スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル・オペラ「魔笛」 公演@東京国際フォーラム:12月3-23日 

 朝夕は随分涼しくなってきました。ようやく赤ワインも美味しい季節が到来という感じですね。季節の変わり目ですので風邪など引かないように気を付けましょう。
 南アフリカも大統領交代ということで、また新しい政権が発足されました。より良い社会になる為に、国民の幸せの為に尽力を尽くして欲しいものです。

 さて、最近益々南アフリカの流れなのでしょうか。ワインに音楽、南アフリカの人や文化の力が世界中で発揮されている様です。ロンドンを震撼させた「モーツァルト×アフリカ!」の全く新しいパフォーマンス「魔笛(まてき)」が12月に来日します。私も観た事がないですが、観てみたいです!舞台演劇が好きな人は是非観てください! 

 2008年ローレンス・オリヴィエ賞を受賞し、ロンドンを震撼させた奇跡の『魔笛』が早くも来日決定。35人の南アフリカ人キャストたちがモーツァルトの名曲をなんと、マリンバとドラム缶、コーラスワークで奏でる。普遍のクラシックにゴスペル、ジャズ、R&B、そしてアフリカン・ビートが融合した音楽はパワフルで壮大。あなたの「魂(ソウル)」を確実に刺激する!(イープラス・ムービーのサイトより抜粋)

パフォーマンスの一部を動画で観てみたいという人は下記をクリックしてください。
http://mv-theatrix.eplus2.jp/article/104299218.html

【公演情報】
12/3(土)~12/23(火・祝) 
東京国際フォーラム ホールC 
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 電話 : 03-5221-9000
http://www.t-i-forum.co.jp/general/index.php

スポンサーサイト

酒商 伊勢屋(兵庫県宝塚市) 

 宝塚市のワイン屋さんと言えば、品揃えも豊富な伊勢屋さんではないでしょうか。清荒神(きよしこうじん)参道にお店がありますので、是非お参りの際には立ち寄ってみては?と思います。

 「色々なワインを試したい!」、「ワインをもっと知りたい!」という方は毎月行なわれている「ワイン塾」に参加されるのも良いと思います。毎回数十種類のワインと食事まで付いて参加費は5000円です。また、直営で「ビストロ&ワインバー ラグー」も経営されています。
 
酒商 伊勢屋
■住所:兵庫県宝塚市清荒神1-17-18
■TEL:0797-86-2822
■FAX:0797-86-2828
■営業時間:10:00~21:00
■定休日:水曜日
■URL:http://www.jttk.zaq.ne.jp/iseya/index.htm

ビストロ&ワインバー ラグー
■住所:兵庫県宝塚市清荒神1-17-18 酒商 伊勢屋B1
■TEL:0797-81-2000
■営業時間:12:00~14:00(LO) 18:00~22:00(LO)
■定休日:水曜日

アルバイトでも扱い易い南アフリカワイン 

 先日得意先のある飲食店様を訪問し、店長の話を伺いました。

 彼がおっしゃたのは、「フランスワインやイタリアワインをメニューに載せると、必ずこんな味やなかった。こんな温度ではない、などワイン通のお客さんの中にはそういうことを言う人が必ず出てくる。うちはワインバーでもソムリエがいるようなレストランでもない。お客さんと接しているのはアルバイト達。彼らでは、ワインに詳しいお客様にはなかなか対応できない。
 しかし、南アフリカワインなら知らない人も多いし、あまり言われることもない。アルバイトでも瓶を開けてグラスを持っていくだけで良い。また、南アフリカワインは開けてすぐに美味しく飲めるワインが多いし、リーズナブルで味もしっかりしているのでお客さんにも喜んでもらえる。結局は扱い易いワイン。ワインのことをあまり知らないアルバイトでも対応できるワインなんです。」

 「なるほど。」

 もちろんアルバイトでも、お店としては少しでも知識やサービスの向上に努めることが大切ではあるが、実際はどのお店もワインを知っているスタッフは1人くらいで、その人が休んでいたり、他の人を接客したりしていたら「他のアルバイトでは対応できない」という上記のようなことが、日本中のどこの飲食店でも起こっている。飲食店のアルバイトは流動的で教育しようとしても長く続かないことも多くの飲食店様の悩みだ。

 そのような状況の中で、「知識の少ないアルバイトでも扱いやすくて、お客さんに喜ばれやすい南アフリカワイン」は、まだまだ日本中の飲食店で活躍できそうだ。店長さんからはとても良いヒントをもらえた訪問でした。

本格溶岩焼肉 みやび(神奈川県平塚市) 

 以前にも紹介しました溶岩焼肉店の「みやび」さん。美味しい絶品のお肉を食べたくなったら是非「みやび」さんに行って欲しいというお店です。オーナーさんに店長さん、スタッフの皆さんが大の南アフリカワインのファンで、ワインは全て南アフリカワイン!リーズナブルなものからプレミアムなワインまで色々揃っています。

 その「みやび」さんが、今年近くにラーメン屋も出したんです。ラーメンと言っても、こちらは「佐野ラーメン」。「佐野ラーメンってなんやねん?」と私も知らなかったのですが、栃木県佐野市がオリジナルのようで、モチモチしたうどんのような触感の平打ち麺のようです。

 その佐野ラーメン、私も食べてみました。スープは醤油ベースで鶏と豚を使用しているそうです。「透明感のある、とてもあっさりしたスープ。しかし、旨みがある!」塩ラーメンが好きな私には嬉しいラーメンでした。若い人にはトンコツや辛口ラーメンが良いのかもしれませんが、「佐野ラーメンは、大人でも食べたい、うどんのように毎日食べても飽きない、あっさりだけど旨みのあるラーメン」という感じです。さすがお肉屋さんだけにチャーシューも旨い!ランチの時間は御飯も付いてたったの500円!美味しくてお腹もいっぱいのワンコイン・ランチに「あっぱれ!」でした。焼肉の後にも、さらっと食べれるラーメンかもしれませんね。あっさりラーメンだと寂しいという方には味噌ラーメンなどもあります。

本格溶岩焼肉 みやび
■住所:神奈川県平塚市明石町14-22
■TEL 0463-25-2929
■定休日 毎週水曜日(祭日、祝前日は除く)
■URL:http://www.yakiniku-miyabi.jp/

佐野ラーメン みやび
■住所:神奈川県平塚市宮の前5-2
■電話:0463-24-8219

あら田(東京都千代田区):和と洋の総作料理 

 「和と洋の総作料理」のあら田さん。美味しいお料理と充実したワイン、そして気持ちの良いサービスを提供されているお店です。毎日築地で仕入れされている魚も新鮮で美味しいです。南アフリカワインも沢山扱って頂いております。ワインに迷ったらソムリエさんにオススメを聞いてください。

あら田
■住所:千代田区有楽町1-2-15UNビル1・2階
■TEL/FAX:03-5251-4660    
■URL:http://www.arata1999.com/
■営業:
◎ランチタイム:月曜日~金曜日 11:30~14:00ラストオーダー
   土曜・祝祭日 12:00~15:00ラストオーダー
◎ディナータイム:月曜日~土曜 17:30~22:00ラストオーダー
   金曜日のみ23:00ラストオーダー
   祝祭日(日曜営業日) 17:00~21:00ラストオーダー
■定休日:日曜日(但し連休の場合は最終休日に振り替えます)

ワイン関西2008(@大阪市天満橋OMMビル):10月23日(木)  

 今年もワイン関西2008(第19回 Wine Kansai 2008)の季節が近づいてきましたので、下記の通り案内致します。お時間ございます方は是非ご来場ください。

 ワイン関西は、関西では1年で一番大きなワイン展示会です。毎年約50社が出展し、1000名以上の来場者がございます。 弊社にとっても大事な展示会の1つです。1人でも多くの方に南アフリカワインの魅力を伝えたいと思います。

ワイン関西2008
■日時:2008年10月23日(木) 10:00-17:00
■会場:大阪マーチャンダイズマートビル(OMMビル)2階展示ホールC
■会場住所:大阪市中央区大手前1-7-31
■会場電話:06-6943-2020
■対象:酒販店、飲食店様
■アクセス(最寄り駅):地下鉄谷町線または京阪電鉄で天満橋(てんまばし)駅下車すぐ

◎弊社は今年入荷した南アフリカワインの新商品、そして定番の人気アイテムを中心に30種くらいを出品する予定です。

また今年も新しい出会いを期待しながら、皆様のおこしを心よりお待ちしております。

南アフリカワインを楽しむ会&出張無事終了 

 先週からの出張を終え、昨日無事帰阪しました。
 今回の出張では、イベントはもちろん、年末ににかけての仕事の打ち合わせや、来年の企画などの話をしてきました。また、新しいお客様を紹介して頂いたり、多くの新しい出会いもありました。御陰様で充実した出張になりました。皆様、貴重なお時間を頂きましたこと厚く御礼申し上げます。

 今回は、特に「フェアトレードのワインに力を入れていきたい。」、「フェアトレードのワインでは業界で一番になりたい。」、「ヨーロッパに負けないくらいフェアトレード商品を扱いたい。」など、フェアトレードワインへの取り組みに対して非常に熱心に語ってくれたお客様が多くいらっしゃいました。「フェアトレード」への関心が随分広がっていることを強く感じました。大変嬉しいことです。

 これから年末にかけては一番ワインが売れる時期です。ワイン屋としてはこの一番大事な時に沢山販売したいものです。また、2010年のサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会を機会にお店を宣伝したい方は、来年の夏までに「これからが最後の宣伝期間の1年」として、イベントや広告・宣伝、様々な情報発信など、しっかりとアピールすることが必要です。そうすると、良い2010年が迎えることが出来ます。頑張って行きましょう。

 最後に恒例となりました「南アフリカワインを楽しむ会」もいつも通り盛り上がって楽しい会となりました。ご参加頂いた方、ご準備やお片づけをして頂いた方、本当にありがとうございました。イベントの様子は以下のブログでも紹介されています。

■港屋様主催@巴屋(東京都世田谷区):9月12日(金)
http://www.minato-ya.net/blog/?p=635

■サウスウインド様主催(静岡県浜松市):9月13日(土)
http://southwind-tahara.jp/blog/2008_9_14_162.html

また次回皆様とお会い出来ることを楽しみにしております。ありがとうございました。

三宅

ワインフェスティバル@ホテル日航姫路:10月26日(日) 

 Wカップ・アジア最終予選、初戦のバーレーン戦を勝利し、日本も好発進できました。良かったですね。次は10月15日のウズベキスタン戦。連勝して勢いをつけたいものです。最終予選は来年6月まで続きます。予選のスケジュールはこちら⇒http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-748.html

 さて、秋ということで、イベントも沢山入って来ています。今秋も忙しくなりそうです。
 10月26日(日)は、昨年も参加させて頂いたホテル日航姫路様での「ワインフェスティバル」。今年は10月26日(日)です。

こちらのイベントは、

・世界中から集められた数百種類のワインの試飲
・一部有料の高級ワインの試飲も有り
・多彩なフードメニュー
・音楽ライブ
・セミナー
・セール(ワインは20%OFF!)
・プレゼント抽選会

など、ワインを楽しむ内容盛り沢山の内容です。昨年も多くの方におこし頂きました。今年も「美味しい南アフリカワイン」を沢山持って参りますので是非皆さんお楽しみに。
イベントの詳しい内容は、こちら⇒http://www.hotelnikkohimeji.co.jp/event/200808wine.html

■日時:2008年10月26日(日) 受付13:00- 開場13:30-18:00
■場所:ホテル日航姫路3階 光琳の間
■前売り:お1人様2800円(フードクーポン500円、税、サービス料含む)。
当日券は3500円(フードクーポン500円、税、サービス料含む)。
■予約・問い合わせ: 電話079-224-3911(宴会予約係10:00-19:00)

ポールクルーバー・ピノノワール2006 

ポールクルーバー・ピノノワール2006 Paul Cluver Pinot Noir

ポールクルーバー・ピノノワールラベル

 ポールクルーバー・ピノノワールのヴィンテージが変わりましたので案内致します。比較的高いピノノワール種の中では、リーズナブルでコストパフォーマンスの高いピノノワールとして人気の高い商品です。かつて某カリスマ・ソムリエも「品質なら5000円クラス!」と絶賛してもらいました。このピノノワールは、これまで通り新世界と旧世界ワインのちょうど中間的なニュアンスです。

 ポールクルーバーは、
・家族経営
・1896年から4代続く農家
・冷涼なエルギン地区のテロワールを表現したワイン作り
・少量生産、自社畑で管理、丁寧な手作りワイン
・自然・人・地域社会の発展に貢献するワイナリー
として、他のワイナリーと比べてもユニークさを保っている。また、ジャンシス・ロビンソンをはじめ、ワインの品質においては、世界中で高く評価されており、「南アフリカで最も伸びているワイナリー・トップ10やベストバリュー・ワイナリー・トップ10(Wine Report 2007 by Tom Stevenson)」などにも選ばれている。今後も益々期待したいワイナリーである。

■税別参考小売価格:2500円 ■生産者:ポールクルーバー/Paul Cluver ■生産地域:エルギン ■ブドウ栽培地:エルギン ■品種:ピノノワール100% ■タイプ:赤・フルボディ ■アルコール度:14%未満 ■樹齢:14-17年(1989-1992年から) ■収穫量:4.5トン/ha(31.5hL) 生産量:13200本 ■熟成ポテンシャル:5-7年 ■JAN:6009609150059 ■荷姿:750mlx6入り
■製造:収穫量を落としてブドウを厳選。コールド・マセラシオン(低温での醸し)後、発酵。オーク樽に移してマロラクティック発酵後11ヶ月熟成(新樽20%残りは2年目と3年目の樽を使用)。 ■味:ベリー系の香りに、ほんのりとチョコレートやコーヒーなどの香りも感じる。柔らかな酸味と豊かな果実味、しっかりとしたタンニンとボディを持ち合わせたバランスの良いピノノワール。
■評価・授賞:ジョン・プラッター・ワインマガジン(南ア)で4星。毎年行われる南半球3カ国(南ア、豪州、NZ)ワイン大会でトップ10に選出される。
■セールスアピール:リーズナブルでコストパフォーマンスの高いピノノワールとして人気。かつて某カリスマ・ソムリエも「品質なら5000円クラス!」と絶賛。 ■発売開始:2008年9月
■ポールクルーバー・ワイナリーのサイト:https://www.cluver.com
■ポールクルーバー・シリーズ:価格は税別参考小売価格
・ソーヴィニョンブラン 2000円 ・シャルドネ 2300円 ・ピノノワール 2500円 ・セブンフラッグス・ピノノワール 6000円 ・カベルネ・ソーヴィニョン 2300円
・スローワイン・シュナンブラン&ソーヴィニョンブラン 1500円 ・スローワイン・メルロ 1500円

フェアトレードにおける「伝え方」 

 最近フェアトレード(発展途上国の経済的に貧しい人々が作った物を継続的に購入することを通して彼らの経済的な自立を応援することを目的とする貿易)への関心が高まって来ています。時々私の所にも「どうすればフェアトレードは成功するのですか?」とか、「フェアトレードに関心があるが、どのような勉強をすれば良いですか?」というようなメールが届きます。

 本当の正解は常に探し続けるしかないのかもしれませんが、今回は「伝え方」について書いてみます。
 アジアやアフリカの貧しい人達の悲しい顔を流す映像やポスターで、「このような悲惨な状況の子供達を助けてあげて下さい!」という情に訴える方法がよくあります。このような状況も事実ですし、その現実を隠したり目をつむったりする必要はありません。
 ただ、このような伝え方では、「アフリカって貧しい、悲惨、かわいそう」という「マイナスのイメージ」ばかりが頭に残ります。そしてそれが偏見にもなります。偏見ができると物事を客観的に見たり考えたりすることも出来なくなります。結果として「与えるだけの援助」になったり、「(助けてあげるという)上からの目線」で相手を見てしまうことになることもあります。そのような目線で現地のプロジェクトをすると「こっち(日本側)がこれだけやってるのに現地の連中は反応がない!」というふうになってしまうこともあります。

 それよりも、むしろ「その国や地域の美しい風景や、素晴らしい特産物、貧しくてもそこで一所懸命働く人達の映像」を伝えることの方がもっと良い。これらは「プラスイメージ」を形成し、その国や地域への関心も高まります。そうすれば、中には積極的に関わろうとしたり、現地を訪れたいなど、ポジティブな考えや行動につながっていく。結果として、楽しいこと、ハッピーなことだからどんどん自然に広がります。

 どの個人、民族、地域、国にも得意・不得意、素晴らしい点も問題点もある。経済的な物差しで見れば、アメリカや日本が優位でしょう。しかし、サッカーならブラジル。陸上短距離ならジャマイカ。中長距離なら東アフリカ勢など、別の視点や角度で観れば必ず何処にでも誰にでも世界で通用するような長所があるはずです。勉強で留学するなら欧米かもしれないが、サッカーならブラジルに留学する人もいる。個人でも計算が得意な人もいれば、運動が得意な人、絵が上手な人もいる。
 世界を見渡せば、とても美しい色彩と模様の伝統的な織物を作っている民族も各地にいる。その手先の器用さには感心するが、その多くは女性達が支えている。それらをどのように伝え、どのようにアピールしていくかです。例えば、南アフリカのプラスイメージとマイナスイメージを挙げてみると、

<プラスイメージ>
・世界でも最も花や植物が多い地域の1つ。
・陸上の野生動物が最も多い国の1つ。
・世界で最も鉱物資源の多い国の1つ。
・世界で通用する素晴らしいワインがある。
・ラグビーなら1995年、2007年のワールドカップで優勝した。
・世界中の人達を魅了するミュージカル(音楽)がある。
・様々な民族の様々な文化がある。

<マイナスイメージ>
・世界で最も犯罪率の高い国の1つ。
・世界で最も経済的格差が大きい国の1つ。
・世界で最もHIV感染者の多い国の1つ。
・かつては差別的なアパルトヘイトがあった。

などがすぐに思い浮かんできます。

 世界一とまで行かなくても、世界で通用する(世界で戦える)レベルの物であれば、そしてその得意分野で戦えば、きっとチャンスはあります。その得意分野を見つけ出し、伝え、育て、プロデュースしていけば、きっとフェアトレードも広がり、多くの人に受け入れてもらえると思います。

 私は、たまたま偶然にも南アフリカのワインと出会う事が出来ました。それを作る素晴らしい人々とも出会えました。「こんな素晴らしいワインや人々を熱心に伝えている日本の会社は1つも無いのでは?」、「ワインならフェアトレードを明るく楽しく伝えることが出来るかもしれない。」と思い、ワイン専門家でもなかったですが、この業界に後発で参入しました。最初は大変苦労しましたが、御陰様で来年で10年を迎えます。多くの御支援も頂き、少しずつですが確実に広がっています。「伝え方」は本当に大事だと思います。フェアトレードが少しでも広まれば、そしていつかこのようなことをしなくても済むようになればと願っております。


 来週13日(土)に浜松で「フェアトレードワインのイベント」を行ないます。興味のある方は下記を御覧下さい。皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております。
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-746.html

スーザン
タンディ・プロジェクトのCEOのスーザン(タンディ・プロジェクトはフェアトレードワインとして成功し、マンデラ賞も受賞しました。)

ポールクルーバー・セブンフラッグス・ピノノワール2006 

ポールクルーバー・セブンフラッグス・ピノノワール2006
Paul Cluver Seven Flags Pinot Noir

ポールクルーバーセブンフラグスピノノワール

 弊社の人気ワイン、ポールクルーバー・シリーズにフラグシップのピノノワールが入荷しましたので案内致します。限定60本ですので早い者勝ちです。
 名前は「セブンフラッグス・ピノノワール」。名前の由来は、ポールクルーバー家の紋章(西洋の鎧兜(よろいかぶと)に7つの旗が付いてる)から来ている。ポールクルーバーのこれまでのピノノワールは新世界と旧世界ワインのちょうど中間的なニュアンスのピノノワールだが、このセンブンフラッグスは、よりクラシックなブルゴーニュのニュアンスに近い。

 ポールクルーバーは、
・家族経営
・1896年から4代続く農家
・冷涼なエルギン地区のテロワールを表現したワイン作り
・少量生産、自社畑で管理、丁寧な手作りワイン
・自然・人・地域社会の発展に貢献するワイナリー
として、他のワイナリーと比べてもユニークさを保っている。また、ジャンシス・ロビンソンをはじめ、ワインの品質においては、世界中で高く評価されており、「南アフリカで最も伸びているワイナリー・トップ10やベストバリュー・ワイナリー・トップ10(Wine Report 2007 by Tom Stevenson)」などにも選ばれている。今後も益々期待したいワイナリーである。

■税別参考小売価格:6000円 ■生産者:ポールクルーバー/Paul Cluver ■生産地域:エルギン ■ブドウ栽培地:エルギン ■品種:ピノノワール100% ■タイプ:赤・フルボディ ■アルコール度:15%未満 ■樹齢15年(1991年から) ■収穫量:4トン/ha(28hL) ■生産量:2880本(限定品) ■JAN:6009609150318 ■荷姿:750mlx6入り(木箱入り)
■製造:ポールクルーバーのこれまでの経験で、最も上質のブドウが採れるブロックを選び、さらに収穫量を落として栽培。酸味、果実味、ボディのバランスがベストになるように努めた。コールド・マセラシオン(低温での醸し)後、発酵。オーク樽に移してマロラクティック発酵後11ヶ月熟成(新樽50%)。 ■味:チェリーの香りに、ほんのりスパイシーな香りやキノコなどの香り。心地よい酸味、程良いタンニン、美しくキメの細かいなめらかな口当たり。上品でクラシックなピノノワール。
■評価・授賞:「上品さにおいて最大限表現されている。」(ワインマガジン2008年3月号:南ア)など。
■セールスアピール:ポールクルーバーのフラグシップワインで日本への輸入60本の超限定ワイン。美しく洗練されたクラシックなタイプのピノノワール ■発売開始:2008年8月
■ポールクルーバー・ワイナリーのサイト:https://www.cluver.com
■ポールクルーバー・シリーズ:価格は税別参考小売価格
・ソーヴィニョンブラン 2000円 ・シャルドネ 2300円 ・ピノノワール 2500円 ・セブンフラッグス・ピノノワール 6000円 ・カベルネ・ソーヴィニョン 2300円
・スローワイン・シュナンブラン&ソーヴィニョンブラン 1500円 ・スローワイン・メルロ 1500円

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。