スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワイン誕生350周年の記事 

GWもついに最後になりましたね。皆さん楽しみましたでしょうか?

今年2009年は南アフリカワイン誕生から350周年。
正式には、1659年2月2日に初めての南アフリカワインが誕生しました。

現在、生産量では世界第9位。量を作れば良いというものではありませんが、これからも少量でも品質の高い商品を生産し続けてほしいですね。

南アフリカワインの輸出は、1995年-2007年で335%の成長(出典:南アフリカワイン協会ホームページ。http://www.wosa.co.za/sa/overview_growth.php)をしました。まだまだ伸びそうな南アフリカワイン。これからも注目していきたいです。

以下は、AFP・BBNews(http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2569866/3746872)からの転載記事です(記事には写真もあります)。

+++++

【2月11日 AFP】南アフリカ・ケープ地方で初めてワインが醸造されてから350年。いわゆる旧世界と新世界のワイン醸造技術が融合された南アフリカワインは、伝統を保ちながらも開拓者精神を失わず、国際市場における評価も高まりつつある。

 同国はアパルトヘイト(人種隔離政策)による経済制裁によって長らく世界市場から切り離されてきたが、アパルトヘイト撤廃に続く15年間の民主主義のもとで同国のワインが世界に知られるとともに高い品質を追求する新しい動きが始まり、ワイン産業は発展を続けてきた。

 ブドウの苗がケープタウン(Cape Town)に初めて植えられたのは、1655年のこと。オランダ東インド会社の中継基地としてケープ植民地を創設したオランダの司令官、ヤン・ファン・リーベック(Jan van Riebeek)の1659年2月2日の日記には次のようにある。「神をたたえよ!今日、ケープのブドウが初めて搾られた」

■南アフリカワインに注目するフランスの生産者たち

 ケープタウン郊外のシグナル・ヒル(Signal Hill)に、「Vive la Difference(違いに万歳)」のスローガンが入ったフランス国旗が翻っている。フランスのワイン醸造家ジャン=ヴァンサン・リドン(Jean-Vincent Ridon)さんは、新生南アフリカの可能性を信じてこの地にやってきた。

 この農園では、1800年代に世界中のブドウ園に大打撃を与えた害虫、フィロキセラに耐性がある台木への接木を行わない。ブドウの収穫と選別は手で行い、ブドウは足で踏んで搾られる。この小さなブドウ園は350年前と同じような方法でブドウを栽培し、成功を収めている。ここで醸造された「クロ・ドランジュ・シラー2006(Clos d'Oranje Syrah 2006)」は地元ワインガイドで5つ星を獲得。「エッセンシア2002フルミント(Eszencia 2002 Furmint)」と「ソーヴィニョンブラン(Sauvignon Blanc)」のブレンドは、米国で南アフリカワイン史上最高の格付けをされた。

 リドンさんによると、この国のワイン業界の歴史と実績に注目する多くのフランスの投資家が、ケープタウンに流入しつつあるという。

■経済危機の影響もなし

 ケープタウンに隣接したコンスタンシア(Constantia)地区には、南アフリカ最古のブドウ園がひしめき合う。ここでは、南アフリカワインの代表格、甘口のコンスタンシアワインが生産されている。このワインは、セントヘレナ島で流刑生活を送るナポレオン(Napoleon)が欲しがった、またはフランス国王ルイ・フィリップ(Louis Philippe)が買い占めたとも伝えられている。

 1685年設立のワイナリー「グルート・コンスタンシア(Groot Constantia)」のベニー・ハワード(Bennie Howard)さんは、「南アフリカのワイン産業は、1周して元の地点に戻った、と言っていい。1700年代当時の国際的な人気が復活しつつある」と話した。

 実際、世界的な経済危機でワイン貿易が衰退する中、ワイン生産量世界第9位の南アフリカは2008年、過去最高の4億リットルを輸出した。数々の国際的な賞も総なめにしている。(c)

+++++

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。