スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界10カ国のスパークリングワインを飲みほす会」@Bitteビッテ(東京都千代田区):10月3日(土) 

あっという間にシルバーウィークも終わろうとしています。
皆さん、楽しまれたでしょうか。
休みが増えることは良いですね。
気候的にも気持ちの良い季節になってきましたし、ご飯もお酒も一段と美味しくなりますね。
仕事的には一番忙しい時期ですが、個人的には「涼しくて何でも美味しい季節」ということで、秋が一番好きですね。

さて、葡萄屋さん(神奈川県横浜市)は、いつもリーズナブルでお得なワイン会を開催されています。いつも予約で満席だそうです。次回は「世界10カ国のスパークリングワインを飲みほす会」を企画されています。お時間ございます方は是非どうぞ。

以下、葡萄屋さんのHPから転載・一部編集させて頂きました。
http://www.budouya.jp/

---以下引用---

10月3日(土)に、永田町のヨーロピアンダイニング「Bitte」で、好評だった「世界のソーヴィニヨンブランの会」に引き続きまして、
「世界10カ国のスパークリングワインを飲みほす会」を開催します!!

スパークリングワインの一大ブランドといえばフランスのシャンパーニュですが、
シャンパーニュは、厳選されたブドウと、瓶内二次発酵という技術によって、最高の泡と味わいを実現しています。

そのシャンパーニュに負けないスパークリングワインを作れ、と
世界中の至る国や地域で、シャンパーニュ方式や白ブドウだけを使った、
ブラン・ド・ブランと呼ばれるスパークワインが造り出されています。

今回は「世界のワイン 葡萄屋」が世界中の注目の
スパークリングワインを集めた試飲会を企画いたしました。

今回は以下の国のスパークリングワインの試飲を予定します。(10ヶ国のうちの一部)

・スペイン産 カバ・デル・プリンシペ・ドライ
※溌剌とした泡と酸が最高。葡萄屋で一番人気のカバ!

・インド産 シャトー・インディージ マークイズ・ポンパドール
※「インドのシャンパーニュ」と呼ばれるスパークリングワイン

・ハンガリー産 トーレイ・ガラ・セック
※国際的な辛口志向に合わせて開発されたシャルマン方式のディナー向けスパークリングワイン

・南アフリカ産 クローヌ・ボレアリス・ブリュット
※酸化防止剤アレルギーの妻のために作った酸化防止剤無添加のスパークリングワイン

・オーストリア産 シゲティ・トラミニ・エクストラ・ドライ
※ゲヴェルツトラミネール種100%で、瓶内二次発酵の方式で作ったスパークワイン

・チリ産 コノスル・スパークリングワイン・ブリュット
※コノスルのチーフワインメーカー“アドルフォ・フルタード”が手がけた待望のスパークワイン

・チュニジア産 ケー・ド・クルビス
※北アフリカ初の本格スパークリングワイン。シャンパーニュ方式でできたブラン・ド・ブラン

・イスラエル産 ガムラ・ブリュット
※世界各地でトロフィー、金賞連発の凄腕生産者が送る極上スパークリングワイン

日時:2009年10月3日(土)
時間:14:30~17時まで
場所:東京・永田町にあるヨーロピアンダイニング「Bitte」(ビッテ)
住所:東京都千代田区永田町2-9-6十全ビル1F
TEL:03-3597-4258
http://www.bittebitte.jp/index.html
参加費:お一人様3,500円

※30名様の予約制です。

ご参加には事前予約が必要になりますので、ご参加をご希望の方は、お名前とお申込の人数を記名のうえ、info@budouya.jpからお申し込みください。

---以上---

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。