スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「マンデラの名もなき看守」:5月17日から順次全国ロードショー 

 今年の7月18日はマンデラ元大統領の90歳の誕生日。世界各地でこの偉大なる男の誕生日を祝う為に様々なイベントが行なわれる。この日を通して、改めて彼の功績を讃えたい。

 先日インターネットのアンケートで「世界が一つの国だとしたら、誰を大統領に選びますか?」という質問で1位になったのがマンデラ氏。正に世界一尊敬されている男である。

 彼の映画が日本でも公開されます。是非一人でも多くの方に観て貰いたいと思います。

 私も南アフリカに行くまでは、「抑圧者である白人が加害者で、被抑圧者である黒人が被害者」と思っていました。多くの日本人は今でもそう思っているでしょう。しかし、実際に南アフリカに行って住んでみて分かったことは、「白人も黒人も皆アパルトヘイト(人種隔離政策)の被害者だった」のです。

 この映画でも、差別主義者の白人看守がマンデラと出会い、彼の考えに惹かれ、徐々にアパルトヘイトに対する矛盾を感じていきます。しかし、それは国家にとって反逆者でもあり、家族も危険にさらされます。

 この映画では、
①マンデラの強い信念と人間的魅力、
②理想と現実の中で闘った白人看守の苦悩、そして
③マンデラに惹かれていく夫に反発と不安を抱きながらも支える妻。
が主なポイントかと思います。アパルトヘイトという時代の中で、立場が違えどそれぞれが翻弄されていきます。これまで①のマンデラについて描かれた本などは沢山紹介されてきましたが、②アパルトヘイトに反対して戦った白人や③その家族の苦悩を紹介した本や映画は、日本では少なかったのでは?と思います。そういう意味で、この映画も南アフリカを知るために貴重な1本かと思います。是非皆さん観てください。詳しくは下記のサイトを御覧下さい。

映画「マンデラの名もなき看守」
http://mandela.gyao.jp/
5月17日より順次全国ロードショー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/691-b61c9077

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。