スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【参考】マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ(ダイヤモンドオンライン) 

最近は、これまでに経験したことがないくらい物が売れない、お金を使わない時代になっています。かなり深刻です。

本当にどうしたら良いのか?

解決策が見当たらない?

そんな気がします。

でも、 「売れない=(品質・価格・サービスにおいて)消費者が欲しい商品じゃない」ということを販売者は真摯に受け止めなければなりません。

売れないということは、お客さんを満足させていないんですね。

「売りたいなら、なぜ売りたいのか?その理由をはっきり消費者に伝えなければならない。」

消費者だって、その理由がハッキリすれば、買ってくれる人も現れよう。

「売る前に伝える仕事」を販売者はもっとしなければならない。本当にその商品に惚れこんでいるなら、消費者に一生懸命伝えよう。それほど惚れこんでいない商品なら仕入れるのは止めよう。

もう一度原点に帰って、「惚れこんで消費者に伝えたい(売りたい)商品」、「そうでもないけど何となく買った商品」を見極め、棚卸(たなおろし)をしてみよう。

下記はネットで見つけたので紹介しておきます。ご参考に。

最近は、「社会貢献」できる商品を買いたいという消費者が増えているという「消費行動の変化」に関する記事です。販売者は消費者の心理・行動に敏感でなければなりません。消費者も「普通の商品じゃ満足しない。」「どうせなら社会に役立つ物にお金を払おう」という時代に入ってきているようです。

「マーケティングの常識が変わった!? モノが売れない時代に『社会貢献』が売れるワケ」
(ダイヤモンドオンライン)

http://diamond.jp/series/social_consumer/10001/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。