スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月のウィークエンドグラスワインはステルハイス@フー・ド・ヴァン(兵庫県芦屋市) 

 昨日も紹介したフー・ド・ヴァン(兵庫県芦屋市)さん。普段でもワンランク上のワインをグラスで提供されておりますが、毎週末毎に普段飲めない更にプレミアムなワインを提供されています。

 今月は、

「11月・南アフリカワインフェア!」

ということで、ウィークエンド・グラスワインも南アフリカ。そして今月はステルハイス特集!このステルハイス、今年私が出会った南アフリカワインの中ではNo.1の品質と言って良いと思います。これまでに無かったクラシックなタイプの美しい南アフリカワインを皆さんにも堪能してもらいたいです。

以下、ナンリちゃんのブログから転載します。

テーマは、世界中に割り当て、入手困難な南アフリカの貴重なプレミアムワイン

     ○●○●○●○●○●○●○
      Sterhuis ステルハイス特集
   ○●○●○●○●○●○●○●○●


標高約300-500mのボタラリーヒルという丘ににブドウ畑を所有。ここは美しく輝く星空の下、大西洋とインド洋から吹く冷たい風によって、この地域でも最も冷涼な気候に恵まれている。そこで育つブドウはゆっくりと成熟し、凝縮感のある最高のブドウに仕上がる。ここでは、人間の手を加える必要があまりない。この気候によって、それぞれのブドウの特徴や良さを余すことなく表現された、正に光り輝くブドウをワインに変えてあげるだけで良い。

「我々の高品質なワインは、この標高の御陰だ」

とオーナーは言う。常に「自然に任せたアプローチ」という手法でワインを作っている。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
2、3日 '06 Sauvignon Blanc ソーヴィニョンブラン

印象的な爽快感を残す味わいが魅力。清々しい切れのある酸味はやさしい果実味を包み込み、後味にわずかに残る力強さは、ボタラレー地区の品種の特長を良くあらわしている。¥1200

三宅コメント:キレのある酸味が爽やかで清涼感のあるワインに仕上げている。これから始まるステルハイス・ワインの幕開けをより楽しみにしてくれることだろう。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
9、10日 '06 Chardonnay シャルドネ

エレガントな印象から、深まりあるコクと重量感を感じさせる変化を楽しめる素敵な魅力を持つワイン。おだやかな口当たりで、落ち着いたしっかりした酸味と、ふくらむような粘性のある果実味が重なり合うよう。 ¥1600

三宅コメント:ステルハイスのワインを一躍有名にした品種でもあるシャルドネ。今やステレンボシュNo.1シャルドネにも選ばれた様々な変化を楽しめる表現力豊かなワイン。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
16、17日 '04 Merlot メルロ

おだやかな酸味が、転がるように膨らんでくる果実味と重なりあい、渋みはアピールしすぎることなく全体のバランスをとっている。余韻も長く、後ろ髪を引かれる素敵な味わい。まさに、ポムロールの影武者と大胆によべる実力あるワイン。 ¥1600

三宅コメント:ステルハイスの中では一番クラシックなスタイルのワイン。数ある南アフリカワインの中でもこれほど良いサンプルはなかなか見つからない。正に「最新・南アフリカワイン事情」として取り上げるにふさわしいワイン。カベルネ同様、まだ固さもあるが、こちらの方が先に開きつつある。落ち着いたバランスの良いワインだ。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
23、24日 '04 Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニョン

おだやかな酸味と小さくまとまった果実味は、骨格のしっかりした若々しい渋みの主張とバランスをとり、余韻も長い味わいが魅力。高級感を漂わせながらも、飲みやすさを印象付けるこのワイン。 ¥2000

三宅コメント:このワインが開くまではまだしばらくの時間が必要かも。正に「眠れる獅子」のようでもあるが、芯のしっかりしたものを感じる。宇宙戦艦ヤマトのファンだった私が表現するならば、波動砲のようなワイン。開いてくれば最強のアイテムになるのでは?と今後の熟成が楽しみなワインです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
30、1日 '04 ASTRA アストラ

メルロとカベルネの最上の樽だけをブレンド。(メルロ60%、カベルネ40%)繊細できめの細かいシルキーな美しさを持つワイン。柔らかな酸、ソフトな渋み、樽の風味がうまく溶け込んでいて余韻も長く続く。 ¥4400

三宅コメント:ステルハイスのワイン醸造家、ヨハン・クルーガーが「当初はブレンドを作る予定は無かったが、この5つの樽のワインがあまりにも綺麗だったので、ブレンドしてみた。」とコメントしたワイン。繊細で透明感のある究極のフラグシップ。思わず涙が出そうです。限定生産1500本のみ。

以上。是非、一つ一つ味わってみてください。

フー・ド・ヴァン Fou de Vin 
■住所:兵庫県芦屋市大桝町7-13 セレーノ芦屋
■電話:1Fショップ:0797-21-4060  2Fワインバー:0797-25-5351
http://www.foudevin.jp
http://www.ashiya-people.com/shops/FoUDEViN/index.html
■ナンリちゃんのブログ
http://ameblo.jp/foudevin/

スポンサーサイト

コメント

いつもお世話になっております(^^)
ご紹介いただきまして
ありがとうございます♪

今後とも宜しくお願い致しますm(..)m 

  • [2007/11/07 14:05]
  • URL |
  • Foudevin ナンリ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/567-29448e46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。