スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワイン・ウィーク(9/14-20)@ラブワイン天満店&同心店/大阪市北区天満(3)  

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27011479/
南アフリカワイン・ウィーク PART3
@ラブワイン天満店&ハナレ/大阪市北区天満

前回の続きで、南アフリカワイン・ウィーク@ラブワイン(9/14-20)のアイテムの解説です。

<グレネリー>
http://masuda-jp.com/brand/?p=6
⑥グラスコレクション・カベルネ
もうお馴染みになったかもしれません。ボルドー2級、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの元オーナーが南アフリカで手掛けたフレンチ・スタイルの人気ワイン。キメ細やかでなめらか、奇麗な酸のあるカベルネです。果実味もボディもしっかりあるのですが、重さを感じさせないワインなので、様々なお料理に幅広く合わせやすいです。

<ラーツ>
http://masuda-jp.com/brand/?p=71
⑦レッド・ジャスパー
あのシャトー・シュヴァル・ブランに匹敵し、「南アフリカのカベルネフランの神様」、「南アフリカワイン業界の至宝」と呼ばれるラーツ。オーナー兼醸造家のブルーワーはカリスマ的な存在。南アフリカワインを色々飲んできた私の経験の中でも凄いと思わせる生産者。このレッド・ジャスパーは、カベルネフラン他、マルベック、カベルネソーヴィニョン、プチベルド、メルロのブレンドです。私の経験では、開封後3日目に美味しさのピークが来ました。従って、このワインは、ボトルで開けるよりもグラスワインで飲むことをお薦めします。

PART1-3までワインの解説をしてきましたが、これで終了。
あとは皆さんで実感してください。
私もふらりとお店で飲んでるかもしれません。
良い1週間を!

スポンサーサイト

南アフリカワイン・ウィーク(9/14-20)@ラブワイン天満店&同心店/大阪市北区天満(2) 

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27011479/
南アフリカワイン・ウィーク PART2
@ラブワイン天満店&ハナレ/大阪市北区天満

前回の続きで、南アフリカワイン・ウィーク@ラブワイン(9/14-20)のアイテムの解説です。

<ラステンバーグ>
http://masuda-jp.com/brand/?p=67
ステレンボシュ地区で300年以上続く南アフリカが誇る超名門ワイナリー。比較的標高が高く、冷涼な気候で、しっかりした酸味、キメ細やかで繊細、美しくエレガントなワインを生産しています。
④ソーヴィニョンブラン
酸味のしっかりした、奇麗でクラシックなスタイル。サラダ、野菜や魚のお料理と合わせてみてください。

<グラン・プロヴァンス>
http://masuda-jp.com/brand/?p=65
南アフリカ・ケープタウン郊外の美しいグルメ・タウン、フランシュックの街にある伝統あるワイナリー。ワイン製造以外にもホテル、レストラン、ギャラリーも経営するラグジュアリーな空間を提供している生産者です。
⑤ロゼ
個人的にはロゼが好きなんですが、久しぶりに自分の好みにフィットするロゼを発見しました。
美しくて、淡いサーモンピンク色。爽やかさと、ほんのり果実の甘みも感じます。思わず「もう一杯!」と、おかわりしたくなる爽やかで上品なロゼです。魚介類や卵との相性が良いです。

次に続く。

南アフリカワイン・ウィーク(9/14-20)@ラブワイン天満店&同心店/大阪市北区天満(1) 

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27011479/
南アフリカワイン・ウィーク PART1
@ラブワイン天満店&ハナレ/大阪市北区天満


明日からラブワインで南アフリカ週が始まります。9/14-20。
美味しい南アフリカワインがリーズナブルな価格で飲めますよ。
そこで、今回のラインナップをちょっと解説しておきましょう。

まずはセダバーグから。
以前にも紹介しましたが、南アフリカワインの最高峰、標高1000mにブドウ畑を持ち、冷涼な気候を利用して、凝縮した果実味と香り、キメ細やかで繊細、シルクのようなエレガントで奇麗なワインの生産者です。

ここは、長い日照時間、冷涼でブドウがゆっくり育つ環境、他社よりも発酵に時間をかけ、酸味、果実味、香り、エレガントさ、ワインに必要な全ての要素がMAXでバランス良く詰め込まれたワインが産まれる環境です。

私も沢山の南アフリカワインを試飲してきましたが、ここのワインは特別ですね。他ではなかなか見つからない程のレベルの高いワインです。さすが南アフリカワイン業界トップクラスの実力です。今回は、そのセダバーグから3種選ばれています。

<セダバーグ> 
http://masuda-jp.com/brand/?p=69
①ブランドブラン(泡白辛口)
熟成に4年半をかけ、シャンパンに負けないキメ細やかな泡が至福です。
②シュナンブラン(白辛口)
私が惚れ込んだアイテム。凝縮した香りと果実味、キメ細やかで酸味とのバランスが素晴らしい1本。
③シラーズ(赤フルボディ)
凝縮した果実味、キメ細やかでシルクのようななめらかさを持つ美しいシラーズ。
  
次に続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。