スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワインを楽しむ会@プログレYOKOYAMA(大阪市北区):2/25(金) 

毎日忙しくて、随分御無沙汰してました。でも元気で毎日頑張っております。

さて、今週25日(金)に大阪の人気イタリアン「プログレYOKOYAMA」で南アフリカワインを楽しむ会を行います。今回はワインも料理もゴージャスに行きます!かなり贅沢な会になると思います。私も楽しみですが、ご参加される方と一緒に楽しみたいと思います。

以下、お店からの案内です。

++++++

第4回 プログレYOKOYAMA ワインとお話と料理を楽しむ会 
テーマ  『南アフリカワインの魅力』
~株式会社マスダ 営業本部 南アフリカワイン事業担当 三宅司氏を迎えて~


 昨夏、日本中が注目した「2010年FIFAワールドカップ」の開催国となった南アフリカということで、当店では「ロバートソンワイナリー」のソービニオンブラン&シラーズ(輸入元㈱マスダ)が大変人気でしたが、南アならではのびっくりするほどのリーズナブル価格にして、そのクオリティーの高さには驚くべきものがあり、その部門でご自身の知識を最大に活用されながら大活躍されている三宅司氏をお招きしてのワイン会の開催がこの度、当店で実現いたしました。

 先月、現地南アフリカにいっておられ帰国されたばかりの三宅さんならではの新情報や、「フェアートレード」(発展途上国で作られた商品を買うことで、または、継続的に買い続けることによって、途上国の仕事作りや、安定した収入を応援することを目的とした貿易)にみられる世界から注目度の高い取り組みのお話など、企画は盛りだくさん!

 2月というこの寒い季節に、暖かなアフリカ大陸最南端の国のワインのお話とワインとお料理を味わっていただく会が開催できますことがとても嬉しく思います。ワインの質、品数とともに、普段味わえないクラスのワインもご用意する予定です。ご参加くださるすべてのお客様に、温かく新しい風が吹きますよう、今回も楽しいワイン会にしたいと思います。お忙しいとは存じますが、この機会をお見逃しなく、ぜひみなさまのご参加をお待ち申し上げております。

●日時:平成23年2月25日(金)夜7時より
●場所:レストランプログレYOKOYAMA
●大阪市北区西天満1-2-25 電話06-6131-0308
●会費:12000円(税込・サービス料なし)会費にはワイン7種、料理、セミナー代金を含みます)
●参加ご希望のお客様は、お手数ですが当店までお電話くださいませ。会費は現金のみ。
●URL:http://montelato.jp/      

講師 三宅 司 氏 ご紹介 
㈱マスダ営業本部 南アフリカワイン事業担当 
関西学院大学商学部卒業後、1996年に南アフリカに渡る。ケープタウン大学教育学部大学院を卒業し、99年に帰国。南アフリカワインの輸入事業を開始。2001年㈱マスダ(http://www.masuda-jp.com/)入社、南アフリカワインの輸入と販売を担当し現在に至る。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドヴァイザー。
人気サイト『三宅の南アフリカ入門』では、ワインをはじめ、南アフリカの魅力を紹介されています。

三宅さんセレクトのワインアイテム決定!
(今回はコストパフォーマンスの素晴らしさが反映されてます!種類もいつもの6種から、デザートワインがプラスされてなんと7種に!)

1、泡 クローヌ・ボレアリス・ブリュット  2007年
「乾杯、夫婦愛から生まれた酸化防止剤無添加スパークリングについて」

2、白  ドルニエ・シュナンブラン2010年
「南アフリカの2010年ラベルについて、持続可能な農業について」

3、ロゼ  ココアヒル・ロゼ2008年
「ココアヒルの子供の教育支援50円プロジェクトについて」

4、赤 ブラハム・ピノタージュ2007年
「ピノタージュ、女性弁護士のワイン、自然派のブッシュヴァインについて」

5、赤・デヴォール・トップオブザヒル・ピノタージュ 2003年 
南アフリカのトップ・ピノタージュとも言えるフラグシップ的な商品。4番に続き、南アフリカならではのブドウ品種、ピノタージュの醸造、ヴィンテージ、価格、それぞれの比較をお楽しみいただけますので『お客さまにとっても貴重な体験となると思います』と三宅さんもお薦めの1本!樹齢60年、世界最古のピノタージュをお楽しみ下さい。

6、赤 アマニ・カベルネフラン&メルロ  2008年
「南アフリカワイン史上初の黒人女性ワイン醸造家カルメン、ピンクリボンワインについて」

7、デザートワイン ポールクルーバー・ノーブルレイトハーベスト2009年
「デザートワインについて」

-----以上-----


豪華ですね~。凄いラインナップです。お客様には必ず喜んで帰ってもらいます。お楽しみに。

スポンサーサイト

ワインでバレンタイン Vol 2 

          

         バレンタインお役立ちレシピ Vol 2 


★ ポールクルーバー・ノーブルレイト・ハーベスト×パン・デピス★


私達が心がけていますのは、テーマとなるワインにマリアージュし、
どなたでも気軽に 手に入る食材で、 簡単に、ヘルシーに、そして美味しくて且つ豪華に見えるお料理レシピを ご紹介する事です。 ぜひ、お役立て下さい。


サッチー 「私の周囲には、甘いものが苦手でも、甘口ワインならば好き!
     というのん兵衛さんが多いのですが、甘口ワインに合わせる、
     甘さ控えめのデザートがあったら、ワインとセットでプレゼント
     できますね! そんなレシピ、お願いできますでしょうか?」

豆子先生「フランスのお菓子、パン・デピス(ジンジャーブレッド)などは
      いかがでしょうか?
      スパイスとジンジャーの味わいの中に、ほんのりと蜂蜜の甘さを
      感じる、大人っぽいデザートです。」

サッチー「楽しみです!!今回のワインは、ポールクルーバー・ノーブルレイト・
    ハーベスト。  
上品な甘さがうっとりとしたリッチな気分にしてくれます。
      こちらも贈り物に最適です。」



【パン・デピス】

<材料(8cm×20cm×6cm型)>
全粒粉    80g
ライ麦粉  70g
アーモンドパウダー  30g
ベーキングパウダー 小さじ2
卵    1個
牛乳    150cc
はちみつ  100g
シナモン  小さじ1
ナツメグ  小さじ1/2
カルダモン 小さじ1
八角        1/2個
しょうが(すりおろし)  小さじ1

<作り方>
1.はちみつを湯煎にかけらさらになるようにする。
2.八角はビニール袋に入れ麺棒などで叩いて細かくする。
3.粉類をふるい、他の材料とともにボウルに入れ(1.2.も)さっくり掻き混ぜる。
4.クッキングシートをひいた型に3.を入れ160℃に余熱したオーブンで50~1時間焼く。




パンデピス
サッチー「様々なスパイスの良い香り!しょうがと蜂蜜の相性もとても良いですね。」
豆子先生「持ちも長いので、贈り物としても便利ですよ♪」
サッチー「こちらの他、市販のラムボールにもワインを合わせてみても
      美味しかったです。大人のお菓子に合うワインですね!」



 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。