スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(13):トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイト2  

前回の続き。

クローヌ畑


 さあ、いよいよ畑とセラーの見学です。ニッキーさんが、スパークリングワインの原料となるピノノワールとシャルドネの畑に連れて行ってくれます。南アフリカのブドウの収穫は2月が最盛期ですが、ここは早めの1月です。従って、見学の時にはもうブドウが無くなっているかもしれませんが、丁寧に説明してくれます。

ニッキーさん畑で


 その後は地下セラーに行って、スパークリングワインの製造工程を見学させてもらいます。昨今のシャンパンブームと機械化による量産化が進んで、今やシャンパーニュでも手動で動瓶を行なう所は少なくなりましたが、南アフリカでは手動が中心。クローヌもそうです。ゆっくりと時間をかけて発酵、熟成を経て作られるワインは、量産工場でできた味わいの無いワインとは違います。ニッキーさんの指導の下、動瓶も体験できます。

クローヌ動瓶体験


 下の写真は、最後のキャップシールを貼り付ける工程。全て手作業で行なわれています。クローヌ夫妻は、アパルトヘイト(人種隔離政策)がまだ残っていた1970年代でも地域の黒人達にコミュニティセンターを作ったり、スポーツ指導を行なったりと、白人の立場で批判も受けながらも自分達の意志を貫いてきた夫婦です。

クローヌ手作業でキャップシール


「スパークリングワインは、ワインの中でも最も製造工程が複雑で時間がかかるからこそ、多くの人も雇用できる。」

とニッキーさんは語ります。スパークリングワインは、雇用を産み出すワインだったのです。ここで働く黒人女性達の笑顔がいつまでも続くことを願っております。

ニッキー&マリー


次回に続く。

■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html

スポンサーサイト

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(12):トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイト1 

前回の続き。

 観光も終わって、今日からまたワイナリーツアーに戻ります。そろそろ皆さんも南アフリカに慣れてくる頃です。

 今日はちょっと遠いです。バスで約2時間から2時間半かかります。しかし、遠いけど皆さんに絶対行って欲しいワイナリー!です。2007年2月のツアーでも、最終日に聞いた参加者の感想の中で一番人気だったワイナリー、トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイト(Twee Jonge Gezellen Estate:通称クローヌ Krone)です。

 クローヌはステレンボシュより北に向かってトゥルバッハ(Tulbagh)という地域にあります。かなり田舎です。正直言って、車で向かってる途中は、窓の風景を見ながら「何もこんな田舎まで来る必要があるのか?」と思ってしまうほどです。

 しかし、ここに来たら

「ちょっと遠いけど、やっぱ、ここまで来て良かった!」

と思えるでしょう。

 クローヌは1710年から続く南アフリカを代表する伝統的な家族経営のワイナリー。南アフリカワインのバイヤーとして、現地の色々なワイナリーを回っていても、「トウェー・ヤンガ・ゲゼレン・エステイトのクローヌ・ボレアリスも輸入しています。」と言うと、「あそこは良い所だ。」と褒めてもらえる、正に南アの人達が認める存在です。

 ここはわずかに普通のスティルワインも作っていますが、何と言ってもスパークリングワインの専門として有名なワイナリーです。南アフリカでは、シャンパーニュ製法(瓶内2次発酵)でできたスパークリングワインのことをカップ・クラシック、またはメソッド・カップ・クラシック(Methode Cap Classque:MCC)と呼びます。

ニッキー&マリー2


 ここでは、スパークリングワインをメインに見学させてもらいます。ここのスパークリングは酸化防止剤無添加。それは、上の写真右の奥さん、マリーさんは酸化防止剤アレルギーで、御主人(写真左)のニッキーさんが

「愛する奥さんが飲めるスパークリングワインを!」

という想いで作った、クローヌ・ボレアリス・ブリュット(Krone Borealis Brut:下の写真)が有名です。前回のツアーでも1997、1998、2000、2001と違うヴィンテージで縦飲みさせて頂きました。10年熟成したワインは、とても美味しく、参加者の皆さんもかなり満足されていました。今年も、前回と同じように様々なヴィンテージの飲み比べをさせて頂こうと思っています。

このクローヌ・ボレアリスは、弊社でも人気商品で、私も個人的に大好きなワインです。美味しいのは、2000年、2001年にエアー・フランス・クラシック・トロフィ大会のスパークリング部門(シャンパーニュ製法)で金賞を受賞し、

「憎らしいほど極めてオリジナルのシャンパーニュに近い!」

と評されたことで証明されています。

20070509084448.jpg


 ここは、スパークリングワインが美味しいのはもちろんですが、何よりこの夫婦が素晴らしい。夫のニッキーさんがワインを作り、奥さんがワインの販売をしている小さな家族経営のワイナリーですが、心温まる二人です。ツアーでは、皆さんに是非この二人を紹介したいと思っています。お楽しみに。

次回に続く。

■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(11):ケープ半島周遊6  

前回の続き。

 ケープ半島周遊の最後は、モヨ(MOYO)・レストランで夕食。ここでは、アフリカンな食事を頂きながら、アフリカン・ミュージックとダンスを楽しんでもらいます。もちろん、南アフリカワインと一緒に。

 この時ばかりは

「アフリカに来たぞーーー!」

という気分になります。アフリカ人達の躍動感溢れるダンスと、大地の響きのようなドラムのリズムは日本人の我々にとってもかなり楽しめるエンターテイメントです。

「アフリカが好きになる瞬間」

でもあります。

モヨステージ


モヨ太鼓


 食事は野外の屋台で好きな物を取って食べるビュッフェ形式。様々なアフリカン・フードを堪能してください。そして、フェイス・ペインティング(下の写真)のサービスをしてもらったら、正にあなたもアフリカ人。もちろん太鼓は鳴りっぱなしなので、もう踊らずにはいられない!ワインも飲んで良い気分になったら、後はアフリカ人になって好きなだけ踊ってください。楽しい夜になりますよ。

モヨ屋台


モヨペインティング大橋さん


 ケープ半島周遊だけで1-6話まで使ってしまいました。いつになったら、残りのワイナリーの見どころに戻るねん???と、イライラしている読者もいらっしゃるかもしれません。これだけ色々紹介すると、まるで何日もかけているように感じるかもしれませんが、これらは全て1日で消化するイベントです。この日ばかりは、すごいハードな1日になりますので覚悟してください。

■モヨ・レストラン
http://www.moyo.co.za/index.asp

次回に続く。

■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html

月刊「酒文化」2008年1月号に掲載されました。 

 先日、酒文化研究所様より、「南アフリカワインについてまとめたものを書いてもらえませんか?」という御依頼がありまして、

「他国にはないユニークな南アフリカワイン」

というタイトルで拙文を投稿させて頂きました。

内容は、

・はじめにー「南アフリカワインってどんなワイン?」
・ワインづくり350年の歴史
・急成長の南アフリカワイン
・政府の政策ー「環境」と「黒人の経済的向上プロジェクト」
・南アフリカワインの特徴
・生産者紹介ー社会改革派のワイナリー「ポールクルーバー」
・世界と日本市場での展望

以上。

 興味のある方は是非お読みください。皆様の更なる南アフリカワインの御理解に役立てば幸いです。

 上記内容は、月刊「酒文化」2008年1月号(発行所:酒文化研究所)に掲載されました。

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(10):ケープ半島周遊5  

前回の続き。

 ケープ半島の最南端、アフリカ大陸の最南西端に位置する喜望峰とケープポイント。ここは、ケープ半島周遊の最終目的地となる。

 ここに向かう道も何千年も前から同じ風景なのでは?と思うほど、原始のままで残っている。このケープ半島の南端部分も国立公園になっていて、その幻想的な風景は、別世界に紛れ込んだかのようだ。ここには、ここにしか生息していないフィンボスという植物が大地を覆い尽くし、この風景を作り出している。風が吹くと、このフィンボス達が揺れて「ようこそ喜望峰へ!」と手を振ってくれているようにも見える。その原始の世界に、1本の文明的なアスファルトの道と自分達のバスが走る。これが喜望峰への道だ。海岸線は大きな波が打ち寄せ、昔から船の航行が難しかったということをうかがわせる。

 50%くらいの確率だと思いますが、運が良ければ野生のダチョウ達とも会えることでしょう。もちろん野生ですので、動物園のように必ず会えるという保証はございません。

20070402172224.jpg
喜望峰

20070402172311.jpg
喜望峰に立つ看板

 そしてゴール地点のケープポイント。ここに立つと頭の中にアフリカ大陸が浮かび、その最南西端に自分がいるんだと思うと、よくここまで来たもんだと感慨深い思いになる。ここも何度来ても良い所です。

■喜望峰とケープポイントの色々な写真を見たい方は、こちらまで。これがアフリカ大陸の端っこです。

20070402172237.jpg
ケープポイントからのオーシャンビュー

 ここには、トゥーオーシャンズ(Two Oceans)というレストランもあるので、ここでランチを頂く。360度広がる大パノラマのオーシャンビューを見ながらシーフードや美味しいワインを堪能します。ケープ・マレー・カレーなども美味しいです。このようにワイナリー以外でレストランで食事をする時は、まだ日本にも入ってきていない南アフリカワインを試すと良いでしょう。実際、南アフリカには日本に輸入されてないが美味しいワインがまだまだ存在する。そんなワインに触れるのも良いと思います。

 また、ケープポイントには郵便ポストもあります。お土産屋さんに絵葉書も切手も売ってるので、ここから普段会えない大切な人に「喜望峰より愛を込めて」とラブレターでも書いて送ることも可能です。南アフリカの郵便システムはしっかりしているので、2週間後には必ず日本に届きます。喜望峰から届く絵葉書はきっと喜ばれることでしょう。

■レストラン・トゥーオーシャンズ(Two Oceans)のサイトは、
http://www.two-oceans.co.za/index.php

次回に続く。

■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(9):ケープ半島周遊4  

前回の続き。

20070402171643.jpg


 ケープ半島周遊のもう一つの楽しみは、野生のペンギン達と会えることだろう。我々大人が見ても可愛いが、子供と一緒に親子で行くともっと良い。やはり子供達には動物園だけでなく、自然に生きている動物の姿を見せてあげるにかぎる。もし機会がございましたら、是非子供と一緒に訪ねてもらいたい場所です。

 ペンギン達は、ケープ半島の東側、サイモンズタウンのボルダーズビーチ(Boulders Beach)にいる。ここには2500羽ほどいるそうだ(サイモンズタウンのHP参照)。海に向かって歩いていくペンギン。海から上がって来てビーチを歩いているペンギン。ひなたぼっこしているペンギン。卵を温めているペンギン。一匹一匹見ているととても楽しく、時間が過ぎていくのを忘れてしまいます。ペンギンの可愛さは今更私が説明するまでもないです。皆さんもきっと楽しんで頂けることでしょう。沢山の写真を撮ってください。

20070402171702.jpg


次に続く。

■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html

ハリネズミのワイン:2008年の干支ラベル 

 今日でようやくクリスマス前の怒涛の出荷作業を終え、ホッと一息。途中で「オーダー・STOP!」したいくらいの時がありましたが、本当に感謝感謝です。皆さん、いつもありがとうございます。

 クリスマスという1年で最も大きなイベントでも、こうして「南アフリカワイン」を使ってもらえるようになったんだなあと、感慨深くなっております。皆さんに喜ばれる素晴らしいワインをいつも届けてくれる生産者にも感謝感謝です。

 あとは、来週の年末年始用の最後の出荷ピークをこなせば1年も終わりですね。弊社の最終出荷は27日(木)です。

 コンピューターを見てたら、遂に今年の目標予算を突破!ちょっと背伸びした予算でしたが、何とか今日で達成。一年間良く闘ったもんだと思いつつ、頭には既に来年の構想が色々と巡っております。「早く来年が来ないかなあ」と、1人でワクワクしております。

 さてさて、この2、3日、「ポークパインリッジ・シリーズ」が凄いペースで出ております。最初はあまりよく分かってなかったんですが、お客さんから「三宅さん、来年の干支はネズミでしょ。だからお正月用にハリネズミのワインを売ろうと思って。」

「なるほど!」

 バタバタしてるうちに来年の干支のことなど全く考えてなかったのですが、お客さんから言われて、「ああ、1本取られたな」という感じです。本来なら担当者としては、「来年の干支はネズミですから、是非ハリネズミのワインを使って下さい!」と、こちらから提案しなければならないはずでしょう。

ポークパインリッジ・シラー2004ラベル


 ということで、今週は皆さんに多量の「ハリネズミワイン」が持ち去られた状態でして、ソーヴィニョンブランが完売、カベルネも残りわずか、シラーはまだもう少しあるという在庫状況になってしまいました。ちょっと予想してなかったなあと、ちょっぴり反省。まだ欲しい!という方は早めにご連絡を。

 ポークパインリッジ・シリーズは、ゆっくりとスタートさせたアイテムですが、コストパフォーマンスの高さと印象的な可愛いラベルで人気も上がってきております。世界のあちこちでも「ベスト・バリュー・ワイン」に選ばれています。弊社も2002年のヴィンテージから扱っておりますが、最初の印象はパワフルなワインという感じでしたが、年々こなれてきて、品質も向上しているように思います。1000円代で買えるワインとしては、確かに価値ありの1本ですし、飲食店さんにも人気です。このワインは開封後もかなり長持ちする(1週間は大丈夫)ので、グラスワインとしても使いやすいアイテムです。

年明けにまた沢山入荷します。完売したアイテムの再出荷は2008年1月15日を予定しております。2008年もポークパインリッジ・シリーズは更に伸びそうな勢いです。

<ポークパインリッジ・シリーズ>
Porcupine Ridge

■ポークパインリッジ・シラー Porcupine Ridge Syrah
■ポークパインリッジ・カベルネ Porcupine Ridge Cabernet Sauvignon
■ポークパインリッジ・ソーヴィニョンブラン Porcupine Ridge Sauvignon Blanc

○生産者:ブーケンハーツクルーフ社の紹介⇒http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-69.html

年末年始の出荷予定の案内 

 年々季節感が無くなっていってるような気がしますが、もう今年も残り10日となってきました。地球温暖化のせいか?この時期になっても例年に比べて随分気温も暖かい感じですし、「ほんまに冬か?」と思ってしまいます。「暖かい冬」=「地球は大丈夫か?」とつい心配になります。

 さて、以下の通り年末年始のワインの出荷に関して案内致します。

年内最終受注日:12月26日(水)
年内最終出荷日:12月27日(木)
新年出荷開始日:1月7日(月)

 今年は例年より休みが長いです。必要と思われるアイテムは少し厚めの在庫でお願い致します。それでは残り少ないですが、最後まで全力で頑張りましょう。



南アフリカワインセミナー@ワインガーデン・リブゴーシュ(兵庫県芦屋市)on12月23日 

 クリスマス前の納品で忙しくしております。皆さん、大切な人や素敵な仲間と美味しいワインで楽しいクリスマスをお過ごしください。

 今年最後のイベントのお知らせです。12月23日(日)午後2時から兵庫県芦屋市のワインガーデン・リブゴーシュさんで南アフリカ・ワインセミナーを行ないます。

 南アフリカ・ワイナリー・ツアーの前でもありますので、ツアーで訪問する予定のワイナリーのワインを中心にピックアップしました。

・クローヌ・ボレアリス・スパークリング・ブリュット2001
・ルショフ・ソーヴィニョンブラン2006
・ブラハム・シュナンブラン2005
・ドルニエ・ピノタージュ2006
・アマニ・メルロ2004

是非美味しいワインを飲みに来てください。

以下はリブゴーシュさんからのメールの抜粋です。

+++++++

さて,表題の通り「南アフリカ・ワインセミナー」を以下の要領 にて開催いたします。
今,大人気の南アフリカワインの真相を探ってみたいと思います。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

☆日時:2007年12月23日(日)午後2時~4時
☆場所:ワインガーデン・リブゴーシュ
☆講師:細谷志朗(リブゴーシュ店長)&三宅 司(ワインバイヤー)
☆会費:2,100円(税込)
☆定員:15名様
☆試飲ワイン:南アフリカワイン6種(パン&チーズも含みます)

ワインガーデン・リブゴーシュ
■住所:兵庫県芦屋市公光町4-18
■電話:0797-21-5156
http://www.hint.ne.jp/afha/hp/index.php?id=30

南アフリカワイン3000円以上の買物で「グラスジュエリー」プレゼントby港屋(東京都世田谷区) 

 東京都世田谷区の港屋さんでは、

南アフリカワイン3000円以上の購入の方先着6名様に「グラスジュエリー」プレゼントの企画が行なわれています。

 詳しくは、港屋さんのブログで⇒http://www.minato-ya.net/blog/?p=179

 グラスジュエリーは、パーティなどの時に自分のグラスの脚の部分に付けて、他人のグラスと間違えないようにする為のアクセサリーみたいな物です。自分の家でパーティをする際に、色々なグラスジュエリーを用意して、皆さんに好きな物を選んで頂くとパーティがより楽しくなります。また、友人の家に呼ばれた時でもカバンに入れて持っていけば、自分のグラスを間違える事もないですし、きっと他の人にも「それカワイイ!」と話題になることでしょう。グラスジュエリーは今後日本でももっと広がると思います。

 欲しいという方は、今すぐ港屋さんにご連絡を!

地酒とワインの港屋
■住所:東京都世田谷区若林2-35-9
■TEL:03-3413-3718
■FAX:03-3413-3718
■URL:http://www.minato-ya.net/
■南アフリカワインセレクトショップ:http://www.minato-ya.net/shop/
■ブログ:「虹の国~南アフリカ~」に乾杯:http://www.minato-ya.net/blog/
■営業時間:午前10時~午後8時
■定休日:毎週月曜日

ラカ・ビオグラフィ・シラーズ2003が「ワイン王国」で5星! 

 先日12月15日発売のワイン王国(2008年1月号)の「ブラインドテイスティング3000円以下で見つけたシラー、シラーズはこれ!ザ・ベストバイワイン44本 」で

・ラカ・ビオグラフィ・シラーズ(Raka Biography Shiraz)2003が5星(税別参考小売価格2800円)
・ブラハム・シラーズ(Brahms Shiraz)2003が4星(税別参考小売価格2800円)


の評価を頂きました。どちらも弊社の人気シラーズです。

ワイン王国2008年1月号


 しかし、あいにくラカ・ビオグラフィ・シラーズ2003は人気の為にもう完売。弊社は既に2005のヴィンテージ(税別参考小売価格3000円)を販売しています。2005も変わらず美味しいです。ラカに関しては2002のヴィンテージから飲んでいますが、年々こなれた感じになってきていて美味しくなっていると思います。私個人的には、2003より2005の方がもっと美味しいし、好きです。2005も宜しくお願いします。

 でも2003も飲んでみたい!という方は、私の記憶では下記のお店でまだ少し在庫があると思います。興味のある方は連絡してみてください。

<ラカ・ビオグラフィ・シラーズ2003のあるお店>(2007年12月17日時点。在庫が無くなっていたらすみません。念の為ご確認ください)

■マキノ酒店
千葉県富里市日吉台5-10-7
電話:0476-93-2200
http://www.winedou.co.jp/

■フー・ド・ヴァン
兵庫県芦屋市大桝町7-13 セレーノ芦屋
電話:1階ワインショップ 0797-21-4060、2階ワインバー 0797-25-5351
http://www.foudevin.jp/

■㈱にろや / Vin du 268
兵庫県神戸市北区道場町道場128
電話:078-951-2324
http://www.ceres.dti.ne.jp/~riki/

南アフリカワイン会無事終了@泉屋(名古屋市緑区) 

 昨日無事に南アフリカワイン会(名古屋市緑区)を終えることができました。
 年末の忙しい中、準備をして頂いたひでやん、そして御参加頂いた皆さん、ありがとうございました。今回は皆さんで持ち寄りということで、美味しいパン、チーズ、お料理など、私も頂きました。ありがとうございました。

 昨日も楽しい会だったように思います。担当の自分が言うのも何ですが、ワインはどれも美味しかったー!まあ、南アフリカの代表的な優良ワイナリーのワインばかりだったので当たり前といえば当たり前ですが。

 昨日飲んだワインは下記の通りです。最後には勢い余って?貴重なブーケンハーツクルーフまで開いちゃって、そりゃー旨かった!

・クローヌボレアリス ブリュット
・ブラハム シュナンブラン
・アマニ シャルドネ
・ドルニエピノタージュ
・アマニ メルロ
・ブラハム シラーズ
・ドルニエ レッド

追加で、
・ラカ・ビオグラフィ・シラーズ
・ブーケンハーツクルーフ・セミヨン
・ブーケンハーツクルーフ・シラー

 南アフリカワイン会では、それぞれのワインはもちろん、ワイナリーの話やエピソード、南アフリカワインの歴史や概要、南アフリカの魅力など色々な話をさせてもらいます。日程やある程度の採算が合えば、何処でも参ります。

私の仕事は南アフリカやそのワインの魅力を伝える事です。

「南アフリカワイン会」を開催したいという方は三宅まで御相談ください。


泉屋(わいん商アン・ベロ)
■住所:愛知県名古屋市緑区鳴海町作町27-2
■電話:052-621-0080
■URL:http://www.envelo.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。