑り出しです。皆様ありがとうございます。

 2月8日から22日まで出張ということでご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。今回の出張もその後の役に立てるよう頑張りたいと思います。

 出張中も通常通り御注文頂ければ、いつも通り出荷&納品致しますので宜しくお願いします。というか、留守中も沢山の御注文を是非に宜しくお願いします。

 ブログも時間があれば現地からの最新情報をできるだけ送ります。ツアー参加者の方は特にチェックしておいて下さい。

 ということで、宜しくお願いします。

三宅

南アフリカツアー:持ち物&現地情報 

 あっという間に私も出発の日が近づいてきました。皆さんが到着する16日にケープタウンの空港で待っておりますので、皆さん気をつけて来て下さい。皆さんのおこしを楽しみにしております。

 現地ワイナリーからは、全て準備OKとの連絡が来ておりますので、お楽しみに。私は事前に再度確認&打ち合わせの為に先に現地入りしておきます。当日のプログラムは、その時の天候や現地の状況により変更される時もありますが、現地の皆さんも日本の人達の到着を楽しみにしております。


 さて、今日は持ち物や最新の現地情報を案内します。重要です。

 まず、持ち物から。

とにかく現金、パスポート、航空券があれば大丈夫です!

その他に必要な物、情報として、

<基本の持ち物>

■現金:日本円で5万円前後あれば良いと思います。日本円で持っていき、南アフリカに到着後、銀行で現地のお金(ランド:Rand)に交換します。従って、ドル、ユーロ、トラベラーズチェックなどで持っていく必要もないです。
■交換レート:現地の貨幣はランドです。現在1ランド16-17円前後で推移しています。最近のレートの動きは下記でチェック。
http://www.x-rates.com/d/JPY/ZAR/graph120.html
■パスポート
■航空券
■海外旅行保険:入っていくことをオススメします。
■クレジットカード:持っていくことをオススメします。ビザ、アメックスなどメジャーなカード。大抵のお店はカードで買物できます。

<生活編>

■服装:気温は下記を見てください。日中は半袖シャツ、ジーパン、ウォーキングシューズなど、動きやすい格好で。夕方以降は軽めの上着が必要です。正装が必要なパーティなどはございませんので必要なし。ただし、5星クラスのレストランにも入りますので、ある程度清潔な服装も必要です(ネクタイ、ジャケット着用の必要はないです)。サンダルもあると便利です。
■気温:現在は最高気温25-30度。最低気温15-20度くらいで推移しています。夜、明け方は少し冷えます。上着、カーディガン、トレーナーなどあればOKです。ケープタウンの週間天気は下記をチェック。
http://www.int.iol.co.za/index.php?set_id=24&click_id=2210&city_id=7
■予防接種(注射):今回の訪問地では必要ありません。マラリアなどは問題なし。
■水:現地は水道水が飲めます。日本と変わりません。ミネラルウォーターを持っていく必要はないです。必要な人は現地でもいくらでも売っています。
■傘:基本的には毎日晴れで必要なしですが、最近雨も降っているようなので、折りたたみ傘またはカッパの代わりになるような上着があっても良いと思います。
■日焼け対策:日差しは強いので日焼け止めは必要です。帽子もあった方が良いです。ただし、ケープタウンは帽子も飛ぶくらい風の強い街です。
■延長コード:コンセントが二つ以上ある物。携帯、デジカメなどの充電や電気製品の使用に必要です。
■大きなカバン:ワインやアフリカングッズなど、買う気が無くてももらったり、結構な荷物になりますので、大きなカバンは便利です。往きはスーツケースが空っぽでも、帰りはきっと満タンになります。
■言語:現地の公用語は11ありますが、基本的には英語である程度OKです。
■買物:スーパー、コンビニもありますので、日用品など何でも手に入りますので日本と変わりません。
■消費税:現地は14%と高いのでご注意を。ただし、日本に持って帰るようなお土産(南アフリカから国外に持ち出す物)は、買物の際に14%の消費税を支払い、帰りの空港で14%分返金してもらえるので、買物の際は必ずレシートを貰って保管しておいてください。露店ではレシートはもらえませんので、レシートの必要な方(14%の返金が必要な方)は、普通のお店で買物してください。
■生活全般:旅行の際は、基本的な生活レベル、便利さ、快適さは日本と変わりません。
■トイレ:公衆トイレも大抵は衛生的でトイレットペーパーも完備されています。日本よりも優秀です。
■国際電話:
日本から南アフリカへかける場合
国際電話番号(001など)-27(南アフリカの国番号)-0を抜いた現地の番号

南アフリカから日本へかける場合
09(国際電話番号)-81(日本の国番号)-0を抜いた日本の番号

<お金>

■2月19日(月)の夕方:唯一の自由行動(ステレンボシュで)の時間です。この時の夕食だけはツアー料金に入っていませんので、各自で払ってください。
■飲み物・ドリンク代:食事の時のドリンク代は、今回のツアー料金に入っていませんので別途必要です。
■チップ:ツアーで集団行動なので、必要な時はあまりないですが、一人で行動した時に、食事の時などでは支払い金額の5-10%くらいが目安です。

<在外公館>

■在南アフリカ共和国大使館 Embassy of Japan
住所:259 Baines Street, corner Frans Oerder Street, Groenkloof, Pretoria 0181 
TEL:012-452-1500  FAX:012-460-3800/1
http://www.japan.org.za/

■在ケープタウン出張駐在  Office of Consul of Japan
住所:2100 Main Tower, Standard Bank Center, Heerengracht, Cape Town, 8001
TEL:021-425-1695  FAX:021-418-2116

+++++

■ツアーの概要
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-407.html

■申込み&問い合わせ:JTB西日本・海外旅行西日本支店
  電話:06-6261-7661 Fax:06-6271-0547 
  営業時間:平日9:30-17:30  担当:小阪(こさか)

■ツアーの目的
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-399.html

■ツアーの見どころ
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-408.html

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。