スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークヴァレイ・ブレンド2004 

ボルドースタイル・ブレンドでNO.1

オークヴァレイ・ブレンド2004
Oak Valley Pinot Blend


blend_2004.jpg


 このワイナリー、今年2月の出張で訪問したワイナリーの中でも「ピカイチ!」の存在だ。「このワイナリーを見つけたことは、間違いなく今後の財産になる!」と確信している。
 オークヴァレイは、冷涼な気候で今や南アフリカワインのブランド地区となったエルギンにある。ちょうど弊社扱いの人気ブランド「ポールクルーバー社」の隣に位置している。
 オークヴァレイは初ヴィンテージが2003年と、南アフリカワイン産業界の中ではまだ新しいワイナリーだが、南アフリカワインの評価本「ジョン・プラッター・ワインマガジン」でもほとんどのアイテムが4.5星以上という極めて高い評価を得ている。世界的にも、「デキャンター・ワールド・ワインアワード2007」でオークヴァレイ・ブレンドが市場価格10ポンド以上のボルドー・スタイル部門でインターナショナル・トロフィに輝いたり、オークヴァレイ・シャルドネが、あのジャンシス・ロビンソン氏に「南アフリカワインの代表的なベスト白ワイン」として選出されるなど、既に世界でも注目を集めている。

オークヴァレイ畑
標高の高いオークヴァレイの畑からエルギン盆地を見渡せる

 ブドウは、とにかくまだ樹齢が若いということで、収穫量は極力抑えている。というか、抑えすぎ?なくらい少ない。エルギンという冷涼な気候で、更に標高も高い所にブドウ畑を所有している。従って、どこよりも収穫は遅く、例年2月末にスタートし、4月まで収穫している。その結果、豊かな酸味を持ち、どこよりもゆっくりと成長した果実味が凝縮された最高のブドウばかりが収穫される。そしてワインのスタイルはひたすらクラシックだ。とにかく良い物しか作らないという姿勢が嬉しい。そしてワインは既に世界中にほぼ割当となっている。これで樹齢が重なっていけば、恐ろしいほど凄いワインが産まれるに違いない!今でも既に南アフリカ・トップクラスのレベルではあるが、今後益々期待できるスーパー・ワインに成長するであろうと確信している。
 その他にも、環境保全や労働者への厚い福利厚生など、社会的な活動にも熱心だ。とにかく南アフリカワイン業界のモデルとも言える素晴らしいワイナリーである。

ピーター&ビヴァレイ
ワイン醸造家のピーター(写真右)とマーケティング担当のビヴァレイさん(写真左)


■生産者:オークヴァレイ/Oak Valley ■生産地域:エルギン ■ブドウ栽培地:エルギン ■品種:メルロ88%、カベルネフラン9%、カベルネ・ソーヴィニョン3% ■タイプ:赤・フルボディ ■アルコール度:15%未満 ■樹齢:3-5年(1999-2001年) ■畑の標高: 海抜310-500m ■生産量:12,600本
■製造:2004年は涼しく、例年より遅い収穫となった(2004年3月17-4月15日)。収穫されたブドウは発酵前に3日間低温でマセラシオン。発酵は24-30度で行なわれ、プレスされる前に1週間おかれた。その後、タンクで2-3日置かれた後、フレンチオークに移され18ヶ月熟成。72%新樽使用。28%は2年目の樽を使用。
■味わい:ベリー系の香り。豊かな果実味に柔らかな酸味。全体的に落ち着き、なめらかでシルキーな舌ざわりは、まさにボルドー3品種が美しく調和されている。ゆっくりと時間をかけて飲みたい1本。今後の更なる成長が期待できる要注目のワイン。
■授賞・評価:ジョン・プラッター・ワインガイド(南ア)で4星。ワインマガジン2007年9月号(南ア)で4.5星を獲得し、南アフリカのベスト・ボルドースタイル・ブレンドに選ばれる。デキャンター・ワールド・ワインアワード2007で、金賞、地域トロフィ、更にインターナショナル・トロフィを獲得し、市場価格10ポンド以上のベスト・ボルドースタイル・ブレンドに輝いた。
■URL:http://www.oakvalley.co.za/
■参考小売価格:4000円

■販売元:㈱テーブルマウンテン http://www.tablemountain.co.jp/

■関連商品:
オークヴァレイ・シャルドネ
オークヴァレイ・ピノノワール

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/715-f73491a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。