スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■いよいよワールドカップ開幕!■■ 

さあ、ついにやってきた6月11日。
いよいよ開幕ですね。
今日から始まる4年に一度の祭典。
1ヶ月におよぶ戦いの始まりです。
私も興奮してます!


開幕には、あのマンデラ元大統領(91歳)も出席されるとのこと。
最近は、足腰も弱って公の場にでる機会も減っています。
貴重な彼の姿を世界中の人は見ておくべきでしょう。

くしくも6月11日は、マンデラ氏が46年前にアパルトヘイト反対運動をしている最中に国家反逆罪で有罪判決を受けた日。終身刑となった彼は27年間の獄中生活を経て94年に新生南アフリカの大統領に、そして引退後は、ワールドカップ誘致に尽力した。その彼が、今日の開幕に現れます(参照:読売新聞2010年6月10日夕刊)。みんな観てください。

そして、南アフリカはサッカーだけではない。多彩な民族が集まっている国。今日の開幕のセレモニーでもきっと南アフリカの民族音楽の演奏など、南アフリカらしい演出が観られることだろう。エンターテイメントの企画が楽しい南アフリカでのワールドカップ開幕。皆さん、是非開幕のセレモニーも楽しみにしてください。


今週も忙しくて、事前にお知らせ出来なかったのですが、昨日の夜10時から「NHKジャーナル」(NHKラジオ第一)で南アフリカ特集があり、私も南アフリカという国やワインの魅力についてコメントさせて頂きました。

今日はテレビ朝日の「スーパーモーニング」(8:00-9:55)で南アフリカの特集があるそうです。昨日の夕方に電話があり、南アフリカワインのことについて聞かれました。きっと私の名前とかは出ないと思いますが、お時間ございます方はご覧ください。

また、朝日新聞夕刊の「人脈記」では、昨日から南アフリカ特集が始まりました。私も取材を受けましたし、記者の方は南アフリカにも実際に行って取材されました。おなじみの人気ワイナリーなども訪問され、記事も登場する予定です。いつ頃掲載されるか?分かりませんが、11日、14日、15日の朝日新聞夕刊は要チェックしてください。きっと私や現地ワイナリーのことが出ていると思います。


先週から今週にかけて、多くのマスコミの方から取材を受けました。また、多くのメディアでも南アフリカのことが報道されています。しかし、とおり一辺倒な「殺人は毎日50人!」とか、治安の悪いこと、犯罪大国など、視聴者を刺激するような「悪いイメージ」を煽る(あおる)ような報道も多く見受けられます。

確かにヨハネスブルクなどの大都市のダウンタウンや、都市部周辺の黒人居住区では、毎日のように犯罪が起こっているのは事実です。しかし、他社が既に報道していることを同じように報道し、何のオリジナル性もない、ただただ視聴者を刺激しているだけの低レベルの企画は、「南アフリカの発展を願っている者」として誠に残念ですし、報道という影響力のある、大きな責任のある立場なのですから、もう少し考えて欲しいと強く感じました。

南アフリカには、差別もエイズも犯罪も貧困もあります。しかし、それ以上に人や自然に魅力がある国です。あのアパルトヘイト(人種隔離政策)を乗り越えて、新しい国を作っていこうという前向きに努力をしている人達が沢山います。これまでの差別や抑圧を乗り越え、相手を許し、受け入れる広い心を持った人達が多くいる国です。

南アフリカの人達には、一人ひとりの背中や心に、それぞれの物語(ストーリー)があります。みんな、精神的にタフな人達です。彼らの話を聞くと本当に凄い話ばかりです。南アフリカの男性も女性も、皆全員がラグビーの世界最強チームの一つ、南アフリカのラグビー代表チーム「スプリングボクス」の選手のように大きくて強さを感じます。

例えて言うなら南アフリカには、「マイナス100と言えるほどの問題がある。しかしプラス300、トータルではプラス200になる」ようなポテンシャルのある国です。だから私もこうして96年以降この国と関わっていますが、全く飽きない、魅力的な国です。高いポテンシャルを感じる国です。


現地も行かずに、他社の資料を真似て報道する程度の無責任なイメージを悪くするだけの報道は慎むべきです。「もっと南アフリカの魅力を伝えられるものはないか?」という視点で探せば色々あるはずです。今回の南アフリカの報道について、マスコミ各社でも大きな差を感じました。

それでも、とにかく南アフリカが世界にアピール出来るワールドカップの開幕です。南アフリカという国と日本代表を含めた一つ一つのゲーム、ワクワクドキドキ、感動するプレーを楽しみましょう。素晴らしい大会になることを心より願っております。

ザクミ
2010年ワールドカップ南アフリカ大会の公式マスコット「ザクミ」くん。

スポンサーサイト

コメント

カルメン

6月11日の朝日新聞朝刊にアマニのカルメンさんが紹介されています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。