スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマニ・カベルネフラン&メルロ2007 

本当に美味しいと思ったワインはこれだった
アマニ・カベルネフラン&メルロ 2007
Amani Cabernet Franc & Merlot


アマニカベルネフラン&メルロ

私が初めてアマニを訪問したのは2006年。この時弊社には、本当に心の底から美味しいと思えるメルロはまだ揃っていなかった。私は当社のフラグシップと言えるようなメルロを探していた。その時に紹介されたのが、アマニというワイナリー。

順番にテイスティングさせてもらったが、「おっ~~!」と初めに反応したのが、このカベルネフラン&メルロだった。実は、今では弊社のトップ・メルロとなっているアマニ・メルロは、この時の試飲では2番目の評価をしていた。

結論的には、「アマニ=メルロ」のワイナリーなんだと位置付けた。更にワインメーカー(醸造家)を紹介されたのが、カルメンだった。彼女のテイスティングプレートでのプレゼンテーションには感動した。おまけに彼女はチャーミングでセンスたっぷりの魅力的な女性だった。話を聞くと南アフリカ史上初の黒人女性ワイン醸造家に選ばれ、これまでも数々のメダル受賞ワインを作ってきた実績もあった。「アマニ=平和な場所」を意味するというワイナリーの名前は、アパルトヘイトが終わり、ようやくこの地に平和がやってきたという意味で、1995年に設立された時にスワヒリ語の平和を意味する「アマニ」と名付けられたそうだ。そして、アメリカからやってきたオーナーは、「アフリカの発展の為に」と熱く語る素晴らしいオーナーだった。

ワインも素晴らしかったが、作り手やオーナー、そしてスタイリッシュなアフリカンなデザインがカッコ良かった。これだけの魅力的な要素が揃っているアマニは即採用した。しかし、日本では誰も知らない「アマニ」というワイナリーを1から紹介するのに(それだけでも大変なのに)、「カベルネフラン&メルロ」という、また更に説明を要するようなブレンドより、「分かりやすい単一品種のメルロ」からの方が簡単ではないか?」、「このアイテムはアマニのファン、メルロの認知が出来てからで良いのではないか?」と思い、またいつか紹介しようという想いを心の中にしまっていた。

その後、アマニ・カベルネフラン&メルロ2006は、2008年にデキャンター・ワールドワイン・アワードのボルドースタイルのブレンド部門で金賞&インターナショナル・トロフィ(世界一)に輝いた。
2006年以降、アマニのファンも随分増え、ようやくこのアイテムを紹介出来ることを嬉しく思います。

■生産者:アマニ・ヴィンヤーズ/Amani Vineyards。 ■生産地:南アフリカ/ステレンボッシュ地区 ■ケース荷姿:750mlx6 ■タイプ:赤・フルボディ(スポット限定品) ■品種:カベルネフラン36.5%、メルロ36.5%、マルベック12%、プチベルド12%、カベルネソーヴィニョン6%。 ■樹齢:7-11年。 ■収穫量:6-8トン/ha ■JAN:
■製造:それぞれの品種ごとに発酵&樽熟成12か月。ブレンドして更に4か月樽熟成。合計16か月フレンチオークで熟成。新樽使用35%。
■味:シナモン、オレンジの皮、チョコレートやブラックベリーなどの香り。優しい渋みに、シルクのような繊細で滑らかな味わい。フレッシュな酸味、熟したチェリーやブラックベリーのような味わい、オークの風味がバランス良く調和した素晴らしいワインに仕上がっている。
■受賞:評価:2009年デキャンター・ワールドワイン・アワーズ金賞。2006年物は2008年に同賞のボルドースタイルのブレンドで金賞&インターナショナル・トロフィ(世界一)に輝いた。スポット限定品。

■税別参考小売価格:3500円

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。