スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン関西2007無事終了 

 先日ワイン関西2007も無事終わりました。御陰様で今年も多くの方々におこし頂きました。遠い所から来られた方もいらっしゃいました。皆様本当にありがとうございました。

 皆さんの反応も上々だったように感じています。「最近、お客様から「南アフリカワインありますか?」という問い合わせも増えているので、今日は良い物を探しに来ました。」という酒屋さんや飲食店さんも何名かいらっしゃいました。少しずつ南アフリカワインが消費者まで浸透しつつあることを感じました。

 また、2010年のワールドカップを意識して、「そろそろアイテムを考えていかなきゃ!」という方もいらっしゃいました。ワールドカップと言えば、来月にはアジアの1次予選の組み合わせが決まります。年が開けたらいよいよその予選が始まります。一機に2010年モードに入っていきます。南アフリカワインは来年以降益々注目されていくことでしょう。ワールドカップを意識するなら、これからは「南アフリカワインと言えば当店で!」という宣伝や認知が必要です。その攻めの期間が2008‐2009年になります。その期間をしっかり十分に準備できれば2010年が良い年になります。

 御陰様でさっそく、「ワイン関西で南アフリカワインを飲んだのですが、取引させてもらえますか?」という嬉しいお問い合わせも来ております。名刺を頂いたお店など、また営業させてもらいます。宜しくお願いします。今回も沢山の新しい出会いがありました。これを機に、またそれぞれのお店としっかりと良い関係を築いていきたいと思っております。

 今年もあと残り2ヶ月。最後まで頑張っていきましょう。来年の「ワイン東京2008」は4月8日。関東の人はその時に会いましょう。

ワイン関西2007に出品したアイテム

スポンサーサイト

南アフリカワインの試飲会@港屋(東京都世田谷区)  

 今年、「南アフリカワインセレクトショップ」や、ブログ「「虹の国~南アフリカ~」に乾杯」をスタートさせてからどんどん売上が上がっている港屋さん(東京都世田谷区)。快調のようです。

 その港屋さん、今日10月26日(金)から28日(日)までの3日間、「ブラハム・カベルネ」の店頭試飲が行なわれます。御近所の方は是非行ってみてください。詳しくはブログでも案内されています。

 ブラハム・ワインは、本日発売の雑誌「一個人(いっこじん)」(KKベストセラーズ・2007年12月号の98ページ)でも紹介されました。是非こちらも読んで頂いて、もう一度ブラハム・ワインを飲んで頂ければ更に味わい深くなるのではと思います。

20071027122232.jpg


地酒とワインの港屋

■住所:東京都世田谷区若林2-35-9
■TEL:03-3413-3718
■FAX:03-3413-3718
■URL:http://www.minato-ya.net/
■南アフリカワインセレクトショップ:http://www.minato-ya.net/shop/
■ブログ:「虹の国~南アフリカ~」に乾杯 http://www.minato-ya.net/blog/
■営業時間:午前10時~午後8時
■定休日:毎週月曜日

雑誌「一個人」(いっこじん:12月号:10月26日発売)にブラハム・ワイナリーの記事が掲載されます。 

 いよいよ明日は、今年最後の大きな仕事と言って良いでしょう。「ワイン関西2007」です。私自身がとても楽しみにしております。皆さん、お忙しいことと存じますが是非おこしください。きっと喜んで頂けると思います。

 さて、今週10月26日発売の「一個人」(いっこじん:月刊 KKベストセラーズ発行。毎月26日発売)の企画で「ブラハム・ワイナリー」の記事が掲載されます。ブラハム・ワイナリーには今年8月に取材に行ってもらいました。どんなふうに紹介されているのでしょうか?楽しみですね。是非皆さんも御覧下さい。

ラグビーワールドカップ2007、南アフリカ・スプリングボクス、優勝おめでとう! 

20071021072851.jpg
写真提供:南アフリカ・ラグビー協会

 先ほどラグビー・ワールドカップ2007が終了し、遂に南アフリカ・スプリングボクスが前大会の覇者イングランドを制して95年以来の2回目の優勝を勝ち取った!やったね、スプリングボクス!おめでとう!

 きっと南アフリカ現地でも大騒ぎではないでしょうか?

 かつて人種差別政策の為、世界からつまはじきにされた南アフリカにとって、一番大切なのは「自分達はできる、世界と闘える、という自信」を持つこと。95年、前回大会に初出場・初優勝した時は、まさにスプリングボクスは南アフリカ国民に勇気と自信を与えた事だろう。今回は2回目の優勝ということで更なる自信になったのではないかと思う。

 ラグビーでも、ワインでも、様々な豊かな文化の融合でも、また動物や花などの大自然でも、そして何より粘り強く差別と闘ってきた人達の不屈の精神と南アフリカ国民のホスピタリティ(もてなしの心)は、世界と十分に戦える、いや世界屈指のレベルを持っている。自信を持ってもっともっと世界に発信し、広げていくことが南アフリカの世界に対する役割であり、過去の歴史への償いにもなるのだろう。南アフリカが世界の平和の為に出来る事は沢山ある。これからもこの国の更なる発展を応援していきます。

■関連記事→http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-544.html

ラグビーワールドカップ2007、南アフリカ・スプリングボクス、ベスト4進出! 

 随分涼しくなって来ました。皆さんからのワインの注文量も増えてきましたし、いよいよ本格的な秋に向かっているという感じですね。私も企画の打ち合わせや準備で忙しい毎日です。

 さて、ラグビーワールドカップ2007ですが、南アフリカ・スプリングボクスは一次リーグを全勝で突破。先日は準々決勝でフィジーを破り、ベスト4進出となりました。おめでとうございます。南アフリカでも盛り上がっているでしょうね。

 しかし、これまでの試合結果はある程度予想通り。今週末は最近益々力を付けているアルゼンチンと対戦。勝てば決勝進出となります。残念ながらオーストラリアもニュージーランドも先日の準々決勝で敗退。決勝はイングランドかフランスか。そして南アフリカかアルゼンチンか。いよいよ最終決戦です。

■試合結果→http://www.jsports.co.jp/tv/rugby/wc/result.html

■関連記事→http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-544.html

南アフリカワインフェアー・特別タイムセール開催(11日10時まで) 

 南アフリカワインの販売に大変力を入れてくれているワインブティック・ヴァンヴァンさん(長野県)の南アフリカワインフェアー・特別タイムセール開催のお知らせです。

期間:10/7(日)10:00~10/11(木)10:00
 
 売れ筋人気ワインのアイテムを中心に通常価格より更にお得な価格でセール中です。詳しくは下記をチェック!

http://www.rakuten.co.jp/vin2/1872368/

ワインブティック ヴァンヴァン
■住所:長野県飯田市松尾明7426-8
■TEL:0265-56-2220  FAX:0265-56-2221
■URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/vin2/

ワイン関西2007:10月23日(火) 

 今年もワイン関西2007(第18回 Wine Kansai 2007)の季節が近づいてきましたので、下記の通り案内致します。お時間ございます方は是非ご来場ください。

 ワイン関西は、関西では1年で一番大きなワイン展示会です。毎年約50社が出展し、1000名以上の来場者がございます。

■ワイン関西2007
■日時:2007年10月23日(火) 10:00-17:00
■会場:大阪マーチャンダイズマートビル(OMMビル)2階展示ホールC
■会場住所:大阪市中央区大手前1-7-31
■会場電話:06-6943-2020
■対象:酒販店、飲食店様
■㈱マスダのブース:46番
■アクセス(最寄り駅):地下鉄谷町線または京阪電鉄で天満橋(てんまばし)駅下車すぐ

◎弊社は今年入荷した南アフリカワインの新商品、そして定番の人気アイテムを中心に30種くらいを出品する予定です。

また今年も新しい出会いを期待しながら、皆様のおこしを心よりお待ちしております。

ワイン試飲会:いこま酒店(兵庫県尼崎市) 

いこま酒店さんのワイン試飲会のお知らせです。

南アフリカワインは人気のラカ・ビオグラフィ・シラーズ2003が出ます。まだ飲んだことがない人は是非店頭で。

日時:10月6日(土)15-20時 

店頭にて無料試飲会

いこま酒店
■住所:兵庫県尼崎市立花町1-19-1
■電話:06-6429-6210

いこま酒店さんは、リーズナブルな価格でワインを販売されています。ワインの試飲会も定期的にされています。詳しくはお店にお問い合わせ下さい。

「南アフリカワインを楽しむ会」:お客様からの感想 

 先週28日の南アフリカ大使館公邸での「南アフリカワインを飲む会」に御参加された方からメールを頂きましたので以下に紹介しておきます。

++++++++++

 先週金曜日のワイン会に参加させていただいた○○と申します。その節は、大変素晴らしいワインと交流の場を設けていただきまして、ありがとうございました。

 たまたま、ネットサーフィンしていて今回のワイン会を知り、参加させていただきましたが、普段の飲む機会のなかった南アフリカワインの一端を垣間見ることができて、非常に貴重な経験でした。

 また、三宅様の生産者と南アフリカ共和国に関する説明を聞けたことで、試飲の前にワイン生産者とその国のイメージを抱くことができ、とても親近感が沸きました。消費者はお金を払えばワインを飲めますが、生産者の苦労や人生の背景を思い浮かべて飲む人はまだまだ日本では少ないと思います。ですから、あの事前説明はとても良いやり方だと思いました。

 肝心のワインですが、白はポールクルーバーのソーヴィニオンブランがダントツにハイクオリティでした。赤はデヴォールの赤ワイン以降は、タンニンと酸が豊富でしたので、あと早くて2~3年で飲み頃を迎えそうなワインが多かったですね。有料試飲の赤ワインは10~15年はキープできるのではないでしょうか?

 最後に、ひとつ残念な事は、試飲が始まって終了するまで、時間が短かったことです。もっと他の方々と会話もしたかったですし、三宅さんから南アフリカの現況もお伺いしたかったです。

 また、次回も南アフリカの試飲会がありましたら、是非お誘いいただければ幸甚です。今後ともよろしくお願いいたします。

以上。

<当日の出品ワイン>

1.クローヌ・ボレアリス・ブリュット
2.ポール・クルーバー・ソーヴィニヨン・ブラン
3.タンディ シャルドネ
4.ポール・クルーバー・ピノ・ノワール
5.デ・ヴォール ピノタージュ
6.ブラハム カベルネ
7.アマニ メルロ

<有料試飲>

8.ステルハイス・メルロー
9.ブーケンハーツクルーフ・シラー
10.クレイコンスタンシア・ヴィンデコンスタンス

三宅のコメント:

 喜んで頂けたのは光栄です。少しでも分かりやすく南アフリカや南アフリカワインを伝えることが私の大事な仕事でもあります。これからも御希望がございましたら、このようなイベントを開催していきたいと思います。

イベントの様子→http://www.minato-ya.net/blog/?p=108

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。