スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月南アフリカワイナリーツアー報告(14):アマニ② 

前回の続き。

 今回のツアーでは、「アマニに一番行きたい!」、「カルメンさんに会いたい!」という女性参加者もいらっしゃった。そのカルメンさんは実際に会うと、皆が好きになってしまうほどの魅力がある。
IMG_2193.jpg
オフィスに入ると既に各テーブルにはグラスが6つずつ用意されていた。

carmen.jpg
そしていよいよ今日の主役、カルメンさんの登場です(写真上)。

 彼女のテイスティングの面白い点は、フルーツなどの食材を使ったテイスティング・プレートを用意し、目でも舌でもよりワインを理解しやすいようにプレゼンしてくれるところだ。ワインはの説明は一般的に言葉や文字だけで、「チェリーやプラム、柑橘系に、、、、の香り。」という説明が多い中、彼女のプレゼンテーションは大変参考になる。これも彼女の「ワインをより分かりやすく伝える」センスである。

tp merlot

tp chardonnay

tp shiraz
今回も上の写真からメルロ、シャルドネ、シラーズ、と3種類のテイスティング・プレートを用意してくれた。これ、忙しい時には結構面倒臭いもので、彼女はいつもこのプレートの為に食材を探しにあちこち回ってくれております。今回はメルロー用のフレッシュなイチゴが見つからず、「缶詰ですみません。」と謝っておりましたが、こちらこそ、1年で一番忙しい時にいつもすみませんです。感謝、感謝。

carmen tasting 2
いよいよ試飲の始まりです。

 多くの方が、「日本で飲む04メルロと本日の06メルロは味が変わったような?」ことに気付いておりました。04年のヴィンテージはカルメンさんが前任者から引き継いだ物、そして06年は彼女が始めから手がけたメルロということで、少しニュアンスが変わっていたのです。04はオレンジのニュアンスが、06はチェリーの感じがしました。彼女は06メルロと06シャルドネが個人的に好きなんだそうです。

 アマニに関しては、どのアイテムも酸味と果実味のバランス、柔らかく滑らかな口当たり、スタイリッシュで洗練されたワインという感じでした。まだまだ若い樹齢の木も多いアマニですが、年とともに益々良くなっていくと思います。今後も大いに期待したいです。

carmen3.jpg
その後はセラー内を案内してくれました。写真上は「樽内のトースト具合によって香りが違うでしょう?」と説明しているところです。

assaku2.jpg
こちらはブドウを搾る機会です。

Its mine!
こちらは参加者の皆さんにアマニ・チームからのお土産ということで、「アマニ・フォレストマイヤーズ・シラーズ06」を1本ずつ頂きました。女性チームらしく、1本1本リボンとメッセージが書いてあって、素敵なギフトでした。私のも発見!一番高い商品をありがとうございました。

okada with carmen2
カルメンさんからは一人一人に手渡され、記念撮影をさせてもらいました。

photo1.jpg
晴天の空の下でテーブルマウンテンをバックに記念撮影。

次に続く。

■参加者の方のブログ紹介(こちらにもツアーの様子が紹介されています)

◎「虹の国~南アフリカ~」に乾杯
http://www.minato-ya.net/blog/

◎酒屋三代目「ひでやん」の裏日記 
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00519/archives/cat_50013500.html

PS:ツアー中のお気に入り写真を募集します。良い作品がありましたらメールで送ってください。写真のタイトルや説明もあったら一緒に送ってくれると嬉しいです。お名前は本名でもペンネームでもOKです。採用された写真はブログにて掲載します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/658-c59e7381

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。