スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告 

相変わらず忙しい日々が続いております。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先週は、南アフリカからお客さんが来てまして、あちこち訪問したりとバタバタしておりました。色々楽しいことも有意義だったことも沢山あったのですが、それ以上に、東京で夜にわずか4~5cmほどの段差に気付かず、前にこけて左足を外側にぐねってしまって(とても痛かった!)、ねん挫してしまいました。昨年からウェイトも5㎏アップしてましたから、その5㎏分も上乗せされ、外側にぐねった左足首には私の全体重82㎏が乗っかってしまったのです。

それ以後、松葉杖をついて自宅勤務状態です。医者の話では全治2~3週間とのこと。仕方ないので諦めて大人しくしています。

その怪我をしたのは9日の夜で、10日の東京のアポイントは全てキャンセルして大阪に戻ってきました。その翌日には今回の地震がありました。予定通りでしたら、私も東京で震災を受けることになっていたのですが、前日に大阪に戻っておりました。

この度の震災で多くの方が犠牲になり、まだ行方不明者も多い状況の中で、誠につらい日々が続いておりますが、生きている人は一人一人が目の前のこと、出来ることを一所懸命するしかありません。

「頑張って!」という声も有難いですが、あまりにも多く言われると「言われんでも頑張ってるわ!」と返したくなる時もあります。「一人とちゃうで。いつも一緒やで。何かあったら何でも言ってな。一人で悩むな。一緒に頑張ろうな。」と、言われる方がちょっとホッとする。声のかけ方も難しいなと思います。

私の方は、怪我をした為に、得意先、友人、家族、お医者さんや看護婦さん、品川プリンスホテルのスタッフの皆様、新幹線に乗る際にはJR東海やJR西日本の駅員さん、そしてタクシーの運転手さん、会社の人、皆さんに助けてもらって大阪まで無事に帰ることが出来ました。皆さま本当に感謝しております。

このような状態になり、改めて、段差や通路幅、階段、手すり、エレベーターなど、世の中の障害物に目を向ける機会となりました。元気に歩いている時には気付かなかったわずかのギャップも障害を持つと大きなハードルになります。元気になったら自分に出来ることを再度考えて、今後の人生に活かさねばと思います。

怪我したついでに、この機会に痩せないと!と、心の中では思っておりますが、毎日の食事は美味しく、なかなか食事を減らすことはつらいことです。ということで、怪我の前と全く変わらずバクバク食べております。ダメですね。

ということで、しばらくは安静にし、また元気になったら出直します。なかなか営業も行けず、皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承願います。

三宅

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。