スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年2月南アフリカワイナリーツアー報告(6):ドメイン・ブラハム③  

前回の続き。

2月17日午後

ドメイン・ブラハム/Domaine Brahms③

 実はブラハムの畑には小さな教会もある。ヒーシーさんは牧師の免許もあり、週末には時々ここで結婚式も行われている。弁護士、ワイン醸造家、牧師、妻、母と一人で5役をこなすとは、凄い女性だ。ブドウ畑の真ん中にある教会は何とも素敵で、ワイン好きな方ならこんな所で結婚式を挙げるのも良い。もちろん結婚式の後のパーティでは、ブラハムワインが飲み放題だ。

20070326185017.jpg
ブドウ畑の教会

 女性の参加者達が「教会を見てみたい!」ということで、アシスタントのベイヤーズがリクエストに応えてくれて、教会のカギを持ってきてくれた。後は余興になってしまったが、、、。

20070326184911.jpg
模擬結婚式

20070326184923.jpg
参列者が座るワラの椅子

 ベイヤーズと女性陣で模擬結婚式を行った。根っからの「お笑い」好きなベイヤーズはノリノリで場を盛り上げてくれた。小さな教会には、ワラの長椅子があって、素朴な感じがしてとても良い。私もここならもう一回結婚式をしても良いかな?と思いました(同じ嫁でないと怒られますが)。

20070326184739.jpg
ヒーシーさんの家

 その後は、ヒーシーさんの家の庭でブライ(南アフリカ式のバーベキュー)をした。南アフリカでは、ブライの火の当番、そして肉を焼くのは昔から男がするのが習慣になっている。ベイヤーズも「子供の頃にお父さんに肉の焼き方を教えてもらったんだ。」だと、炭を突っつきながら話してくれた。火を囲みながらワインを飲んで、焼き上がったソーセージにかぶりつく。至福の時間だった。
 犬やアヒル、ニワトリ達も広い庭を楽しそうに走り回っている。こんな所なら彼らも気持ちの良いことだろう。のどかで、ゆっくりした時間が流れていた。

 日が暮れて寒くなったきたので、ヒーシーさんの家に入って続きの夕食になった。炭で焼いたチキンやソースの味は、今回のツアーの最後に聞いた中で、皆さんの「一番美味しかった料理」に選ばれた。「このソースはどのように作るのか?」という女性からの質問に、ヒーシーさんは「新鮮なトマトと美味しい赤ワインがあればOK!」とのことでした。確かにブラハムの赤ワインで作ればソースも旨くなりますね。

 こうして初日の長い1日は終わった。ドルニエもブラハムも素晴らしい歓迎をしてくれたことに感謝致します。

20070330201749.jpg
ヒーシーさんとベイヤーズ

次回に続く。

ドメイン・ブラハムの紹介

南アフリカの風景(スケッチ)by Tokunaga

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/482-6865263a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。