スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワイン:ワイン生産国では世界初の「持続可能」を認証ラベルに採用 

南アフリカは、昨年から「持続可能な農業」を謳って、ワインの首に貼られているシールを新しくしました。このことは、昨年もお伝えしました。

世界各地でワインは生産されていますが、南アフリカは国をあげて「持続可能な農業」を謳っています。そのような国はワイン生産国の中では初めての試みです。

日本では「南アフリカワイン=安くて美味しい」というイメージかもしれませんが、南アフリカの生産者と話していると「南アフリカワイン=高品質」という言葉が良く聞かれます。その次には、この環境です。出来るだけ農薬を減らして自然のままにブドウを育てていくことが重視されています。

そして、これまでのワインの首に貼られていたシールが、下のシンプルなシールから2010年より緑色のシールに変わり、より「持続可能な農業:SUSTAINABILITY」を世界にアピールしています。

ワイン&スピリットボード証明 ⇒ ワイン&スピリットボード新ラベル
    これまでのシール          2010年からのシール


南アフリカワイン協会が、このことを説明したビデオがユーチューブでアップされているので紹介します。
http://www.youtube.com/watch?v=IYaG_9OZgkM

南アフリカのこの活動は、きっと世界に広がっていくと思います。

■関連記事:
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-4.html#entry1070

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。