スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月南アフリカワイナリーツアー報告(8):ケープ半島周遊 

前回の続き。

2月10日(日):

 この日は天気予報通りの雨。これまでのツアーで雨が実際に降ったのは初めて。これ以上心配しても仕方が無いので、今日は最大限出来ることをするしかない。しかし、ここステレンボシュ、そしてケープタウン、また喜望峰はそれぞれ天気が違うので、諦めることはない。とにかく出発しよう。

 まずは一番心配なテーブルマウンテンだが、朝の時点でケーブルカーは動いているとのことで、「それ!今のうちに!」ということで猛ダッシュでテーブルマウンテンに向かった。

観光TM2
実際にケーブルカーは動いていたのでヤレヤレ。この山の頂上に登ると登らないでは景色がまるで違う。無事に頂上まで行くことができた。皆さん、360度回転するケーブルカーと、頂上からは、まるでヘリコプターから見下ろすようなケープタウンの街の眺めに大満足でした。

観光ダジー3
頂上にはこんな可愛いネズミのようなダジーもいます(写真上)。その後はホウトベイ、そして断崖絶壁の絶叫ドライブ・チャプマンズピーク(写真下)、ダチョウ牧場を通過してケープポイントに。

観光チャプマンズピーク
チャプマンズピーク・ドライブ

観光CP
ケープポイントでの集合写真です(写真上)。

観光ツーオーシャンズ
その後はツーオーシャンズのレストランで食事をしました。ロブスターを食べながら、スパークリングや白ワインを飲みまくりでした。こちらのテーブル(写真上)では、ポールクルーバーのゲヴェルツトラミネールを飲まれたそうです。既にワイナリーでは売り切れなのですが、この店にはありました。とても美味しかったようです。

観光:ツーオーシャンズスタッフby小嶋さん
(写真上:KOJIMAさん提供)こちらはレストランのアフリカ人女性のスタッフ。明るくて何とも言えない素晴らしい笑顔でした。「ベスト・オブ・アフリカン・スマイル!」って感じですね。「柴○理恵?」と思えるほどソックリな写真です。

観光喜望峰3
喜望峰(写真上)では、「中国人が写真の順番を守らない!」と、よくケンカになります。しかし、皆さん見事なチームワークと素早い移動でベスト・ポジションを確保!中国人も引くほどの結束力でした。(日本人の評判が悪くならなければ良いが・・・・。)

 その後はペンギンのいるボルダーズ・ビーチに行ってから、夕食のモヨ・レストランに向かいました。今日凄かったのは、我々が行く先々で雨が止み、晴れ間もさしたことです。なんと言う皆さんの念力でしょうか?こんなことがあるのでしょうか?というくらい不思議な現象でした。結局心配していたにも関わらず、全てのプログラムを無事終了することができました。もちろん晴天の青空だったら、写真ももっと綺麗に撮れておりますが、悪天候の中でプログラムを完了出来ただけでも、良くやれた方でした。

観光モヨ1


 最後はアフリカ文化を楽しむことができるモヨ・レストランで食事をしました。ここではお客さんにもペインティングをしてくれるので、みんなで「アフリカン」になれます(写真上)。

観光モヨダンス


 そしてアフリカンダンスとドラムのリズムに自然に身体も上下し、楽しい夜はふけっていきました。

次に続く。

■参加者の方のブログ紹介(こちらにもツアーの様子が紹介されています)

◎「虹の国~南アフリカ~」に乾杯
http://www.minato-ya.net/blog/

◎酒屋三代目「ひでやん」の裏日記 
http://blog.envelo.co.jp/

PS:ツアー中のお気に入り写真を募集します。良い作品がありましたらメールで送ってください。写真のタイトルや説明もあったら一緒に送ってくれると嬉しいです。お名前は本名でもペンネームでもOKです。採用された写真はブログにて掲載します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/643-a369f440

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。