スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワイン:今後もまだまだ楽しみです。 

今年から阪神百貨店(大阪市北区)さんとお付き合いするようになりました。阪神百貨店は日本でも有数のワイン販売力のあるお店です。特に地下食品売り場が強く、毎日が週末?と思えるくらい、夕方は沢山の人で賑わっています。

我々も、3月、5月、6月と店頭や催事場で南アフリカワインを案内しました。そこで感じたのが、「南アフリカワインの美味しさをまだ知らない人が多い」ということでした。南アフリカワイン事業も1999年から始めて、随分広がったと勝手に思ってましたが、一般の方にはまだ十分に浸透していないということでした。

ショックもありましたが、一方で飲んで頂くと、「えっ~~、すごく美味しい!」と感動してくれる人も多いし、まだオセロ(ターゲット)は一杯ひっくり返すことが出来る、つまりこのビジネスの将来の可能性はまだまだあると感じることが出来ました。

南アフリカワインは、イギリスでは既に国別の販売実績は2009年にフランスを抜いて4位になりました(下記関連情報参照)。スウェーデンなど、スカンジナビア半島では、南アフリカワインの実績が一位になっています。それだけ、南アフリカワインが評価されているということです。これは、いずれは日本も世界もこの流れになっていくと予想することが出来ます。

ということで、このワイン事業にはまだ期待をしているということなんです。日本も5-10年後にはもっと多くの南アフリカワインが流通していると思います。期待して頑張りたいですね。

まだ南アフリカワインを飲んだことが無い人は絶対体験すべし!
です。

●関連情報:
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-1013.html

●阪神百貨店
http://www.hanshin-dept.jp/dept/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。