スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカの映画「インビクタス/負けざる者たち」:2月5日公開 

来月2月5日に公開される南アフリカの映画の案内です。

今年は、サッカーが注目されていますが、この話は南アフリカのラグビー・ナショナルチーム「スプリングボックス」とマンデラの話です。

南アフリカの人気スポーツは、ラグビー、クリケット、サッカーです。
一般的に、白人はラグビーとクリケットが好きで、黒人はサッカーが好きな国民です。
かつて、アパルトヘイト(人種隔離政策)があった頃の南アフリカの黒人は、南アフリカのラグビーチーム(=白人)を応援するのではなく、相手チームを応援するという奇妙な光景がありました。それほど人種の対立があったのです。

南アフリカ国民にとって、ワールドカップやオリンピックなどの様々な国際試合は、「単なるスポーツ」ではなく、「国民を一つにするイベント」として、大変重要です。かつては、人種ごとに分かれていた国なので、「人種の壁を越えて、全国民が心を一つにして自国のチームを応援すること」自体が、他のどの国よりも意義があるのです。

今年2010年は南アフリカでサッカーのワールドカップが開かれますが、実は、1995年には、ラグビー・ワールドカップが民主国家になった(1994年)南アフリカで開催されました。当時のマンデラ大統領は、「国民を一つにするた為、是非ともラグビー・南アフリカ代表チームに優勝すること」をお願いしました。大会前の前評判では、「優勝など無理」と言われていた南アフリカが見事優勝し、マンデラの「国民を一つにする」狙いが実現したという本当のお話です。
マンデラも凄いし、見事優勝したスプリングボックも凄いですね。ちなみに南アフリカは、前回2007年大会でも優勝した強いチームです。

是非皆さんにも観てもらいたいです。

以下は、南アフリカ観光局のサイトからの抜粋です。


「インビクタス/負けざる者たち」

1995年、民主化されて間もない南アフリカで第3回ラグビー・ワールドカップが開催された。そして優勝トロフィーを手にしたのはホスト国である南アフリカ代表チームのスプリングボックス。このことは南アフリカが歴史的転換を遂げる上で大きな出来事となった。ネルソン・マンデラ大統領は多種多様な民族で構成される南アフリカを「レインボー・ネイション(虹の国)」としてひとつにまとめあげることを願い、長らく国際試合から追放され南アフリカの恥とまで叩かれたスプリングボックスの強化に力を注いだ。

スプリングボックスの主将だったフランソワ・ピナールはマンデラ大統領に招かれ、「ワールドカップ優勝」という暗黙のメッセージを悟った。大統領は祖国の団結を願い、ピナールは優勝を目指して「ひとつのチーム、ひとつの祖国」のスローガンの下、全土でキャンペーンを展開。アパルトヘイトの象徴とされ白人が愛好したラグビーを通じて国民の融和を図ろうと考えたのだった。

ネルソン・マンデラ氏は「スポーツには世界を変える力がある。人々にインスピレーションを与え、団結させる力がある。ほかの何かには、まずできない方法で」と述べており、自らの願いを実現するためにスプリングボックスとラグビー・ワールドカップを利用するという独創的な手法を取った。そしてニュージーランド代表オールブラックスとの決勝戦に進出したスプリングボックスは、人種を問わずに送られた国民からの声援に後押しされて延長の末に見事優勝。南アフリカをひとつに団結させるという大きな役割を果たした。
 
ネルソン・マンデラ氏の類いまれなリーダーシップと崇高な精神、人と人との絆を描かれた作品「インビクタス 負けざる者たち」。ネルソン・マンデラ大統領を演じたモーガン・フリーマンとフランソワ・ピナール主将役のマット・デイモンは、1月17日に発表される第67回ゴールデングローブ賞の最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞の候補としてそれぞれノミネートされており、このことからも作品への高い評価のほどが伺える。
 
2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会™の開催を前に公開となる「インビクタス 負けざる者たち」は、知られざる事実の物語、南アフリカの歴史的背景、ネルソン・マンデラ氏の卓越した人間性などを知るうえでも非常に意義ある作品。そしてアフリカ大陸初開催となる記念すべきワールドカップ大会ではサッカーの南アフリカ代表チーム、バファーナ・バファーナに対してスプリングボックスと同様の活躍と感動の“メークドラマ”の再演にも期待が高まる。

2010年2月5日公開となるワーナー・ブラザーズ映画提供「インビクタス 負けざる者たち」に関する詳細は
www.invictus.jp へ。

以上。

■関連記事:
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-562.html
http://miyakesouthafrica.blog18.fc2.com/blog-entry-544.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。