スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月南アフリカワイナリーツアー報告(16):ポールクルーバー① 

前回の続き。

3月12日午後:

 アマニ(ステレンボシュ地区)を出た我々はいよいよ最後のワイナリー、ポールクルーバー(エルギン地区)に向かいました。ステレンボシュからは南東にバスで約45分の移動です。ここは急遽訪問させてもらうことになったのでショート・プログラムです。

 ポールクルーバーは、このワイン事業が始まった1999年からのお付き合いですので、私にとっても大変思い入れの深いワイナリーです。エルギン地区はもともとフルーツ産業の地区でしたが、ポールクルーバー家族が高品質なブドウとワインを生産したために、多くのワイナリーがこの地区に投資をし、今では「エルギン=ブランド地区」になりました。米で言えば「魚沼産」のような感じです。そのエルギン地区をブランドに変えた立役者でありパイオニアがポールクルーバー・ファミリーです。

 2006年には南アフリカ・ワイナリー600社の内、ベスト20に選ばれ、また、「最も伸びているワイナリー・ベスト10」にも選ばれた、今、最も熱いワイナリーの一つです。最近では、あのジャンシス・ロビンソンにも絶賛され、世界中から注文が殺到し、売り切れのアイテムが続出しております。

 弊社も今年秋以降はピノノワール、シャルドネが限定出荷になる予定です。

PCgate2.jpg
ポールクルーバーの入り口

PCoutside2.jpg
こちらも広くて綺麗なお庭です。

PCfront2.jpg
オフィス正面からの写真です。

IMG_2328.jpg
写真上がポールクルーバー家族です。右から2番目がお父さんのドクター・ポールクルーバー氏。今は会長です。彼が本当の改革者です。その両脇がお姉さん二人。一番左が息子で現社長のポール。4代目になります。その右側がマーケティング担当のお姉さん(3女)のリーゼルさん。お父さんと4人兄弟の写真です。皆さん、それぞれに役割分担されています。

 ポールクルーバー・ファミリーは、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の1996年に労働者や地域の発展の為に「タンディ・プロジェクト」を立ち上げ、ワインを始め様々な経済的自立を図るプロジェクトを運営しています。また、肉体労働だけでなく、オフィスワークもできるようにと、コンピューター・スキルアップ・コースも設け、社内教育・人材育成にも力を入れています。ここには写っていませんが、この家族のお母さんやおばあさんも敷地内に私設の幼稚園や小学校を建て、地域の子供達が教育を受けられるようにしてきました。今ではその学校も政府の認可が下りて公立の学校になっています。お父さんとお母さんの考えに子供達も賛同し、家族皆で作り上げてきたワイナリーです。

 また、約3年前からスローライフ、スローフードの推進、地域の環境保全を目的とした「スローワイン」も立ち上げ、益々「自然・地域との共生」に力を入れています。こちらのスローワインも大変評判が良く売れています。

IMG_2335.jpg
彼女はエスメさん(写真上)。今はマーケティング&セールスを担当しています。リーゼルさん曰く、「エスメさんも最初は社内の掃除をしたり、お手伝い的な役割だったのが、どんどん仕事を覚えて成長しています。仕事なんか私よりキッチリしてるぐらいなんですよ。」と褒めていました。普段、私も彼女とメールでやり取りしています。

 ポールクルーバーは、良質なワイン生産だけでなく、「常に時代の流れを敏感に感じ取り、自分達が出来る事は何か?」を考え実践してきました。「自然・地域・人との共生」をテーマにすることで、他の600社のワイナリーとは違う、他とは競争しない、自分達のポジショニングを良く理解しているワイナリーです。ここも全く問題ない、これからも益々伸びて行くワイナリーだと思っています。

PCbottles.jpg


次に続く。

■参加者の方のブログ紹介(こちらにもツアーの様子が紹介されています)

◎「虹の国~南アフリカ~」に乾杯
http://www.minato-ya.net/blog/

◎酒屋三代目「ひでやん」の裏日記 
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00519/archives/cat_50013500.html

PS:ツアー中のお気に入り写真を募集します。良い作品がありましたらメールで送ってください。写真のタイトルや説明もあったら一緒に送ってくれると嬉しいです。お名前は本名でもペンネームでもOKです。採用された写真はブログにて掲載します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/660-5b85d3ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。