FC2ブログ

南アフリカワイナリーツアー報告(16):ブーケンハーツクルーフ・ワイナリー訪問①  

(15)の続き。

2月15日午後 晴れ:ブーケンハーツクルーフ・ワイナリー訪問① (フランシュック地区)
BOEKENHOUTSKLOOF

 さあ、いよいよ最後のワイナリー訪問。

 それも、最後のイベントに最もふさわしいワイナリーとも言える、あの7つの椅子のワイン(写真下)。今や南アフリカのトップとも言えるブーケンハーツクルーフだ。ここは、車で例えるならロールスロイスか?メジャー・リーガーならバリー・ボンズと言ったところか?まさに怪物。ここのワインを扱えるということ、それ自体がひとつの自慢になる。

BHKsyrah label



 このワイナリー、今や人気がありすぎて、ワイン展示会には出品しない「ノー・ショウ・ワイン」として知られている。新しいお客さんに供給するほどの量がないので、出品する意味が無いのだ。弊社も一年に一回の輸入。それも1年も前から全て予約で完全に埋まっている状態だ。一度飲んだら忘れられない。1本飲んだら3本買いたくなる、そんなワインだ。今回のツアー参加者の中にも、このワインの虜になったファンが何人もいらっしゃって、彼らにとっては、遂に憧れの場所に辿り着いた!という感じだった。
 
20060303193426.jpg


 そして、ここには、あの男がいる。

 そう、今日はアイツに会うために、ここに来たのだ。

 南アフリカワイン業界で若き天才・カリスマ醸造家と呼ばれるマーク・ケントが私達を待っていた。

(17)に続く。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/192-a32b5fd1