スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年2月南アフリカ・ワイナリー訪問ツアー見どころ(10):ラカ① 

前回の続き。

4日目:午前。ラカ

ラカ建物

 4日目はラカを訪問。ラカはこれまでのツアーでは初めて訪問する。ラカは、今や南アフリカワインの産地の中でも最も注目されている「ウォーカーベイ」の近くにある。このエリアは海に近く、大変涼しい気候によって多くの優秀なワインを産出してきた。オーナーのピーターは、水産業から転身。下の写真のバイクであちこちを走り回り、この地を選んだ。彼が選んだ場所は間違いなかった。ラカは2002年が初ヴィンテージだが、デビューから次々とあちこちのワイン評価大会でメダルをかっさらっていった。そして更に「南アフリカで最近最も伸びているワイナリー・ベスト5」にも選ばれた。

ラカ・オーナー

 初めてラカのデビュー作である「ラカ・ビオグラフィ・シラーズ2002」を飲んだ時、「すごいシラーズを発見した!」とワクワクした。当時既に弊社では人気商品になっていた「ブラハム・シラーズ」に対抗できるようなシラーズを探していた時だったので、「コレだ!」と決めた。お陰様でラカも弊社の人気商品に成長した。

ラカ・シラーズ

 ラカはシラーズをはじめ、赤ワインが中心のワイナリーだ。他にメルロやピノタージュ、ケープブレンド(ピノタージュを中心とした赤のブレンド)やボルドーブレンドなども数多くのメダルを受賞している。ツアー参加者の皆さんにもこれらのワインも飲んでもらおう。ラカはまだ若いワイナリーにも関わらず、こうして数々のメダルを獲得したのは快挙と言って良い。このままブドウの樹齢が重なっていけば更にパワーアップすること間違いないだろう。将来が益々楽しみなワイナリーだ。

次に続く。

■南アフリカ・ワイナリー訪問ツアーの概要(2009年2月7-14日)
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-762.html
■ツアーのお問合せ&お申込み
JTB西日本 海外旅行西日本支店 電話:06-6261-7661  
担当:小阪・大隈 営業時間:平日9:30-17:30(土日祝含まず)
■なぜ南アフリカワインが特別なのか?(南アフリカワイン協会製作:英語版)
http://www.wosa.co.za/flash/webcopy/index.html
■南アフリカ観光局
http://www.southafrica.net/index.cfm?CountryProfileID=8
■南アフリカの歴史
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-category-25.html
■ケープ半島の写真
http://www.tropicalisland.de/travel_south_africa_cape_town_peninsula.html
■南アフリカ・ランド(通貨)レート
http://www.x-rates.com/d/JPY/ZAR/graph120.html
■ケープタウンの天気
http://www.wunderground.com/global/stations/68816.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。