スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月南アフリカワイナリー訪問ツアー見どころ(28):より深く理解し、より良いツアーにする為に③  

 前回の続き。

 今回のツアーは、2006年から始めて3回目。有り難いことに3回連続参加の方や2回目参加の方もいらっしゃいます。ありがとうございます。きっと1回目は見る物全てが新鮮で、周りをキョロキョロ、ワクワク、ドキドキしながら、あっという間に終わってしまったかもしれませんが、2回目以降の参加者の方はちょっと気持ちも落ち着いて、今まで気付かなかった点も見えてくるのでは?と思います。

 実際にツアーが始まると、あっという間に時間が過ぎていきますので、一つ一つモレの無いよう、しっかりとポイントポイントを押さえて行ってください。

 それぞれのワイナリーで何を聞くのか?何を押さえるのか?今回の皆さんにとっての全体のテーマは何なのか?優先事項は何なのか?例えば、

・「美味しいシラーズを見つけたい!」
・「美味しいワインはどのようにしてできるのか?答えを見つけたい!」
・「南アフリカワインとは、一体どんなワインなのか?」
・「この人と一緒に写真を撮りたい!」
・「沢山の綺麗な景色や活き活きした人の顔写真を撮りたい!」


など、何でも良いですが、しっかりとテーマを持って挑んで頂ければ充実したツアーになります。

そして、自分が見たこと、聞いたこと、感じたこと、五感をフル活用して体験したことを日本に帰ってきてから伝えてください。写真もいっぱい撮って沢山の人に見せてあげてください。

特にワインの仕事をしている方にとっては一生の財産になるでしょう。

 ワインの仕事で大切なことは、①「良い商品を選ぶ事」は、もちろんですが、

②「伝えたい事(テーマ)を持ち、それをしっかり伝える事」

も大切です。①は皆さんプロですから大丈夫ですが、②はまだまだ不足しているように思うのです。「美味しいです!すごいコストパフォーマンスです!」というだけでは情報として足りません。

なぜ、その商品は美味しいのか?理由は何なのか?なぜ、その商品を選んだのか?(エピソードでも良いです)、なぜその商品を売りたいのか?を伝え、その商品について何分でも話せるくらいの情報を持っているか?

が大切です。結局良い商品を生かすも殺すも人と方法次第です。①はお金を出せば買えますが、②は考えて、行動して、自分で努力する必要があります。

「より多く、そして、より質の高い情報を得て、より多く発信していく事」の繰り返しです。体験は生きた情報になり、説得力ある情報になります。

このツアーが、皆さんの「情報力」と「伝える力」の助けになることを願っております。

20070316191402.jpg


■南アフリカワイナリー訪問ツアー概要(2008年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-568.html

■ツアーのお問い合わせ&申込み
三宅または、(株)日放ツーリスト まで。
http://www.nippo-tourist.co.jp/

■南アフリカワイン産地マップ(これを印刷しておけば分かりやすいです)
http://www.wosa.co.za/sa/index.php

■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8

■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html

■ステレンボシュのイメージ・ギャラリー
http://www.wineroute.co.za/library.asp

■ツアーの持ち物&現地情報
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-607.html

■プロテアホテル・ステレンボシュ(利用予定のホテル)
http://www.proteahotels.com/protea-hotel-stellenbosch.html
電話: +27 21 8809500
FAX: +27 21 8809505

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/618-430f4e44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。