スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワインと酸化防止剤の話 

南アフリカワインが酸化防止剤の使用量について世界一少ない話です。

◆南アフリカワイン=世界一少ない酸化防止剤の使用量◆

1.ワイン1リットル(L)あたりに使える酸化防止剤の使用量の制限は各国で違います。
・フランス:350mg/Lまで 
・日本:フランスと同じ
・南アフリカ:250mg/L(世界一少ない基準)

2.EUのオーガニックワインの酸化防止剤の使用制限基準
・赤ワイン:100mg/L以下 
・白ワイン:150mg/L以下
南アフリカのほとんどの一般のワインは、EUのオーガニックワインの酸化防止剤の使用制限基準以下です。
(参照:下記3番)

3.ちなみに㈱マスダの主な南アフリカワインの酸化防止剤の使用量は(2013-2014年の入港時の値)?

・ORGANICS ムーンライト・シラーズ13(赤):100mg/L
・ORGANICS ムーンライト・シュナンブラン&ソーヴィニョンブラン13(白):132mg/L
・ブラハム・シラーズ10(赤):80mg/L
・ブラハム・シュナンブラン・アンウッド13(白):134mg/L
・ドルニエ・メルロ07(赤):65mg/L
・ドルニエ・ココアヒル・レッド11(赤):72mg/L
・ポールクルーバー・ピノノワール12(赤):55mg/L
・ポールクルーバー・シャルドネ12(白):112mg/L
・ナマクワ・レッド・3Lボックスワイン(赤):92mg/L
・ナマクワ・ホワイト・3Lボックスワイン(白):140mg/L
・ゴヤ・シラーズ・ピノタージュ12(赤):110mg/L
・ゴヤ・シャルドネ・ソーヴィニョンブラン13(白):123mg/L
・ウルフトラップ・レッド13(赤):77mg/L
・ウルフトラップ・ホワイト13(白):140mg/L
・マン・カベルネ・セラーセレクト12(赤):92mg/L
・マン・ピノタージュ・セラーセレクト12(白):102mg/L 
など

4.なぜ南アフリカワインは酸化防止剤が少ないのか?
・南アフリカでは、一般的に1ヘクタールあたりのブドウの収穫量を減らすことによって、果実味とブドウの力を凝縮した良質のブドウを作る努力をしています。結果として酸化防止剤もそれほど多く使用する必要がありません。

南アフリカワインを飲み続けているお客さんから
・「南アフリカワインを飲むようになってから頭痛がしなくなった」
・「悪酔いしなくなった」
・「二日酔いしない」
・「アルコール疲れもなく、身体が楽」
と、よく言われます。

これらの感想は、オーガニックワインを飲んでいるお客さんがよくするコメントと同じです。ワインに含まれる酸化防止剤の使用量が、原因の1つだと考えます。

(参考文献)
・「南アフリカワインのすべて」田辺由美 著
・http://tinami-co.shop-pro.jp/?mode=f1
・http://www.sakayaclub.co.jp/urakawa/wine/organicdiff.html
・http://www.mavie.co.jp/wineInfo/faq.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。