スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年2月南アフリカ・ワイナリー訪問ツアー見どころ(8):ドメイン・ブラハム①  

前回の続き。

3日目:午後。ドメイン・ブラハム

弁護士ヒーシーさんの情熱を込めたワイン

ブラハムワイナリー1

 アマニが終わると午後はドメイン・ブラハムを訪問します。こちらも作り手は女性ということで、この日は女性が作るワインを2軒訪問ということになる。もうブラハムのワインは、既に弊社ワインの中でも人気の定番アイテムとなっている。それでもまだまだ新しい取扱店は増えている、という今後も益々期待しているワインです。

ブラハム夫婦2

 よく「ワインはパッション(情熱)だ。」と言われるが、彼女を見てると正にそんな風に感じる。ブラハムのワインを飲むと、いつも女性弁護士でもあるヒーシーさん(上の写真の赤い服の女性。左は御主人)のエネルギーが体内に入っていくような気がする。彼女の小さなおとぎの国のようなワイナリーの納屋みたいな小さなセラーで「これぞブラハム!」という素晴らしいワインが作られる。数人のスタッフは居るが、栽培から醸造まで全て彼女が1人でこなしている。どこよりも小さくて質素なセラーのブラハムだが、そのワインは立派なセラーを持つワイナリーに決して負けていない。

ブラハムのワインは、
エネルギッシュでも繊細で、気品を感じる、花で言えば「赤いバラ」をイメージさせる。


ドメイン・ブラハムの訪問のポイントは、
①ヒーシーさんに会う
②ワインテイスティング
③ブッシュヴァインの畑やセラーの見学


が中心となる。またここも、皆さんにとって忘れられない場所となることでしょう。

次に続く。

■南アフリカ・ワイナリー訪問ツアーの概要(2009年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-762.html
■ツアーのお問合せ&お申込み
JTB西日本 海外旅行西日本支店 電話:06-6261-7661  
担当:小阪・大隈 営業時間:平日9:30-17:30(土日祝含まず)
■なぜ南アフリカワインが特別なのか?(南アフリカワイン協会製作:英語版)
http://www.wosa.co.za/flash/webcopy/index.html
■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8
■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html
■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html
■南アフリカ・ランド(通貨)レート
http://www.x-rates.com/d/JPY/ZAR/graph120.html
■ケープタウンの天気
http://www.wunderground.com/global/stations/68816.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/tb.php/791-ebd3114c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。